The Essentialism

ガジェットや心理学を駆使し、 人生を「より少なく、しかしより良く」 するためのノウハウを発信中。

ガジェットや心理学を駆使し、 人生を「より少なく、しかしより良く」 するためのノウハウを発信中。

タグ:キャッシュレス

IMG_9787


福岡ってやっぱりええなぁ。

このブログの読者の方にとっては
既知なことでしょうが、
私は現在、福岡県に住んでいます。

そんな私も福岡に移住して5年目で、
正直数年前まではこれといった
いいイメージをあまり感じていませんでした。


しかし、
ここ数年の間であらゆる体験や出会いを
きっかけに、
  • 福岡県ってすごくいい都市なのでは?
と感じることが多くなってきました。



今回は
そんな福岡在住歴5年の私による、
  • 福岡に住んでてよかったなぁと
    思える3つのポイント
について解説していきたいと思います。

①スマホだけで生活ができる件。

この点は日本の首都である
東京よりも優れている点だと言えます。

というのも、
福岡はキャッシュレスの
普及率が全国的に見ても
トップクラスであり、
ありとあらゆるサービスが
キャッシュレス決済に対応しています。

  • 小売店
  • 医療機関
  • 公共交通機関
  • タクシー
  • 役所
などなど、
生活する上で利用する
施設やサービスの大半が
何かしらのキャッシュレス決済に
対応している
だけでなく、
粗大ゴミの回収もスマホ1つで行える
全国的に見ても珍しい都市でもあります。

控え目に言って『最高』ですよ。私の場合、
ここ最近は財布を一切持ち歩いておらず、
スマホ…もしくはAppleWatchだけで
出掛けることが当たり前
となっています。

私がスマホやAppleWatchだけで
生活できているヒントは
過去記事の中に隠されている
ので
気になる方は下記リンクより
気になる記事をぜひ読んでみて下さい。



②所有するものがどんどん少なくなる件。

この『所有するものがどんどん少なくなる』を
体感し始めたのはつい数年前からです。

ご存知の方もいるでしょうが、
福岡県は様々なシェアリングサービスが
利用できる有名な都市の1つ
です。

具体的なサービスとして、
  • アイカサ(傘)
  • ChargeSpot(モバイルバッテリー)
  • チャリチャリ(自転車)
などが挙げられます。

これらのものは、
特定のシーンで必要になるものなこともあって、
  • 自己で所有せず、必要な時に共有する
ことで、
  • 管理コストの削減
  • 導入コストの削減
が期待できます。

特に今一番
福岡で一番アツいのが、
だと言えます。

昨日で終了だったはずの
48時間レンタル料無料キャンペーン
なぜか今月末まで急遽延長されています。



福岡在住の方は
この機会にシェアリングサービスの良さを
体感してみてください。


『そもそもシェアリングサービスってどうなの?』

って方は以下の過去記事をご覧いただければ、
大枠の理解はできるかと思います。


③とにかく出費を抑えられる件。

これはここ数ヶ月の間に
特に実感していることでもあります。

というのも前述した、
  1. スマホだけで生活ができる件。
  2. 所有するものがどんどん少なくなる件。


にもつながる話なのですが、
福岡県は全国的に見ても
  • 新規事業の展開スピードが速い

傾向にあります。

これが何を意味するかと言いますと、
  • 新たにサービスを開始する事業者は、
    利用者ないし顧客を獲得するために
    一定期間のキャンペーンを開催する傾向にある
ので…。
これから先は説明不要な方も
いるでしょうが、そう。

このキャンペーンを
うまく活用することで、

  • 生活する上での出費を
    限りなく抑えることが容易にできる
というわけです。

現時点における
福岡で最もアツい
デリバリーサービスといえば、
最近記事にもした『DiDi Food』。


現在もお得なキャンペーンが開催中なので、
気になる方はぜひチェックしてみてください。


その他にも、
  • UberEats
  • 出前館
  • memu
  • foodpanda
  • Wolt
などの多種多様なデリバリーサービスが
利用できるだけでなく、
定期的にキャンペーンやクーポン配布などが
実施されています。


