The Essentialism

ガジェットや心理学を駆使し、 人生を「より少なく、しかしより良く」 するためのノウハウを発信中。

ガジェットや心理学を駆使し、 人生を「より少なく、しかしより良く」 するためのノウハウを発信中。

タグ:ガジェット

_AC_SX425_

現在、
Amazonにて
CIOから発売されている
ハイブリッド型モバイルバッテリー
が通常価格よりも2298円安い
  • 4280円
という特別価格で購入できるように

なっています。



Screenshot_20210214-090527_Amazon Shopping


このCIO-SC2-10000については、
以前紹介した記事にてまとめているので
こちらをご確認いただければ
どれだけスペックが優秀かが
おわかりいただけるかと思います。

この類のモバイルバッテリーを
紹介する際に現時点で間違いなく
出てくる対抗馬が
Ankerから発売されている
最新ハイブリッド型モバイルバッテリー
でしょう。


ですが、
  • 20WのPD出力に対応
という点以外のスペックだけでなく、
  • 一時的であろうと価格が安い
という点を踏まえると、

現時点で買うとしたら間違いなく
ではなく、
を選ぶ方がいいでしょう。


ただ一点だけ注意が必要なのが
商品ページにある以下の注意書き。
※SuperMobileChargerはモバイルバッテリー時、AC時ともにAppleWatchへの充電は行えません(電力供給が小さすぎるデバイスへの充電は行えません)。

Ankerのモバイルバッテリーに
搭載されている
に準ずる機能が
CIOのモバイルバッテリーにはないことから
この文言が書かれているのでしょう。

しかし、
これに関しては私が実際に
まだこのCIO-SC2-10000
検証できていないので断言できませんが、

を活用すれば充電する可能性も
捨てきれないと思います。

個人的にはこの疑問点を
解決したいがためだけに
このCIO-SC2-10000を買おうか
悩んでいます。。。

ちなみに、
このキャンペーン価格で
購入できるのは2/17
までと
なっています。

モバイルバッテリーを新調する
予定のある方、要チェックですよ。


<おすすめ>



エッセンシャル思考 (オーディオブック版)


<お知らせ>Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから
友だち追加してください。 




41vZhKfLC4L


iPhone12シリーズから
新たに搭載された【MagSafe】

この【MagSafe】に対応した
サードパーティ製のスマホアクセサリーが
徐々に市場に出回ってきていますが、
ついにモバイルバッテリー市場でも
注目されている『CIO』から
  • MagSafeに対応したモバイルバッテリー
がつい最近発売されました。



それがこの
となります。


スペックは以下の通りとなります。

sub6_l
  • 最大18WのPD
  • 最大15WのQi
  • MagSafe(15W)
上記3つの充電方法に対応している
万能モデルとなります。

バッテリー容量が5000mAhとなっている点に
不安を感じる方々がいるかも知れませんが、
  • モバイルバッテリーへの充電も最大18WのPDで充電可能
  • Lightningケーブルでモバイルバッテリーへの充電が可能
  • 重さが130g(iPhone12miniと同等)

これらの点を踏まえると、
そこまでデメリットに
感じないと思います。

しかもこのモバイルバッテリー、
  • スタンド機能
も内蔵されているのも魅力の1つ。


CIO-MB5000-MAG_700x525-620x466


動画の視聴時にも重宝すると思います。

なぜ今回この
を紹介したのかというと、

2/8までであればお得に
入手できる方法があることを
共有したかったからです。

クーポンコード
  • CIOMB5000
を利用することで、

  • 3608円→2800円
と808円の割引を受けることができます。


iPhone12シリーズをお持ちの方で、
  • 5000mAhクラスのモバイルバッテリーを探していた!
  • ケーブルを別途持ち運びたくない!
  • 外出先でMagSafeで充電したい!
なんて方々はぜひお早めに
チェックしてみてください。
<おすすめ>



エッセンシャル思考 (オーディオブック版)


<お知らせ>Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、以下のリンクから
友だち追加してください。 



ama_02

昨日の朝9時より、
63時間限定のビックセール
  • Amazonタイムセール祭り

が開催されています。

過去に私のブログでご紹介した

などがかなりお得に買えるように
なっています。

そんな魅力溢れる
今回のタイムセール祭りですが、

  • 最も注目すべきガジェット
があることをご存知でしょうか?


