The Essentialism

ガジェットや心理学を駆使し、 人生を「より少なく、しかしより良く」 するためのノウハウを発信中。

ガジェットや心理学を駆使し、 人生を「より少なく、しかしより良く」 するためのノウハウを発信中。

タグ:アプリ

IMG_4222

私がApple Watchを使い始めて
早1年が経ちます。

その中で一番使う用途が
音声入力によるメモをすることです。

一つにメモといっても、
たくさんのアプリがあるわけですが、
私が取り分けよく使っているのが
「GoogleKeep」です。

その理由が5つあります。

①Apple Watchでメモをする際の
 行程が少なくシンプル。
IMG_4207
IMG_4220
IMG_4204
IMG_4205

②Apple Watch上で
  • 残しておきたいメモ
  • いらなくなったメモ
の振り分けが簡単にできる。

IMG_4221

③他のアプリと比較しても、
Apple Watchでメモした内容を
スマホと同期するスピードが速い。

IMG_4218

④「ショートカット」アプリを
 うまく活用すれば、
 GoogleKeepでメモした内容を
 最小限のタップで他のアプリに
 共有やコピペが可能。
 ※iOSユーザーのみ
IMG_4217
IMG_4216
IMG_4215
IMG_4214

⑤GoogleKeep自体があらゆるOSに
 対応しているため
 Apple Watchでメモした内容を
 デバイス問わず閲覧可能なので
 汎用性が高い。

特に、
  • たくさんメモを取る人
  • メモごとを多数の別アプリに共有することが多い人
  • 同期のスピードに速さを求める人
  • メモした内容をデバイス問わず閲覧したい人
これらに当てはまる人には
強くおすすめできます。
何より無料なので。

Apple Watchを使っている方は
ぜひ参考にしてみて下さい。

FullSizeRender
突然ですが問題です。

iPhoneでおなじみSafariと
これもおなじみGoogle Chrome。

共にブラウザアプリであるわけですが、
iOS版アプリにおいて
SafariにはあってChromeにはないものが
あります。
それは一体なんでしょうか?

正解は…これ。
IMG_4117
ホーム画面へのショートカット作成
する機能です。

この機能は、
特定のブラウザページに
日常的にアクセスする人にとって
かなり必須な機能なのですが、
Chromeにはこの機能らしき
項目が見当たりません。

ですが、昨今は
以下の方法で擬似的に
作ることができるようになっているのです。

今回はその方法を共有します。

まず大前提として、
必要となるのが
  • ショートカットアプリ
  • ショートカットアプリに対応しているiOSデバイス
  • iOS版Chromeアプリ
この3つさえあれば、
簡単に作成できます。

では、作り方は以下の通りです。

①iOS版Chromeアプリにて、
ショートカットを作成したいページの
URLをコピーする。

IMG_4118

②「ショートカット」アプリにて、
以下のようなアクションの組み合わせの
ショートカットを作成する。

URLの部分に、①でコピーしたURLを
ペーストした後に設定をタップ。

IMG_4127

③設定にて、
ショートカットに
自分好みの名前をつけた後、
ホーム画面に追加をタップ。

IMG_4125

④ショートカットアイコンの
デザインを選択した後、
完了をタップ。

IMG_4109

⑤画面に表示されている方法で
ホーム画面にショートカットを追加。

IMG_4110
IMG_4122
⑥最終的にホーム画面に
自分が設定した名前・デザインの
ショートカットが作成されていれば完了。

IMG_4123
これを一度作っておけば、
以下のように自分の好きなページを
Chromeアプリでアクセスできます。



ほとんどの人には価値を
感じないかも知れませんが、
LINE@のチャットページなどの
Chromeじゃないと
アクセスできないパターンの時に
このショートカットが活きます。

興味がある方はぜひ試してみてください。

友だち追加 
※LINE@では、質問への個別回答やブログの更新通知、配信時に必要な情報の共有を行なっています。これらに興味がある方はぜひ友だち追加をどうぞ!


