The Essentialism

ガジェットや心理学を駆使し、 人生を「より少なく、しかしより良く」 するためのノウハウを発信中。

ガジェットや心理学を駆使し、 人生を「より少なく、しかしより良く」 するためのノウハウを発信中。

2020年04月

thumb_suica_credit


ついにこの時がやってきました。

今までスマートウォッチにおいて、
AppleWatchしか対応していなった
  • 交通系電子マネー「Suica」
があのスマートウォッチにも
対応するという朗報が入ってきました。

そのスマートウォッチがこちら。

GPS機器で有名なGarminです。

Garminは元々、
Garmin Payと呼ばれる
独自の非接触決済ソリューションを
採用していました。

しかし、
以前までは以下の通り
ごく少数の主要銀行のカードしか
対応していませんでした。

2020年4月20日 152600 JST


それが今回
Suicaに対応したことで、
一気に利用頻度やニーズが
増加することが期待できます。

というのも、
コロナによる
  • マスクの使用頻度の増加
  • これに伴う顔認証への不満傾向増加
などから、
顔認証(FaceID)を採用している
iPhoneユーザーの人からすると、
顔認証をスキップでき、
腕をかざすだけで電車に乗れたり
買い物ができることだけでも
大きな恩恵を受けられます。

本体価格自体は
正直AppleWatchの方が
安い場合がほとんどですが、
  • iOS/Android両対応
  • 主要となるヘルスケア項目をほぼ網羅
  • AppleWatchより電池持ちがいい
などを考慮した場合、
  • Androidユーザーでスマートウォッチを購入予定の人
  • 健康管理を始めたい人
  • 電池持ちを重要視している人
いずれかに該当するのであれば、
Garminの方が適している可能性があります。

まだスマホやカードで
Suicaを使っている人も、
そろそろスマートウォッチでの
Suicaデビューを
考えてみて下さい。

※Suicaに対応するモデルは
   一部に限られます。
   詳しくはこちらをご確認下さい

<おすすめ>



<お知らせ>
Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから

友だち追加してください。 




img_7b3f936686176b8439982f50fb9f7ab861295



はじめに

前回予告していた通り、
今回は新しく発表された
第2世代iPhone SEを選ぶ指標となる
ベネフィットをガジェヲタである
私の目線で説明していきたい
と思います。

①コンパクトスマホでは最強のスペック 

今回発表された
第2世代iPhone SEは、
わかりやすく言うと
iPhone8の筐体でありながら、
中身はiPhone11シリーズと
ほぼ同等と言えるスペック
なっています。

このことを踏まえると、
現状市場に出回っている
コンパクトスマホ(4インチ級)の中では
最強クラスだと位置付けしても
間違いありません。

さらに一番の注目点は、
メモリ(RAM)の容量が3GBだという点。


前のモデルである
  • 第1世代iPhone SE 
  • iPhone8
などは2GBだったこともあり、
  • 高負荷なアプリを使用
  • マルチタスク操作(複数のアプリを縦断)
などをしてしまうと、
アプリが落ちたり固まったりする
傾向がありました。

それがメモリが増えることで、
これらの症状が起こる頻度の減少が
期待できるのです。

このメモリ容量の増加だけでも、
iPhone8ユーザーの方は
買い替える価値があります。

②未来を見据えた機能の追加・継続 

4年前に登場した
第1世代iPhone SEと比べると
今回のiPhone SEは
未来を見据えた機能が
追加・継続されています。

具体的には、
などが挙げられます。

特に
  • 指紋認証が継続
なのは大きく、
コロナの影響でマスクの使用率が
世界的に向上している点を考慮すると、
指紋認証の継続は正しい判断だと言えます。

③コスパが非常にいい

①に付随しますが、
スペックに対して本体価格が
iPhone11シリーズよりも
安く設定されているも魅力の1つ。

昨年末より
携帯キャリアでの値引き額も
制限されていることから、
高スペックに位置付けできるスマホを
安価な価格で購入できるのは、
  • いつもSIMフリー版を購入する方
  • いつも携帯キャリア版を購入する方
双方にとって喜ばしいことです。

第2世代iPhone SEはこんな人におすすめ! 

