photo-1491439833076-514a03b24a15

  • スマホ
  • SNS
  • インターネット
これらの利用が
当たり前となってきた現代。

利便性および効率性の向上が
期待できる代わりに、
あるものを複数用意しておくべき
ものが顕在化してきています。

それは、
  • 複数のネットワーク環境
です。

というのも、
今月にこの2つの出来事が
起きているのをご存知でしょうか?


光回線や
ドコモを始めとする大手キャリアでは
昔ならほぼないと言われた通信障害が
今月だけで立て続けに起きているのです。

「電波は水物」という
言葉があるように、
これらのもので
通信障害が
絶対に起きないことは
断言できません。

がしかし、
  • ネットワークがある前提提供されているサービスの増加
や、
  • 5Gサービス
  • Wi-Fi6
  • リモートワーク
  • オンライン授業
これらのものが普及しようか
いうこの状況下での
通信障害は、
とても大きな痛手となります。

ですが、
複数のネットワーク環境さえあれば、
通信障害が起きたとしても、
通信障害が起きていない
通信網を使うことで対応はできます。

例を挙げるなら以下の通り。
  • 光回線が通信障害→携帯の5Gで対応
  • ドコモが通信障害→auで対応
  • 携帯キャリアで通信障害→モバイルWi-Fiルーター(WiMAX2+)で対応
絶対にリスクが大きいのが、
  • 固定回線を用意せず、1つの携帯キャリアの通信だけでやり過ごす
ことです。

過去や現在に困ったことがなくても、
いずれくるかも知れないトラブルに
対応できるよう、
今のうちに情報収集や回線整理などを
行っておくことをおすすめします。

<おすすめ>


<お知らせ>
Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから

友だち追加してください。