coffee-3080833_1280

Twitterは発信をしやすい反面、
つい傍観者にもなりやすい
諸刃な剣的なSNSだと思います。

今回はそんなTwitterで発信に徹することができる
方法をご紹介したいと思います。

▼必要なデバイス▼
  • スマホ(iOS/Android問わず)
  • PC(Mac/Windows問わず)
▼必要なサービス・アプリ▼
  • TweetDeck
  • Hootsuite
  • IFTTT
  • LINE
▼発信に徹する方法▼
☆PC→TweetDeckを使用する☆

TweetDeckに関しては事前にコラムを
以下のようにカスタマイズしておく。

スクリーンショット (16)

こうすることで、
タイムラインという発信において
ノイズとなるものを視界から排除できるため
発信に徹することが可能。

このカスタマイズだと、
リプ・リツイート・ふぁぼ・フォローといった
自分への通知も最低限確認できる。

☆スマホ→Hootsuite&IFTTTを使用する☆

ツイートはHootsuite一択で行う。
詳しくはこちらの過去記事を参照。

自分への通知の確認は、
IFTTTを利用しLINEにて行う。


FullSizeRender
FullSizeRender

※上記のように自分が使いやすいよう
カスタマイズしたレシピを作成する。


IMG_3719

このレシピを作成の上、
アクティブにしておけば自分宛てのリプライを
LINE上で確認できる。

又、カスタマイズ次第では
  • 自分がフォローされた際に通知
  • 特定ユーザーがつぶやくたびにツイート内容を通知
なども可能。

LINEを利用すれば
Apple Watchでも確認可能で、
確認したところでタイムラインは見れない仕様なので
必然と発信する姿勢が崩れることはない。
これらの方法はすべて無料でできます。
あとはやるかやらないかの問題です。

私のように、
Twitterで発信に徹したいと思っている方は
ぜひ参考にしてみてください。

<おすすめガジェット>