今回のモデルは、
総合的に判断した場合、
以下のいずれかに
該当する人に適したものだと言えます。

  • コンパクトさを追い求める人
  • 片手操作(電話含む)がメインの人
  • パケット通信料を節約したい人
  • 5Gに興味がない人
  • iPhone8の使用歴が2年以上の人
ちなみに本日の夕方に、
大手3大キャリアからの発売が
延期するアナウンスがなされました。

SIMフリー版の延期は
現時点で未定ですが、
手に入るまでに
時間がかかることには変わりありません。

それまでの間に、
気になっている人は
自分にとって適した機種か否かを
分析することをおすすめします。

<おすすめ>


<お知らせ>
Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから

友だち追加してください。 




続きを読む

photo-1519379295211-2e7d6b6749ba

そういえば、
数日前から開始している
LINE Payのこのキャンペーンを
皆さんはご存じでしょうか?

店舗や割引金額には
制限がありますが、
うまく活用すれば
小さな幸せを掴むことができます。

Screenshot_20200418-215248_Chrome


例えば、
ローソンやファミマで売られている
自社ブランドのドリンク。

FullSizeRender

これらは大体が税込み100円なので、
クーポンを活用することで、
タダで手に入れることが可です。

IMG_6797

自分が一息つく用に
買うのもありですが、
仕事でお世話になっている
上司や同僚の方に
プレゼントするのもありだと思います。

もちろん、
ドリンクでなくてもチョコレートなどの
安価なお菓子を選択するのもいいでしょう。

この場合は、
グループBの対象店舗に入っている
スーパーを選ぶことで、
より少ない出費でより多くのお菓子を
手に入れることもできます。

このキャンペーンは
4/30までの期間限定で開催されています。

気になる方はこちらから
注意事項などの詳細を一読した上で、
ぜひ活用してみて下さい。

<おすすめ>
<お知らせ>
Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから

友だち追加してください。 




FullSizeRender

皆さんは昨日の師匠の
YouTube Liveをご覧になりましたか?


実は私はこの配信の中で、
人生で初のスーパーチャットを
投げただけでなく、
師匠に2つの質問をしてみました。

私が師匠のニコ生を知ったのが
ちょうど5年前ぐらい前。


この配信の中で、
  • 「エッセンシャル思考」を読んだことはありますか?
  • 月の書籍代はいくらですか?
と質問したのを今でも覚えています。

ニコ生会員になって、
あれから5年が経過した
今だからこそ、
質問したいと思えること
2つだけありました。

この2つの質問というのは、
ずっと自分の中で答えが
見つからなかったものでもあったので、
今回の配信をきっかけとし、
師匠に質問してみましたというわけです。

質問してみた感想はこちら。
きちんと質問内容を理解された上で、
師匠が持ち得る数多くの知識の中から
最適な回答をしてもらえた
印象を強く抱くことができました。

このおかげで、
見つからなかった答えが
見つかりました。

あとはどう行動するか?
これだけです。

師匠に直々に回答してもらえたという
モチベーションが高いうちに、
具体的なアクションプランを
組み立てていきます。

<おすすめ>

↓帯に師匠が載っている我がバイブル↓




<お知らせ>
Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから

友だち追加してください。 


img_7b3f936686176b8439982f50fb9f7ab861295

そういえば、
昨夜Appleからしれーっと
iPhoneSE(第2世代)
が発表
されましたね。


私はこのことを、
PATEさんのツイートで知りました。

そのことを知った直後、
私はこう思いました。


この「iPhoneSE(第2世代)」については、
約3年前から様々な噂が囁かれており、
この噂に過度な期待を寄せる
盲目な信者なる人たちがいました。


この信者なる人達は、
  • 4インチサイズの筐体を維持
  • ベゼルレス&FaceID
  • イヤホンジャックを維持
といった期待を持ちすぎていました。

しかし、
初代SEが登場した
4年前と現代では
大きく市場が異なっています。

例を出すならこの4年間の間に、
以下の3つの変化が市場で起きている
のです。
  • スマホでの動画の
    視聴時間が増加および
    配信やビデオチャットを
    利用する人が増加
    →スマホの大画面化
     ニーズ↑

  • 液晶から有機ELへの移行
    →ディスプレイの
     高画質化ニーズ↑

  • 各メーカーが
    イヤホンジャックを廃止、
    ワイヤレスへの移行を促進
    →本体の筐体をより
     薄くするため
これらの変化を鑑みた場合、
信者の人たちが抱いている

