IMG_4546

最近のコンビニやスーパーには、
「高たんぱく」や「低脂質」といった
謳い文句の食べ物や
ドリンクが増えてきました。

体を鍛えている人や
体のコンディションに力を入れている人に
とってすごくいい時代になりました。
ですが、
それと同時にある疑問が生まれました。

それは、
「これらの商品は体に害はないのか?」

FullSizeRender
FullSizeRender

たとえば、
「高たんぱく」を謳っている商品には
カタカナ表記の原料が多く含まれています。

食の保健室でお馴染み、
管理栄養士の飯田さんが
提示されている基準だと
「体に有害」とも受け取れます。
同じように、
高タンパク質商品や加工肉に
疑問を抱いている人も
弟子の中にいる模様。

その疑問について、
飯田さんが回答してくれています。

〜以下Twitter上でのやりとり〜

要約すると
  • 食べ物を選ぶ際は、分布図の左8割、右2割を意識する
  • 原材料名は含有量が多い順に記載されているため、何が1番多く含まれているかに注視する
  • 自分の健康意識と実現性に応じて食品を選ぼう

今回の件で思ったのが、
やはり専門性に特化した人って魅力的で、
そういった人と繋がりがあるって
すごく自信になるんだなぁと。

私も自分の強みにより磨きをかけ、
みなさんの助けになる
専門家になりたいものです。

<おすすめ書籍>










<おすすめ記事>
【個人的メモ】エッセンシャリストが多大な影響を受けている弟子アカウント一覧