IMG_3883
ノマドワーカーにとって
欠かせないもの。

それは「電源」と「ネット環境」
この2つです。

だからこそ、自分が作業する
カフェなどの店舗に
それらがきちんと設置されているのか
どうかは事前に確認しておく
必要があります。

その事前確認が可能なのが、
電源カフェ
というアプリ(サービス)です。
※アプリはiOSのみ対応なので、
Androidユーザーはブラウザ経由でのみ使用可能。


IMG_3877

アプリを開くと、
地図上に電源やWi-Fiが設置されている
カフェやコンビニの位置情報が表示されます。

IMG_3878

地図だとわかりにくいって人や、
特定のカフェチェーン店で作業したいって人は
「リスト」項目で検索もできるので便利です。

FullSizeRender
IMG_3882

一番下の店舗情報の項目をタップすることで、
  • 住所
  • 禁煙席のみか否か
  • 電源の数および設置場所
  • 公衆Wi-Fiの有無
  • 各携帯キャリアの電波状況
  • 営業時間
  • レビュー(客層や混雑する時間帯などの情報を記載)
などの店舗選択するのに必要な情報を
一覧できるようになっています。

IMG_3879

また、画面左上部にある
メニューをタップすることで、
現在の自分のスマホのバッテリー残量の確認ができます。

IMG_3880

さらに「リーク」という項目から、
このアプリ内に登録されていない店舗の
情報をアプリ開発者に報告できるため、
サービスのさらなるアップデートも期待できます。

以上からお分かりいただける通り、
無料なのにかなり便利なアプリとなっております。

ただし一点注意が必要なのが、
電源の有無は確認できるのですが
自分が店舗に行った際に
必ずしもその電源が空いていて
使えるかどうかは別問題だということです。

そういった意味でも、
  • 急速充電できるACアダプタ
  • コンセント付きのハイブリッド型モバイルバッテリー
などを持っていくことをおすすめします。

<おすすめガジェット>























IMG_3781
Twitterを使っている一般の方の
大半は公式アプリ(公式ブラウザ)を
利用していることでしょう。

確かに安定した造りな反面
余計な情報が視界に入ってきやすいため、
特にTwitterで情報発信に
徹したい方からすると
「諸刃の剣」になりがちです。

そんな方におすすめする対処法が
「公式アプリ(公式ブラウザ)から
卒業すること」です。

では具体的にどうすれば
いいのでしょうか?

結論から言うと、
「TweetDeck」という
ブラウザ版のクライアントサービス
を使ってTwitterを使用すればいいのです。



上記のツイートからわかるとおり、
以下のことができます。

  • ツイート
  • 大容量動画ファイルのアップロード(公式アプリ以外からだとある一定サイズ以上のファイルはアップロードできない現象が起きがち)
  • 予約投稿
  • ふぁぼやフォローなどの通知関係のタブを表示(公式アプリの通知タブと同等)
  • 自分が欲しい情報タブだけ表示するなどのカスタマイズ
さらにこのクライアントサービスは
ブラウザ経由での使用になるので、
OS問わず同じ環境で使用できます。

私の場合、
  • 外出中はiPhoneの「Chromeアプリ」から
  • 自宅にいる時は「PC版Chrome」から
アクセスしているので
常に同じ表示・環境で使えていて
かなり快適です。

Twitter公式アプリや公式ブラウザに
嫌気がさしてきた人や
本気でTwitterを使った情報発信に
徹したいと思っている人に
強くおすすめできます。

あとはこれに
Apple Watchがあれば
「鬼に金棒」状態になれます。

ぜひ参考にしてみてください。

<おすすめガジェット>


<参考リンク>

iOSデバイスにて
ブラウザ版TweetDeckを起動する
ショートカットリンク↓
https://www.icloud.com/shortcuts/65fd01e9e563467caf59d73639b60053
※iPhoneやiPadで直に
TweetDeckにアクセスできる
ショートカットです。
(ショートカットを使用するには、
アプリ「ショートカット」と
アプリ「Chrome」が必要です。)
興味のある方はご自由に
活用してみて下さい。