これらをうまく利用して、
出費を抑えつつ
食事を楽しむのも面白いと思います。

最後に。

今回は、
  • 改めて『福岡住んでてよかったぁ』
    って思える3つのポイント
と題しまして、


上記3つのポイントについて
解説してみました。

これらの魅力って、
実際に福岡に住んでいて、
かつ情報を発信しないと
なかなか伝わらないもの
だと思います。

裏を返せば、
これらの魅力を実体験として発信すれば
  • 福岡がいかに素晴らしい都市
なのかを感じてもらえる
いいきっかけにもなります。

私が思う、
福岡に住むことをおすすめするのは
以下に該当する方だと言えます。


住むかどうかは別として、
  • ミニマリスト
  • キャッシュレス主義者

な方はぜひ一度、
福岡に遊びにきてみてください。


<おすすめ>




エッセンシャル思考 (オーディオブック版)


<お知らせ>Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから
友だち追加してください。 




photo-1520552626357-c2f0f963d4bb

約10日前に当ブログにて、
という記事を書きました。


あの記事を公開してから約10日、
またスタバがやってくれました。

『あのキャッシュレス決済』にも
明日から対応するという情報

入ってきました。

『あのキャッシュレス決済』とは…


そう、日本で最も利用者が多い
です。

前回ご紹介した
に加え、
にも新たに対応したということで、
スタバで現金を使う理由が
また一つ減ることとなりますね。


ただこれらの
キャッシュレス決済だと
  • Starbucks Rewards
を貯めることはできないので、

  • スタバを日常的に利用する方
というよりは、

  • たまーにスタバに行くことがある方
にとっての朗報だと言えます。


そしてこのPayPayについて
前回の記事と重なりますが、
決済をするのにおすすめなのが、
です。


こうすることで、
スマホのロック解除をスキップして
時短で決済を行うことができる
ので
おすすめです。

昨今のスタバは、
といったキャッシュレス決済に
立て続けに対応していることから、
  • d払い
  • メルペイ
といった導入しやすい
キャッシュレス決済に対応することも
期待できます。

私はスタバを卒業している身なので
あまり関係ありませんが、
これをきっかけに
  • 様々な店舗でのキャッシュレス決済導入が活性化してほしいなぁ
と思いました。

もし今後スタバに行く予定のある方は、
ぜひPayPaySuicaで決済してみて下さい!

<おすすめ>



エッセンシャル思考 (オーディオブック版)



<お知らせ>Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、以下のリンクから
友だち追加してください。 


001l

スタバを卒業した私にとっては
朗報ではありませんが、
当ブログの読者の方は
スタバが好きな方が多いようなので
シェアしておきます。

タイトルにある通り、
  • 全国のスタバにて、
    交通系電子マネーが利用できるようになった!
というプレスリリースが
2日前にありました。



今までのスタバは、
全店共通で利用可能な電子マネーは
  • スターバックスカード
  • LINE Pay
この2つだけであり、
  • 交通系電子マネー
  • iD
  • QuickPay
などは一部の店舗だけ利用可能となっていました。

それが今回、
汎用性が最も高いとされる
  • 交通系電子マネー
が利用できるようになったことは
スタバをよく利用する方にとっては
朗報だといえます。

というのも、
  • 交通系電子マネー
は名前の通り、
交通機関の支払いに利用できるだけでなく、
  • 決済スピードが圧倒的に速い
という優位性も兼ね備えているので、
レジでスマホを操作することなく
  • ただかざすだけで決済が完了
するので時短効果が期待できます。

個人的には、
での決済がおすすめです。
はGPS版であっても、
となっているので、
スマホを取り出すのが面倒な方や
スタバに行く時にスマホを
あえて持って行きたくないという
ミニマリストやデジタル断食中の方にも
おすすめの手法でもあります。

もしこの記事をご覧いただいている方の中で、
  • 近いうちにスタバに行く予定がある
  • メインで利用している
    キャッシュレス決済は交通系電子マネー
この2点が当てはまる方は
ぜひ試してみてください。


<おすすめ>



エッセンシャル思考 (オーディオブック版)