そのガジェットがこちら…。
























ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3 : LDAC/ Amazon Alexa搭載 /Bluetooth/ハイレゾ 最大30時間連続再生 密閉型 マイク付 2018年モデル ブラックWH-1000XM3 B


です。


そもそもWH-1000XM3って何なの?

このヘッドホン、
あの師匠やパレオの兄貴も
過去に絶賛していたモデルであり、
私もブログを始めたての頃に
レビュー記事を書いたことがあります。

購入した大多数の人が絶賛している
このヘッドホンが
  • なんと当時の価格より10000円以上値引きされている!

ことから注目しない理由がありません。

WH-1000XM3の魅力について

このヘッドホンの魅力はなんといっても、
  • 高品質のノイズキャンセリング機能を搭載している
ということです。


人によっては、
の方がノイズキャンセリング性能が

上と感じる意見もありますが、
そもそもヘッドホンの方が
耳を覆うため密閉になることから、
ノイズキャンセリング機能を
フル活用したいなら
間違いなくヘッドホンをおすすめします。

『そんなにヘッドホンをおすすめするなら、AirPods Maxでいいじゃん!

なんて意見が来そうですが、
私は実際にAirPods Max
手にしたことがないので
使用感での比較はできませんが、
  1. 充電用の端子がライトニング端子である
  2. AirPodsProと同様に、SWアップデートをユーザー側でコントロールできない
  3. そもそも価格が高い
これらの事を踏まえると、
現時点で単純に
ノイズキャンセリング機能だけに
フォーカスを当てるのであれば、

が間違いなくベストバイでしょう。

新型モデルWH-1000XM4との違いは?

実はこのWH-1000XM3には、
後継機として昨年末から
というモデルが登場していますが、
  1. ノイズキャンセリング性能が向上
  2. マルチペアリング対応
  3. 脱着時の自動音楽停止/再生機能対応
  4. スピーク・トゥ・チャット機能搭載(自身の発した声に連動して外音取り込み機能を自動起動)
など魅力的な面はあるものの、
これらはあくまで
旧モデルを持っている方であれば
価値を感じやすいものなので、
これらの点に優位性を感じないのであれば、

を選んでも損はしません。

まとめ

今回ご紹介した
ですが、
旧モデルということもありつつの今回のタイムセール祭りなので、
在庫処分の可能性も捨て切れません。

気になる方は早めに
チェックしておくことをおすすめします。

<おすすめ>




エッセンシャル思考 (オーディオブック版)



<お知らせ>Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、以下のリンクから
友だち追加してください。 




IMG_9769




はじめに。

昨日の記事でご紹介した
の登場によって、


この3モデルが出揃ったわけですが、
ここで想定されるのが、
  • 結局、どれが一番おすすめなの?
って質問がやってくることです。

これに関しての私なりの回答としては、
  • 使う人それぞれで適したモデルは
    変わってくるね
しかありません。

しかし、この回答だと
あまりにも抽象的過ぎる…

ということで、
今回は各モデルについて、
  • こんな人にはこのモデルがおすすめだよ!

って形式でご紹介していきたいと思います。

①PowerCore Fusion 5000をおすすめする人。

まずはハイブリッド型モバイルバッテリーの
パイオニア的存在である
については、
下記の記事をご覧いただければ
概要は理解できるかと思います。



そしてこのモデルは、
以下のような方におすすめな一品だと言えます。

  • とにかく安く入手したい!
  • Type-Aポートが複数欲しい!
  • 充電速度にこだわりがない!
  • コンパクトさを重視したい!
  • カラーの選択肢が欲しい!