IMG_3733

①マコなり社長

こんな人におすすめ!
  • 「ビジネスに必要なスキルやマインドを身につけたい!」
  • 「読書家の様々な意見を聞きたい!」
  • 「仕事上で悩みを抱えてる…」


②monograph/堀口英剛

こんな人におすすめ!
  • 「ガジェットが大好き!」
  • 動画を見てみて「この色合いとか雰囲気が好き!と率直に思った」
  • 「とにかくお洒落な人が好き!」


ぜひ一度でいいのでご覧下さい。

meditation-1287207_1280

エッセンシャル思考の中に、
「より少なく、しかしより良く」
という基本テーマがあります。

この基本テーマを
私はYouTubeを視聴する際にも
取り入れています。

具体的には、
YouTubeを視聴する際は
音声コマンドを活用しています。

ex)自分が好きなチャンネルに
     投稿されている最新動画を
     視聴したいと思ったら…
 
IMG_2924
Googleアシスタントを起動
「〜(視聴したいチャンネル名)の
動画を流して」
YouTubeが自動起動
最新動画から順に再生される



さらに
Chromecastを接続したTVと
GoogleHome(スマートスピーカー)が
ある環境であれば、

「OK!Google(もしくはねぇ、Google)。〜(視聴したいチャンネル名)の動画」
といった感じで
最小限のフレーズで視聴できます。

この方法を使えば、
  • 無駄なノイズ(情報やコンテンツ)に触れることなく、自分の求めているコンテンツだけ視聴できる
  • 検索する手間がいらず、ただ決まったフレーズをしゃべるだけで最新動画にショートカットできる
  • 環境さえ整えれば、家でスマホを触わる必要がなくなる
などのメリットが享受できます。

今回は誰でもできる
レベルのものを紹介しましたが、
これをさらに簡略化させること
だってできます。

が、そのやり方については
おいおいnoteあたりで
公開したいと思います。

<おすすめ記事>





hustle-and-bustle-1738072_1280

ほとんどの人が
毎日使っているアプリ、LINE。

すごく便利なアプリですが、
これに依存し過ぎると
他人に振り回されるだけでなく、
自分の時間を失いかねない事態に

陥ってしまいます。

今回はその予防策として、
私が行っているLINE断食のテクニックを5つ
ご紹介したい
と思います。






其の五以外は誰でもすぐに実践できるものです。
ぜひ参考にしてみてください。

<おすすめガジェット>










IMG_2707
先日私がヘビーに利用している
Google Play Musicについて
ご紹介しましたが、
それを越える定額サービスを
見つけたのでシェアします。

最強の定額サービスとはこれ‼
IMG_2708
そう、YouTube Premiumです。

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、
名前の通りGoogleが提供している
YouTubeの有料サービスです。

月額は1180円〜(登録方法で金額変動あり)。
GooglePlayMusicの980円/月よりも
若干高い設定となっております。

ただ、200円上乗せしてでも
YouTube Premiumを選ぶべきです。

その理由が3つあります。

①YouTubeの利便性が向上する

YouTube Premiumの1番のメリットは
YouTube自体の利便性が向上することです。

具体的には、
  1. オフライン(ダウンロード)機能を使い動画を保存することで、一定期間はオフラインであっても動画を視聴可能パケットの節約が期待できるIMG_2710
  2. 動画毎の広告が一切出なくなる時間&パケットの節約が期待できる
  3. バックグラウンド再生ができるようになるため、動画を再生したまま他のアプリを起動したり、画面ロックしたまま音声を視聴できるバッテリーの節約が期待できる
などといったメリットを享受できます。

弟子の方は
我らが師匠の動画はもちろんのこと、
ストレス解消に効果ありとされている
  • お笑い系の動画
  • 自然の動画や自然音
などはオフライン機能を活用し、
どこでも視聴できるように
しておけば生産性向上も期待できます。