<お知らせ>
Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから
友だち追加してください。 


FullSizeRender

本日、
約半年ぶりにGalaxyS20用の
ケースを新調しました。

今回購入したケースがこちら。

FullSizeRender

となります。

この手のケースを買う1つのきっかけに
なった動画があります。

その動画こそ、
私が最近ずっと視聴している
投資家メンタリストSaiさんの
以下の動画となります。



この動画がきっかけになったことは
紛れもない事実ですが、
これ以外に私の中でこのケースを
選んだ理由が3つあります。

その理由は以下の3つとなります。
  • 交通系ICカードを収納したかったから
  • Qi充電/給電を復活させたかったから
  • 所有アイテムに統一感を持たせたかったから
まずこのケースは背面に1箇所
内側に3箇所のカード収納ができる
スペースが用意されています。

FullSizeRender

これだけ収納スペースがあれば、
日常で使用する身分証や健康保険証、
カードなどの主要カード類はすべて
収納・携帯することが可能となります。

何よりこのケースにおける
1番のミソが背面の収納スペース。

IMG_9487

1枚だけ入れられるほどの
絶妙なスペースなので、
交通系ICカードの収納には最適ですね。

MOFT Xをはじめとする
スマホスタンドとGalaxyS20の相性では
解決することができなかった
  • 干渉問題
を突破できるのか、
明日の通勤で確かめたいと思います。

次にQi充電/給電機能に関することです。

私は今までのケースに
スマホスタンドやビバヒーローなどを
装着していたこともあって、
ここ数ヶ月Qi充電/給電を
封印せざるを得ませんでした。

ですがこの
に買い替えたおかげで、


FullSizeRender

Qi充電も、


FullSizeRender

Qi給電も無事に復活することができました。

充電方法の選択肢の幅が広がったことで、
今後のQOLが大いに向上することが
期待できます。

最後は統一感に関する点です。

ここ最近のマイブームの中に
  • 新たに購入するものは
    色を統一化する
というものがありまして、
具体的には
  • 青(紺)
  • 白(銀)
このいずれかの色のものしか
購入しないよう意識しています。

こうすることで
自分が所有しているアイテムに
統一感が生まれるだけでなく、
今後の買い物における選択するための
エネルギーを減らすことができます。

FullSizeRender

今回のアイテムは
統一感をより一層高めるのに
ピッタリなアイテムだったので、
本当に買ってよかったなぁと思いました。

この手のケースの最大の魅力が
なんと言っても安さにあります。

私が購入した
に関しては1350円ですし、
投資家メンタリストSaiさんおすすめの
に関しても平均1300円程度で販売されているので、
誰でも気軽に購入することができます。

このケースさえあれば、
  • 財布いらずで生活できる
  • ワイヤレス充電ができる
だけでなく上記で詳しく
解説し忘れていましたが、

FullSizeRender
  • スマホスタンドが不要になる
という変化を体験することが
可能となります。

気になる方は
ぜひチェックしてみてください。


<おすすめ>



エッセンシャル思考 (オーディオブック版)

<お知らせ>
Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから
友だち追加してください。 


IMG_9446


本日、
嬉しいニュースが飛び込んできました。

兼ねてより明言されていた
  • LINE PayのApple Pay対応
が現実となったのです。


LINE Payがどんな
キャッシュレスサービスなのかを
ご存知でない方は
まずは下記の記事をご覧下さい。


私自身ここ数ヶ月の
ライフスタイルの変化の影響もあって、
  • メルペイ
  • LINE Pay
などを多用する傾向にあったこともあり、
今回の
  • LINE PayのApple Pay対応
は個人的には
嬉しいニュースと言えます。

ということで、
早速設定をしてみました。

設定はLINE Payアプリより、
以下の通り簡単に進めることが
可能です。

IMG_9448
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
とても簡単でした。

この設定を済ませておくだけで、
今後のLINE Payでの決済を
アプリを起動することなく
スピーディーに行うことが
可能となります。

FullSizeRender


ただ注意点が2点ほどあります。

1つは設定可能なデバイス数に関すること。

上記の画像からお分かり
いただけるかと思いますが、
Apple PayにおけるLINE Payは
  • iD
を使ったものとなります。

しかもiDの中でも特殊な
  • プリペイド式のiD
となることから
設定できるデバイス数が
1つだけとなってしまいます。

複数台のデバイスに設定でき、
シームレスな決済ができる
iD対応のクレジットカードと比べると
この点はマイナスとなってしまいます。

ですが、私のように
  • プリペイド式のiDは
    Apple Watch側のApple Payで
    一元管理している
ということであれば
全く気にしなくて大丈夫です。