現時点においては、
  • PD非対応
という点では他のモデルよりも
不利だということには変わりありませんが、
  • 安く入手できる(特価キャンペーンを除く)
  • カラーが豊富
  • 比較的安価に入手でき、
    かつ汎用性の高いType-Aポートが2つもある
これらの点を踏まえると、
万人におすすめできる商品であることには
変わりないでしょう。

②PowerCore III Fusion 5000をおすすめする人。

続いてご紹介するのは、
昨年彗星の如く登場した
PowerCore Fusion 5000の後継モデルである、
これについても、
過去に記事化しているので
下記記事をご覧いただければと思います。



このモデルがおすすめなのは、
以下のいずれかに該当する人だと言えます。

  • PD対応を重視している!
  • コンパクトさと充電効率の高さを
    兼ね備えたものを追い求めている!
PowerCore Fusion 5000とほぼ同じ
筐体の大きさながら、
  • 最大18WのPD出力に対応している!
という点だけでも、
PowerCore Fusion 5000を持っている人は
買い替える価値が十二分にあると言えます。

さらにこの商品、
不定期に開催されているキャンペーンや
キャッシュレスサービスのキャンペーンとの併用で、
PowerCore Fusion 5000よりもお得に入手できるケース
たまにあるので、
気になる方はマーキングしておくことを
おすすめします。

③PowerCore Fusion 10000をおすすめする人。

最後が昨日ご紹介したばかりの
となります。

まだこのモデルの概要を
ご存知でない方はぜひ下記記事を
一読いただければと思います。



そしてこの最新モデルを
おすすめしたいのは
以下のいずれかに該当する人です。

  • PD対応は必須!
  • アイテムは黒色で統一したい!
  • 2台以上スマホを所有している!
  • 1日に2回以上スマホを充電している!

よりも本体の筐体と重さが
アップしている点はマイナスなものの、
  • バッテリー容量が2倍に増量している
ことによって、
2回以上スマホを充電できる
ポテンシャルを持ち合わせただけでなく、
前モデルでも批判されていた
  • PD入力非対応
を克服できているとも捉えることができます。

これまで5000mAhが大半だった
ハイブリッド型モバイルバッテリーに
新たな基準を世に知らしめてくれる
存在になることでしょう。

最後に。

今回は、


上記の各モデルをおすすめする人の
ポイントについて簡単にご紹介してみました。

今回ご紹介した
  • AnkerのPowerCore Fusionシリーズ
ですが競合他社にあたる、
と比べるとまだ改善や進化できる予知は
十二分に秘めていると言えます。

特に、
に関しては
などによって
  • 10000mAhクラスのハイブリッド型
    モバイルバッテリー市場における
    確固たる地位を築き上げつつある
ので、Ankerにはこの流れに
追随してもらいたいと思います。

<おすすめ>








エッセンシャル思考 (オーディオブック版)


<お知らせ>
Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから
友だち追加してください。 


81bcP8ooM1L._AC_SL1500_

昨日、Ankerより
大人気シリーズ
  • PowerCore Fusionシリーズ
の最新モデルである、
が発表・発売されました。



製品の仕様は以下の通りとなります。

  • サイズ:約82 × 82 × 35mm
  • 重さ:約278g
  • 入力:100-240V 0.7A 50 - 60Hz
  • USB-A 出力:5V=2.4A
  • USB-C 出力:5V=3A / 9V=2.22A
  • 合計最大出力:
    20W (USB-Cポート単体充電時)
    15W (2ポート同時充電時)
  • 容量:9700mAh

今回のモデルの推しポイントは
大きく分けて3つあります。

①ブラックカラーの存在

今回新発売した
は前モデルである
には存在しなかったブラックカラーが
ベースカラーとなっています。

私もこれまで数多くのモバイルバッテリーを
購入・使用したことがありますが、
  • 触れる頻度が高いものこそ、
    汚れが目立ちにくい
    ブラックを選んだ方がいい!
という結論に至っていたこともあり、
前モデルである
では登場しなかったブラックカラーの存在は
ある一定の層の方には響く要素であり、
質感のよさそうなデザインなので、
デザイン重視の方にもおすすめできます。