時代と逆向するデバイスを
Appleが出すとは
到底考えられません。


だからといって、
盲目な信者の人たちが
叩いているように
この「iPhoneSE(第2世代)」は
駄作というわけではありません。

むしろ、
未来を見据えた拡充が
なされているので、
今持っているデバイスや環境によっては
この「iPhoneSE(第2世代)」は
買いだと思います。

近日中に、
この「iPhoneSE(第2世代)」の
「買い」だと思えるポイントについて
解説したいと思いますので乞うご期待。

<おすすめ>



<お知らせ>
Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから
友だち追加してください。 



IMG_6763

今まで数多くのイヤホンを
購入&使用してきた私ですが、
この度手持ちのイヤホンを
絞りたいと思います。

現時点で所有することを
決めたイヤホンはこの3つ。

IMG_6764
Apple AirPods Pro
Galaxy Buds+
SOUL ST-XS2 
そう、全て
  • フルワイヤレスイヤホン
のみにしたいと思います。

ではなぜフルワイヤレスイヤホンかつ
この3つなのか?

その理由は、
  1. 遮音性高い(ノイズキャンセリングorコンプライのイヤーチップ対応)
  2. 防水or防滴対応
  3. 音声アシスタント起動対応
  4. 外音取り込み機能対応
  5. 充電ケース(TypeC or Qi充電対応)
  6. Bluetooth Ver.5.0対応
この6つの条件を
全て満たしているから。

これらの条件を満たしていれば、
しばらくは機能の陳腐化を
避けることができると思っています。

ということで、
この条件を満たさない
機能の陳腐化してしまった
以下のワイヤレスイヤホンは
全て処分します。

IMG_6762

ちなみに
今後も所有するイヤホンは、
Apple AirPods Pro→屋外用
Galaxy Buds+→屋内用
SOUL ST-XS2 →運動/バスルーム用
といった用途で
使い分けたいと思います。

<おすすめ>

Apple AirPods Pro
Apple(アップル)
2019-10-30









<お知らせ>
Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから

友だち追加してください。 




5005

iPhoneをお使いの皆さん。
昨日に配信された、
LINEのアップデートは
もうお済みでしょうか?

IMG_6738

バージョンが「10.5.0」になっていれば、
既にアップデートは完了しています。

逆にまだアップデートしていない方は、
アップデート前にこれから紹介する
2つの大きな変更点を確認した上での
アップデートを推奨します。

2つの大きな変更点とは、
以下の2つを指します。

①LINEへのログインや
アカウント引き継ぎがAppleIDのみで可能になる
20200414_175236

手間だけでなく、
管理するべき情報が少なくなることは
万人にとって喜ばしいことです。

②Facebookログインによる
新規アカウント作成ができなくなる。
20200414_175650

これは以前記事にした内容です。
詳しくは以下をご参照下さい。

今までの機能追加を踏まえると、
Android版よりもiOS版の方が
一歩リードといったところでしょうか。

Android版の機能追加が楽しみです。

<おすすめ>

<お知らせ>
Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから

友だち追加してください。 

images

今朝、
モーニングルーティン通りに
audiobook.jp」のアプリを
起動すると、
こんな表示を発見しました。

IMG_6724
このバーをタップすることで、
詳しい説明がなされている
note記事が閲覧できるようになっています。

ざっくり要約すると、
以前このブログでも紹介していた、

が解消された

ということを意味しています。

表面上は朗報として捉えられますが、
翌々確認してみると

「個人的には使わない」

と思ってしまう内容でした。

なぜそう思ったのか?

理由は次の2点の問題を抱えているからです。
  • 思った以上に手間が削減されていない
  • 価格が高い
今回のiOS版に新たに実装された
アプリ内課金機能を利用するには
事前にコインを購入しておく必要があります。

IMG_6728
IMG_6725

コインの購入は
  • 「その他」にある「コインを購入」
  • コンテンツページにある「購入」
いずれかで可能となっており、
IMG_6729

上記いずれかをタップすると、
選択肢がいくつか表示されるのですが…。

正直この時点で、
通常のブラウザページで
購入するよりも
手間が増えているので、
  • 便利になった!
とは自信を持っていえるものではありません。

さらに、
一番納得できなかったのが
このコイン価格。

上記料金表から分かる通り、
現時点で1コイン=2円という
価格設定がなされています。

これを踏まえた上で、
  • Android版アプリ/ブラウザ
  • iOS版アプリ
両方で価格比較をしてみると…

  • Android版アプリ/ブラウザ→1,751円
IMG_6726

  • iOS版アプリ→1310×2=2,620円
IMG_6727
明らかにiOS版アプリの方が
購入価格が割高であり、
損をするかが一目瞭然。
  • 手間が減ってない
  • 価格が割高
これらを考慮した場合、
iOS版アプリでコンテンツを購入する
メリットを何一つ感じられません。