IMG_9445

何よりサイドボタンの
ダブルクリックで
認証をスキップして起動できる点も考慮すると、
  • Apple Watchユーザーで、
    Apple PayでLINE Payを利用したい
という方はApple Watch側と
紐付けることを強くおすすめします。

もう1つの点とはずばり、
  • 現時点でのお得度が低い
ということです。

なぜお得度が低いといえるのか、
その根拠となる情報は
こちらのページ下部にある
FAQよりご確認いただけます。


スクリーンショット 2020-12-22 164328

このFAQの内容を要約すると、
  • Apple Pay経由でLINE Payを利用しても
    ポイントは付与されない

  • LINE Payクレカの場合は
    一部を除き付与されるが、
    2021年5月1日以降は付与されない

  • 現時点では決済時に、
    LINEポイントおよびクーポン等は
    利用できない
となります。

このことから
対応したものの、
今すぐメインの決済方法に
する必要は全くないと言えます。

現時点で無理やり理由付けをするなら、
  • LINE PayのQRコード決済に非対応だが、
    iDなら対応している店舗で
    LINE Payでの決済ができる
ぐらいしか優位性はありません。

ポイント付与は
期待できませんが、
  • LINEポイントおよびクーポン等は
    利用できない
点に関しては今後対応予定はあるようなので
期待して待ちましょう。

後半は若干批判気味と
なってしまいましたが、
  • 決済手段の可能性が広がった
という点で考えると嬉しいニュースで
あることには間違いありません。

これをきっかけに、
よりキャッシュレス決済の利用者が増え、
市場が盛り上がってくれることを
期待したいと思います。

<おすすめ>





エッセンシャル思考 (オーディオブック版)

<お知らせ>
Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから
友だち追加してください。 





20201220_082359

最近、
一気に寒くなってきましたね。

私自身、
衣類に関しては
防寒対策仕様にしてきましたが、
ふと有ることに気がつきました。
  • あっ、手袋がない…

どおりで手の乾燥が激しいわけです。


ということで買ってきたのが、
無印良品の
というわけです。


この手袋のベネフィットは以下の3つ。
  • 撥水仕様
  • 防風仕様
  • タッチパネルに対応
20201220_082502


ちなみにタッチパネルに
対応しているのは
  • 親指
  • 人差し指
  • 中指

となっています。


ですが最も
注目していただきたいのが、
  • 防風仕様
という点です。


そしてこの仕様の秘密が
内側に隠されています。

20201220_082449


わかりづらいでしょうが、
実はこの手袋には
  • 防風シート
なるものが搭載されているので、
極暖とは程遠いものの、
素手でいるよりは暖かく、
かつ冷気を遮断しながら
スタイリッシュさを演出できます。

無印良品にあった他の手袋とは
一線を画すデザインと
機能性に心打たれ即決で購入しました。

そしてこの

を購入する際になんと、
以前ブログにて取り上げた
を試すことができました。

試してみた感想は

これに尽きます。

同じアプリの中での切り替えなので
最小限の指の動きで
  • ポイントカード提示
  • 決済

を完了させることができます。

さらに決済完了後に
きちんと確認メールが
送られてくるので管理も容易に出来ます。

IMG_9414


ただ唯一残念な点があることも
判明しました。

それは
  • マルチデバイス非対応

という点です。


Screenshot_20201219-214715_passport


  • ポイントカード提示
  • 購入履歴
  • オンラインショップの利用
これらに関しては
マルチデバイス対応しているのに、

だけは1つのデバイスにしか

対応していません。

これはセキュリティ的な
観点からの仕様だと思うので、
マルチデバイスに対応するのは
期待できません。

もし私のように
マルチデバイスで運用している方は
  • メインのスマホ
  • もしくは生体認証が最も早く済むスマホ
このいずれかに

を設定しておくことをおすすめします。


今回の購入でやっと1つ目の
の対応店舗を見つけることができました。

これからも自分の生活圏内にある
無印良品を巡りに巡って、
買い物とともに対応店舗のリストアップを
楽しみたいと思います。

<おすすめ>




エッセンシャル思考 (オーディオブック版)


<お知らせ>Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから
友だち追加してください。 




photo-1571867424488-4565932edb41

突然ですが質問です。
  • 皆さんは無印良品で決済する際に、どの決済手段を選択していますか?