②現状最強なYouTube Musicも利用可能

2つ目のメリットがYouTube Musicも
利用できること。

YouTube Musicとは、
YouTubeとは別にアプリが存在しており、
音楽鑑賞に特化したサービスと謳っています。

このYouTube Musicの1番の強みは
聴ける音楽の数が圧倒的に多いこと。

というのも、一部のものを除き
YouTube上にある曲、MVを
ほぼ全て視聴できるからです。

673B6254-E228-4CDA-9A72-A03F12E8DEF0

さらに、気分やシーンに合わせた
プレイリストが作成・更新されているため
新しい曲との出会いもあり
すごく刺激があります。

955DB440-7E76-4CB7-8A43-3D76DADE743D
これももちろんオフライン機能対応。
無限にある曲を家のネットでDLしておけば、
外出先で好きな曲を好きなだけ聴ける。
素晴らしくないですか?

私は主に、
  • 定額サービスでは基本視聴不可なJ系コンテンツ
  • マイナーバンドの楽曲
  • アーティストがLIVEでしか披露していない曲
  • 歌ってみたの楽曲
  • テンションをあげるためのEDM楽曲のミックス
などの視聴で使っています。

③Google Play Musicが料金内で利用可能

あまり知られていないことですが、
実は前回ご紹介したGoogle Play Music
YouTube Premiumの料金内で使用できます。

IMG_2706

つまり、
  • Google Play Music→4000万曲
  • 自分がアップロードした曲→50000曲
  • YouTube上にある楽曲→∞
を持ち歩けるわけです。
コスパが良すぎて、
他社のサービスに魅力を感じなくなります。

もちろん、これら全て
  • スマホ(iOS/Android)
  • PC(Windows/Mac) 
  • Google Home(スマートスピーカー)
といった全てのデバイスで視聴できます。

現時点であれば、
30日間無料で利用できるキャンペーンも
行っているので、
興味がある方はぜひ体験してみて下さい。


IMG_2698

皆さんは音楽聴きますか?
聴く人はどのアプリやサービスを利用していますか? 

先日、Twitterにて
アンケートを実施したところ…
こんな結果となりました。
(まだ回答は募集中です。)

この中で
私が唯一使用しているのが、
GooglePlayMusicです。

FullSizeRender

なぜこのサービスだけ利用しているのか?
その理由は以下の3つを
全て満たしているからです。

①すべてのデバイスで利用可能
他のGoogleのサービスと一緒で基本全OSで
使用可能。
必要なのはGoogleアカウントだけ。

②スマホ・PC以外でも聴ける
スマホやPC以外にも、
GoogleHomeなどのスピーカーや
Chromecastを設置したTVのスピーカーから
音楽を流すことだってできる。

GoogleHomeを使えば寝る前にスマホを一切操作せず、
オーディオブックの音声ファイルを再生できる。

IMG_2701
8AC223F6-4C39-41BB-B5CE-5A762D9D499D

③Googleアシスタントを使って起動を最小限にできる
AndroidスマホやGoogleHome、
Googleアシスタントアプリを入れたiPhoneからなら
最低限の設定さえ行っておけば
すぐに楽曲再生をすることができる。
しかも決まった文言なので使い勝手が非常にいい



④スリープタイマー機能がいい
寝る前まで聴きたい。
けど、寝た後一定時間が経過したら止めてくれる。

IMG_2702

もしくは、Googleアシスタントに
「◯◯分後に止めて」というだけでも
同様の操作が可能。

⑤自分の手元にある音楽をアップロード・管理できる
これが1番の強みであり、私が愛用している1番のメリット。
月額980円で4000万曲聴けるというのを売りにしているが、
それとは別に自分のPCにある楽曲を
最大50000曲までアップロードできる。

IMG_2699

つまり、4000万曲+自分が持っているお気に入りの音楽を
いつでも、どこでも、どのデバイスでも再生できるのだ。

さらに、アップロードした楽曲はクラウドに保存されるため、
データの移行という概念がない。
機種変更時もGoogleアカウントの入力だけで、
今までと同じ環境で使えるという神仕様。