まだ始まったばかりの機能なので
何とも言えませんが、
早急な改善を希望します。

<おすすめ>

<お知らせ>
Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから

友だち追加してください。 




IMG_6688

先月下旬に購入した
Galaxy S20 5Gの購入特典である
フルワイヤレスイヤホン、
「Galaxy Buds+」が2日前に到着しました。

IMG_6712
当初アナウンスされていた
4月中旬以降よりも
早めに発送されたのには驚きましたが。

コロナショックも考慮し、
  • 早めに発送しとこー
といった具合でしょうか。

早速開封してみました。
内容物は以下の通り。

IMG_6703
  • イヤホン本体
  • 充電ケース
  • Type-Cケーブル
  • ウィングチップ(3セット)
  • イヤーピース(3セット)
AirPodsProに似ている同梱物ですね。

こちらが本体および充電ケース。
IMG_6688

コンパクトかつ軽量なので、
初めてAirPodsProを手にした時と
同じぐらい感動
しました。

この充電ケースを開けると…
IMG_6704

AirPodsProのように、
スマホの画面に上記のような
ポップアップが出現します。

そのまま下の方にある
「接続」をタップします。

あとは以下の通りに
画面を進めていくだけ。

FullSizeRender
IMG_6700
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

この画面が表示されたら
初期設定は完了です。

このGalaxy Buds+は
AirPodsシリーズとは違い、
専用アプリが設けられています。

専用アプリによって
事細かい設定の変更や確認を
行うことが可能です。

主要部分だけご紹介します。

IMG_6707
IMG_6708

①イヤホン本体および
充電ケースの電池残量

②外音取り込み機能
(オンオフおよびレベル)

③イコライザー

④その他細かい設定項目


…ってことで今回は
ファーストインプレッションなので、
この辺で終わりたいと思います。

そういえば1つ朗報があります。
このGalaxyBuds+の
プレゼントキャンペーン、
本来は本日までだったのですが
急遽、5/12まで延長されています。



注意が必要なのが、
今回延長しているのは
あくまでau版のみ
です。

au版Galaxy S20 5Gを
購入予定の方は、
5/12までに購入&応募
しておきましょう。

GalaxyBuds+の詳細レビューは
ある程度データが取得でき次第、
記事にします。

では!

<おすすめ>





<お知らせ>
Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから

友だち追加してください。 



photo-1523755735410-574a35419d8b

コロナの件がきっかけで、
私は本日より健康に関する
「ある記録」を始めました。

「ある記録」とはこれ。



















FullSizeRender
そう、
「体温」のことを指します。

今までは、
  • 体が怠いなぁ…
  • (風邪やインフルが)治ったかなぁ…
といった時にしか体温を
測っていませんでしたが、
この機会に体調を可視化するために
体温の測定と記録を習慣化したい
思います。

記録にはAppleWatchの
このアプリを利用します。



このアプリは、
iPhone版とAppleWatch版で
表示される内容が異なります。

まずはiPhone版から。

FullSizeRender
FullSizeRender

上記スクショから分かる通り、
iPhone版は、
  • アプリの説明
  • 設定
しかありません。

記録はAppleWatch版から行います。
記録フローは、
以下の3つのみとなります。
①アプリを選択
5005

②体温計に表示された体温を
 デジタルクラウンで入力し、
 「データ入力」をタップ
5005

③入力完了
5005

入力した体温データは、
「ヘルスケア」内で確認が可能です。

IMG_6666
※期間別のグラフ

IMG_6667
※全てのデータ記録(個別表示)
注意してほしいのは、
このアプリはあくまで
体温の「測定」ではなく
「記録」しかできない

いうことです。

現時点では体温を測るのは
一般的な体温計による
アナログチックな手法しか
ありません。

いずれ体温計のIoT化が
実現すると面白そうですね。

取り急ぎ、
この方法で今後は
記録を習慣化していきます。

今回ご紹介したアプリは無料なので、
  • AppleWatchユーザー
  • 家に体温計がある
  • 体調を可視化したい
これら全てに該当する人は
ぜひ試してみて下さい。

<おすすめ>


<お知らせ>
Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから

友だち追加してください。 


↑このページのトップヘ