②最大20WのPD充電に対応

この『20W』という数字は、
昨年発売された
  • iPhone12シリーズ
をきっかけに充電器類で
よく見かけるようになりました。

タブレットやPCなどへの充電を
考慮するのであれば、
『30W』ないし『45W』が
望ましいとされています。

しかしそうすると、
数値と比例して
  • 筐体も大きくなる
  • 価格も高くなる
といったデメリットも
生じてしまいます。

今回の

  • どのスマホに対しても最適な出力で充電できる
    コスパ重視の充電器!
だと初見で感じました。

実際に競合他社製品である
と比べると、最大出力とQi充電を
必要としないのであれば、
価格面で言うとの方がお得なことは一目瞭然でしょう。

③バッテリー容量がパワーアップ

前モデルである
は発売直後、
一部のガチ勢より
  • Type-C端子での
    モバイルバッテリーへの充電不可
の点をものすごく叩かれていた
時期があったことを皆さんは
ご存知でしょうか。

それもそのはず。
のバッテリー容量は
スマホを約1回分しか
充電できないほどの容量なのにも関わらず、
モバイルバッテリー自体の充電に
約3時間も充電時間を要するわけなので。

特に競合他社製品の一部モデルが
対応しているPDの入出力両対応に、
なぜか対応していないAnkerへの批判は
期待の裏返しとも受け取ることができます。

今回の
でも残念ながら
Type-C端子での
モバイルバッテリーへの充電には
対応していないものの、
前モデルの2倍のバッテリー容量
となっていることから、
前回よりも
  • バッテリー容量
  • モバイルバッテリーへの充電効率
を気にする必要もさほどないと
思いました。

まとめ

今回は新発売された
をご紹介しました。

などのバッテリー容量だと不安だ!
って感じる方は
ぜひチェックしてみてください。

<おすすめ>







エッセンシャル思考 (オーディオブック版)


<お知らせ>
Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから
友だち追加してください。 


photo-1570993492891-ac6f259ce777

タイトルにもあるとおり、
私個人として今年2021年は
  • ワイヤレスイヤホン市場が盛り上がりそう!

と予測しています。

何故ならば、
ことで、
  • ANC対応
  • 外音取込対応
  • Bluetooth5.0対応
これらに対応したワイヤレスイヤホンを

低価格で製造・販売できることが
証明されたからです。

流石にAirPodsProなどの
高額ワイヤレスイヤホンと比べると
  • 音質
  • ANCの性能
などには差があるものの、

一般の方にとっては
  • 『低価格で一定レベル以上のもの』が手に入れやすい時代になった!
わけなんでどちらにせよ

嬉しいことには変わりありません。
  • ANC対応
  • 外音取込対応
  • Bluetooth5.0対応

の一通りの機能を搭載していることから、

既存の高額ワイヤレスイヤホンにおいても
何かしらの付加価値を設けてくる
可能性が非常に高いと思います。

たとえば、
  • ANC性能の向上
  • 充電ケースがQi充電に対応
  • 高音質かつ低遅延なコーデックである『apt-X』に対応
  • 現行スペックのモデルの値下げ
などなど…。


これらの未来を見据えた上で
私が行ったことがあります。

それは…

  • 既存のワイヤレスイヤホンの処分
です。


処分と言っても、
メルカリの出品ですが。。。
今回出品した
この2機種とも私がこれまで
愛用してきた素晴らしい
ワイヤレスイヤホンであることは
紛れもない事実です。

しかし、
これからの未来を見据えた時に
  • 私にとって所有しておく必要のないもの
と判断したため、

出品致しました。

…ということで、
私が現時点で所有・使用している
ワイヤレスイヤホンは

のみとなりました。

このAirPods Proに関しても
発売してから一年以上経過しているので
新モデルが登場する可能性も
十二分にあります。

これから盛り上がりが期待される
ワイヤレスイヤホン市場。

この市場を日々チェックし、
何か有益な情報があれば
当ブログにて共有していきたいと
思います。

<おすすめ>



エッセンシャル思考 (オーディオブック版)



<お知らせ>Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、以下のリンクから
友だち追加してください。 



20210119-i01-1

ついにこの時が来ました。

Ankerより新商品となる
ワイヤレスイヤホン、

上記2機種がついに

日本のECサイトおよび
家電量販店での取り扱いが
開始されました。

この2機種の発売を
なぜ取り上げたのか?