しかもこのアップロード機能は定期契約しなくても、
無料で利用できる。

・定額聴き放題の音楽サービスに聴きたい楽曲がほぼない
・むしろ、自分の手元にある楽曲が聴ければいい
・スマホやPCの買い替え毎の音楽データの移行がめんどい

などと思っている人はぜひ活用するべき。

PCがある人はまず自分が持っている楽曲を
すべてアップロードして一度使ってみてください。

特に複数のデバイス(スマホやPC)などを使う方は
このサービスの凄さに気付く
と思います。

又、月額980円で4000万曲聴き放題も
様々なキャンペーンで期間限定で無料で体験できるので、
興味がある方は調べてみてください。

<おすすめガジェット>
【期間限定!半額SALE】Google Home Mini チョーク(グーグル ホーム ミニ チョーク)
【期間限定!半額SALE】Google Home Mini チョーク(グーグル ホーム ミニ チョーク)

Google Home(グーグル ホーム)
Google Home(グーグル ホーム)



 

どうも、エッセンシャリストYuです。

今回は私が愛用している最強メールアプリ
Spark』をご紹介します。

①『Spark』について

このアプリは元々iOS/Mac専用の
メールアプリとして数年前より存在
していました。

当時から、
メールアプリの中でもトップクラスの使いやすさ
かつかゆいところに手が届く機能があったことで、
一部のユーザーから絶大な人気を誇っていました。

その人気度は、
『このアプリが使いiたいが為にPhoneを使っている』
と言わせるほど。(元Android信者の私がこの理由でiOSユーザーになった)

ただ、このアプリの唯一の弱点が
『Appleデバイス』でしか利用できないこと
でした。

が、今回めでたくAndroid版がリリースされたことで
スマホユーザー全員におすすめできるようになった
ので
今回紹介しようと思った次第です。

②Sparkを利用するべき3つのメリット

では、なぜこの『Spark』を激推しするのか?
そのメリットを3つご紹介します。
  1. すべてのメールアドレスを管理できる。
    →GmailやiCloudメールなどのフリーアドレスはもちろんのこと、
     ドコモやauなどの携帯キャリアのアドレスも管理が可能。
    ※携帯キャリアのアドレスの設定はご自身で調べて下さい。

  2. 予約送信機能を標準搭載している。
    決まった日時にメールを送ることが可能。
     携帯キャリアのアドレスももちろん可能なので、
     仕事からプライベートまで幅広く活用できます。

  3. テンプレート機能×Siriショートカットが便利
    →これはiPhone/iPadユーザー限定の機能となりますが、
     Siriショートカットとテンプレート機能
     組み合わせて使うことで、
     特にビジネスシーンでのメール作成の手間を劇的に減らすことが可能

    ex)Siriショートカット⇒決まった人宛てのメールを作成する画面に移行
      テンプレート機能⇒決まった書式を一発でコピペ
    ☆これをわずか10秒でこなすことが可能!
この3つだけでも、他のアプリに比べて
利便性が高く人気がある理由を
わかっていただけるかと思います。

③Apple Watchとの相性が抜群すぎる件

この『Spark』は私が激推ししている
Apple Watchとの相性が抜群です。

メールの新規作成はできませんが、
受信したメールの確認・返信・スヌーズ(再通知)・アーカイブ・削除
といったほぼすべての動作が行える仕様となっているため、
スマホ断捨離には欠かすことができないデバイスとなります。

この優位性のことを考慮すると、
Androidを使うことに絶対的な理由がない限りは、
私はiPhone&Apple Watchでの『Spark』の利用を
強くおすすめ
します。

④最後に

今回はメールアプリ『Spark』についてご紹介しました。

現代はLINEなどの
メッセンジャーアプリでのやりとりが中心ですが、
それらのアプリの利用や設定にも必須なぐらい
メールアプリはこれからも欠かせないものとなります。

ぜひこのアプリを採用してみてはいかがでしょうか?


<おすすめアプリ・ガジェット>

『Spark(iOS版)』のダウンロードはこちら

『Spark(Android版)』のダウンロードはこちら



↑このページのトップヘ