arm-wrestling-567950_1280










これらは昨夜から今夜にかけての
他愛もないTwitterでのやりとり。

そしてこのやりとりの
話題になったものがこちら。

FullSizeRender

昨今コンビニで販売されており、
バスクチーズケーキ、
通称バスチーと呼ばれるスイーツです。

※左がセブンイレブン版、右がローソン版。

このバスチーを今回食して
学べたことが一つあります。

それは、
「より高みを目指すためには
必ずライバルや競合相手といった
比較となる対象が必要だ」
ということ。

このバスチーで言うと、
もともとローソン版が
今年の3月に発売されていました。

おいしいことはもちろんのこと、
今までバスチーという言葉が
広く認知されていないこともあってか
競合相手がいないまま
「人気商品」としての名を
独占してきました。

が、今月に
セブンイレブン版が発売されたことで
初の競合相手ができたのです。

そして、この競合相手によって
今までの商品の弱点が
浮き彫りとなりました。

例えば、
今回のセブンイレブン版バスチーで言うと、
ローソン版バスチーに比べて、
  • 見た目が綺麗(ローソン版はほとんどが中身が
    パッケージにこびり付いており、
    お世辞にも見た目が綺麗とは言えない)
  • 万人受けしやすいしっとりとした食感
  • ほど良い甘さで、ローソン版のような苦味がない
などといったメリットがあります。

※あくまで個人的主観。
人によって感じ方は異なります。

これらのメリットは、
先行して発売していた
ローソン版バスチーがあったからこそ
見出すことができるメリットです。

つまり比べるべき対象の存在が、
直感やアイデアといった
クリエイティビティ能力を
向上させてくれた結果、
新たに生み出す商品の価値を
高めてくれたわけです。


この
「より高みを目指すためには
必ずライバルや競合相手といった
比較となる対象が必要だ」
という考えは私たちが生きていく中で
今まで以上の自分に成長するために
必要なものとなります。

ですが、
比較する対象は何でもいいのです。
  • 同じぐらいの実力のライバル
  • 同じ境遇の人
  • 過去の自分
過度なプレッシャーを感じない程度の
ちょうどいい「比較」を利用して
より高みを目指していこう。

そう思いながらバスチーを頬張ってた、
そんなチートデーでした。

<おすすめ書籍>

直観力
メンタリスト DaiGo
星雲社
2017-03-20