大半の方が
  • 現金
  • クレジットカード

のどちらかだと思います。

それもそのはず、
無印良品は全店共通で
  • 現金
  • クレジットカード

いずれかでの決済手段にしか対応しておらず、
私が住んでいる福岡でも、
  • Felica決済(クイックペイ除く)
  • QRコード決済

といったキャッシュレス決済に
対応した店舗は1店舗しかありません。

私が日常的に利用する店舗は
このキャッシュレス決済に対応した
唯一の店舗なので問題ないようにも
見えるかも知れません。

しかし、
当ブログにおいても
何度か紹介している

をメインカードとしており、
かつ日頃カード類を
一切持ち歩かず、

で利用している私にとって、
  • 無印良品のためだけに、Kyash Cardを持ち歩くのは面倒だなぁ…

とずーっと思っていました。

  • MOFT Xに入れればよくね?

って意見も聞こえてきそうですが、
通勤のためのICカードと
磁気防止シートを入れているため、
できるだけ出し入れをしたくないんです。
(ただ我儘なだけ)

そんな中つい最近のアップデートで、
無印良品のアプリ
  • 『MUJI Passport』

に私が待ち望んでいた機能が
ついに追加されました。

その機能がこちら。

IMG_9409
  • MUJI passport Pay
という、名称からお分かりでしょうが
決済機能が追加されているのです。

  • QRコード方式

ではなく、
  • バーコード方式

となるため、
  • POSレジ側でシステム対応が済んでいる無印良品の店舗

のみが使えるのが最低条件だと
推測できます。

そしてこの
  • MUJI passport Pay

はクレジットカードとの紐付けによって
設定する決済手段となっているのです。

つまり、

という理想を現実化することが
可能となるのです。

残念ながら、
私が利用している店舗では
  • MUJI passport Pay

は対応していないものの、
今後対応する可能性は十二分に
あると思います。
  • 全店でのMUJI passport Pay対応

とともに、
未だにキャッシュレス決済を
導入していない他の小売店や店舗でも、
同様の機能が広まるといいですね。

<おすすめ>




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

iPhone12 マグセーフ MOFT スタンド mag safe iPhone pro mini
価格:3180円(税込、送料無料) (2020/12/16時点)





エッセンシャル思考 (オーディオブック版)


<お知らせ>Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから
友だち追加してください。 






IMG_8856

突然ですが、
皆さんはパン屋に行くことはありますか?

私もたまーに
行くことがあるのですが、
行くお店はある程度限定しています。

その中でも最も
利用するパン屋が…

IMG_8857

このトランドールというお店なんです。


このお店、
九州・山口の駅やショッピングセンターで
展開されているので、
  • 九州・山口在住者
  • JR九州利用者

いずれかに該当する方は
見たことがあるのではないでしょうか。

アクセスが抜群にいいだけでなく、
安くおいしいパンを提供している
私が大好きなパン屋さんな訳ですが、
このお店が最近『アレ』に
対応していたことを最近知りました。