それはずばり、
  • Ankerのワイヤレスイヤホンにおける、初のANC対応モデル
だからです。

  • ANC?なにそれ?
って方は私がたいぶ前に書いた
ノイズキャンセリングに関する下記の記事
ぜひ読んでいただければ
理解できると思います。


Screenshot_20210120-233452_Amazon Shopping


Ankerとしては
  • ウルトラノイズキャンセリング
という名称にしていますが、

列記としたANCであり、
一番驚いたのはその価格。

ANC対応モデルながら
両機種とも
  • 15000円以下で購入できる
という訳がわからない状況と

なっているのです。

それぞれの仕様は
以下の通りとなります。

Screenshot_20210120-233008_Amazon Shopping



Screenshot_20210120-233154_Amazon Shopping


両機種とも、
  • ANCに対応
  • 外音取り込みモードに対応
  • Type-Cでの充電に対応(Liberty Air 2 ProはQi充電にも対応)
  • Bluetooth5.0に対応
  • SBC/AACコーデックに対応

となっており

価格も安価なことから、
  • 万人におすすめできるコスパ最強のANC対応ワイヤレスイヤホンである!
と自信を持っていえるプロダクトと

なっています。

私のような
iOS/Androidの両刀使いにとっては
特に魅力的なワイヤレスイヤホンである
ことは間違いありません。

ちなみに、
は終了してしまったものの、
に関しては
  • 台数限定の20%分のポイント還元キャンペーン
がまだ継続している模様です。


気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

<おすすめ>



エッセンシャル思考 (オーディオブック版)


<お知らせ>Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから
友だち追加してください。 




21_3x-80_1512x
 
先月に執筆した

を覚えているでしょうか。

この記事は昨年度における
当ブログの人気記事となっており、
今もなお毎日多くの方に
読んでいただいております。

私はこの記事の中で、

と高らかに宣言し
予約をしていましたが、
先日キャンセルをしました。

その理由は何故か?

理由は大きく3つあります。
  • 入荷予定日が大幅に遅れていたから
  • 交通系ICカードの利用可否の情報が少なすぎるから
  • MagSafeにしてしまうことで、余計な手間や費用、時間が増えてしまうことに気づいたから
それぞれの理由について
簡単に説明したいと思います。
  • 入荷予定日が大幅に遅れていたから
これがキャンセルに至った
1番のトリガーとなったことは
紛れもない事実です。

IMG_9694
上記の画像の通り、
  • 大雪による配送遅延

によって本来であれば後数日で
到着予定だったものが
先延ばしになってしまった訳です。
  • そんなに楽しみだったら待てばいいのに

そう思う方もいるでしょうが、
これから述べる別の理由が
2つあったこともあって、
私はキャンセルすることを決断しました。
  • 交通系ICカードの利用可否の情報が少なすぎるから
この
  • 交通系ICカードの利用可否

に関しては今の私にとっては
非常に重要な要素でもあります。

というのも、
私は転職したことをきっかけに
交通費(経費)を申告する都合で
  • どうしても物理の交通系ICカードを利用しないといけない

という制約が生まれてしまったからです。

だからこそ、
  • カードを収納できる
  • 交通系ICカードが利用できる

この2つの条件を満たしたものを
どうしても手に入れたいわけです。
ですが、今回の

に関しては、
  • 入手している人の数
  • 同じニーズを持っている人の数
  • 検証し情報発信している人の数

これらが圧倒的に不足しているため
確証が得られていません。

なお、楽天市場のの商品ページ内にこんな画像があります。

IMG_9711
この文言だと
磁気ストリップカードに属さない
  • 交通系ICカード
に影響はなさそうですが、
これと改札口での利用可否は
また別の問題となります。

そういった意味でも、
現時点における情報不足こそが
購入するモチベーション低下にも
繋がったと言えます。
  • MagSafeにしてしまうことで、余計な手間や費用、時間が増えてしまうことに気づいたから

最後の理由が上記に書いてある
  1. 余計な手間
  2. 費用
  3. 時間
これら3点が増えてしまうことに
気付いたからというものです。

具体的に説明するとなると
以下の通りとなります。
  1. 余計な手間→ワイヤレス/MagSafeによる充電のために、①外す→②置く/くっつけるといったアクションが必要(ケーブルだと①挿すだけのアクションで済む)
  2. 費用→MagSafe対応MOFTだけでなく、MagSafe対応のケースおよび充電器類が必要となり費用が嵩む
  3. 時間→ワイヤレス充電だと7.5W、MagSafeでも15Wとなるため充電時間が必然的に増える(有線充電だと20W)

これらを総合的に判断した結果、
  • コスパが良くない
と思っただけでなく、
以上、
  • 購入する理由もないな
との結論に至った次第です。
そして改めて、

  • 現状のスマホスタンドが最適格だ!
と思えるようになりました。


近いうちに
私が選んだスマホスタンド
についてご紹介したいと思います。

<おすすめ>



エッセンシャル思考 (オーディオブック版)



<お知らせ>Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、以下のリンクから
友だち追加してください。 



d16775-250-980336-0
現在、楽天市場にて
開催されている

にて
  • 一部Anker製品が最大20%ポイントバックされることでお得に買える!
ので情報をシェアしておきます。



このRakuten スーパーDEALによって

ポイント還元率がアップしている中で、
おすすめの商品のリンクを
下記の【おすすめ】欄に掲載しておきます。


ちなみに開催期間は
  • 1/16 9:59まで
となっているので、
気になる方は
ぜひチェックしてみてください。
P.S.
手前味噌ではありますが、
私自身も現在メルカリにて
今回のキャンペーン対象である

の新品未開封を出品しています。

おまけもつけているので、
こちらも是非チェックしてみて下さい。
<おすすめ> 



エッセンシャル思考 (オーディオブック版)

ここに文章を入力。


<お知らせ>Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから
友だち追加してください。 


スクリーンショット 2021-01-03 083237

昨日より開催されている
  • Amazonの初売り

におけるおすすめアイテムを
ガジェヲタである私の視点で
ご紹介します。

Echo Dot 第3世代 - スマートスピーカー with Alexa、サンドストーン + Nature スマートリモコン Remo mini

まずはスマートスピーカーと
スマートリモコンのセット。

私もこの両方を所有しており、
かなりヘビーユーズしています。

自宅にWi-Fi環境がある人は、
このセットを購入するだけで
  • リモコンを探す
  • リモコンで操作する

といった行動を省くことができます。


2021年をよりスマートに過ごしたいなら
このセットを買っておくことを
強くおすすめします。

Anker PowerPort Atom III Slim (PD対応 30W USB-C 急速充電器)(ホワイト)

この充電器は当ブログの
読者の方にとっては
おなじみの商品でしょう。


ブログ記事として
何度も取り上げているだけでなく、

動画コンテンツとしても
紹介をしているからです。

この商品をお得に買いたいのなら、
  • カラーは必ずホワイトを選ぶ

ことをお忘れなく。

ブラックよりも
数百円ほど安くなっており、
過去一の最安値に設定されているので。

  • より少なく、しかしより良く

充電できる環境を構築しましょう。

Kindle Paperwhite 防水機能搭載 wifi 32GB ブラック 電子書籍リーダー + Kindle Unlimited(3ヵ月分。以降自動更新)

最後はKindle Paperwhite

説明不要の電子書籍リーダー。

私が持っている旧モデルと違い、
  • 32GBモデルの存在
  • 4Gモデルの存在
  • 防水仕様
などの魅力が詰め込まれた
すばらしい商品です。

と思っている私にとって
この商品がこの初売りで
最も魅力的だと思っています。

このモデルを買おうか、
ギリギリまで悩みたいと思います。

如何だったでしょうか。

今回紹介したもの以外にも
様々な商品がお得に
購入できるようになっています。

初売り終了まで時間も残り僅か。
ぜひチェックしてみて下さい。

<おすすめ>



エッセンシャル思考 (オーディオブック版)




<お知らせ>Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから
友だち追加してください。 


↑このページのトップヘ