それがタイトルにある、
  • モバイルオーダー

というサービスです。

10月28日より提供開始となっていた
サービスらしいのですが、
私は11月になって
店舗の前を通り過ぎた際に見つけた
この貼り紙で知りました。

IMG_8845

『モバイルオーダー』とは、
  • 事前にスマホにて商品の注文・決済を済ませておくことで、店舗を訪れた際は商品を受け取るだけでいい

という時短意識が高いだけでなく、
密を避けるためのコロナ対策として
有効となるサービスだと言えます。

今回、
実際に初めてパンを
スマホだけで注文・決済してみたので、
簡単にフローを紹介します。

①受取希望の店舗のQRコードを
 下記リンク先のページより読み取る。
 ※受取希望店舗にも掲載されています。
②メールアドレスを入力し、

 確認メールを送信する。
IMG_8831

③メールに記載されている
 認証コードを送信する。
IMG_8832
④店舗名が間違っていないか確認の上、
 『注文開始』をタップ。
IMG_8833

⑤注文したい商品および個数を選択、
 金額を確認の上、『確定』をタップ。
IMG_8846

⑥テイクアウト日時を選択する。
 ※最短での受取希望であれば、
 『即時テイクアウト』を選択。
 その後、個人情報を入力する。
IMG_8836

⑦支払い方法を選択し、
 画面に従って決済する。
IMG_8837
IMG_8838
IMG_8839
IMG_8840

⑧決済完了後は、
 『私の注文』をタップし、
 注文ステータスが『受取待ち』に
 なるのを待つ。
IMG_8841
IMG_8842
IMG_8843

⑨『受取待ち』になったのを
 確認した上で店舗のレジを訪れる。
IMG_8844

試してみた感想は、
  • パンを選ぶ時間が短く済むので楽!
  • キャッシュレス利用者なら決済も楽!
  • パンを紙袋に入れてくれた状態で渡してくれるので、持ち帰りが楽!
  • パン屋での人と接する時間が最小限で済むのは嬉しい!

といった具合に
ポジティブな印象を抱く場面が
多くありました。

逆に、ネガティブな印象として
  • 注文の度にメール認証しないといけない
  • アプリではなく、ブラウザ経由のみ
  • 注文できるパンの種類が限られている
  • スタッフが把握していない場合は、逆に時間をロスしてしまう

などが挙げられます。

まぁ、
まだ始まったばかりの
このサービス。

これらのネガティブな点の改善は
今後に期待したいと思います。

私は今回を機に、
  • 他の店舗で実施しているモバイルオーダー

も試してみたいと思いました。

皆さんも
  • 時短手段
  • 密を避けるコロナ対策

これらを目的として、
ぜひ『モバイルオーダー』を
試してみて下さい。

<おすすめ>



エッセンシャル思考 (オーディオブック版)


<お知らせ>Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから
友だち追加してください。 




gyu-don_20005

大手牛丼チェーン店
『吉野家』が
ついにauPAYに本日より
対応します。

これに連動して、
本日から25日まで
20%還元のキャンペーンが
開催されます。


※条件等は上記リンク先参照

今月はすき家でもキャンペーンが
開催
されていますし、
この2つのキャンペーンを
組み合わせれば、
牛丼がお得に食べられる
月にすることが可能です。

  • 衛生上よろしくない
  • 還元もない
  • レジの負担も大きい
こんなデメリットしかない現金で
牛丼を食べる時代は
もう終わりです。

もしこれから牛丼を食べるなら、
キャッシュレス一択にしましょう。

P.S.

私はこのキャンペーンを使って、
瞬時氏に教えてもらった
『アボチー牛丼』を
お得に食べてきたいと思います。



<おすすめ>



エッセンシャル思考 (オーディオブック版)

<お知らせ>
Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから
友だち追加してください。 



photo-1550935268-e9e4bdc7c972

Apple Payに第2の交通系ICカード

『PASMO』が

ついにやってきました。




Suicaと同様で、

  • 全国相互利用対象の鉄道やバス

  • コンビニやレストラン等、交通系ICカードでの支払いに対応している店舗



などで利用ができるだけでなく、

首都圏の私鉄や地下鉄、バス会社が

中心となって発行されているだけに、


  1. 首都圏の私鉄の定期券の購入・利用

  2. 対応した私鉄系クレカを 設定することでのオートチャージ機能の利用 ※PASMOエリア、首都圏・仙台・新潟の各Suicaエリアのみ



上記2点が可能となっているので、

住んでいる地域や利用用途によっては

今まで以上の利便性を

手に入れることができるといえます。


現在、

モバイルPASMOに対応しているのは、

  • iPhone

  • AppleWatch

  • Androidスマホ


だけとなっており、

以前紹介したGarminや

WearOSのスマートウォッチは

まだ対応していません。


より一人でも多くの人のライフスタイルに

溶け込むためには、

  • AppleWatch以外のスマートウォッチの 交通系ICサービスへの対応


だけでなく、

  • 他の地域で提供されている 交通系IC(福岡で言うならSUGOCA) のモバイル版の提供開始


といった大きな課題が2つほど

まだ残っています。


時間がかかってもいいので、

  • 全国にあるすべての交通系ICが
    スマホやスマートウォッチで 利用できる


そんな時代がいつか来てほしいですね。
<おすすめ>




エッセンシャル思考 (オーディオブック版)


<お知らせ>
Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから
友だち追加してください。 





↑このページのトップヘ