The Essentialism

ガジェットや心理学を駆使し、 人生を「より少なく、しかしより良く」 するためのノウハウを発信中。

ガジェットや心理学を駆使し、 人生を「より少なく、しかしより良く」 するためのノウハウを発信中。

タグ:サブスクリプション

photo-1521939094609-93aba1af40d7

DaiGo弟子なら
お馴染みのアプリ
「ぬこみこ動画」。

20200612_082451


この「ぬこみこ動画」の
Android版に待望の機能が
追加されていました。

待望の機能とはこちら!

2020年6月13日 92106 JST

サブスクリプションの
クロスプラットフォーム

です!

この文言だけ見ても
「?」ってなる方が多いと思うので
補足説明すると、
今までは

iPhoneで「ぬこみこ動画」の
サブスクリプションを
AppleStore経由で登録
Androidでも同様の機能を
利用するためには、
別途Playストア経由で登録

といった具合に、
両端末でフル機能を
使用するためには
二重課金が必要だったわけです。

それが今回の機能が追加されたことで、

AppleStore経由で登録済
Android版にて
「購入を復元」を押すことで
登録情報が引き継げるので、
二重に課金する必要がなくなった

というわけです。

2020年6月13日 92325 JST

私はこの機能がなかった故に
Androidスマホでの
「ぬこみこ動画」は避け、
YouTubeの方で動画を
視聴していましたが、
また一つYouTubeを利用する
理由が減りました。

iOS/Androidのデバイスを
併用しているDaiGo弟子は
ぜひチェックしてみて下さい。

<おすすめ>



<お知らせ>
Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから

友だち追加してください。 


gpm_logo

今回の記事は、
このブログの読者の方々は
使用していないであろう
Google Play Musicを
利用している数少ない
ユーザーの方に向けたものです。

Google Play Musicを
お使いの方々、
このニュースをご存知でしょうか?

タイトル通り、
Google Play Musicが
年内にサービス終了となってしまうのです。

そしてこれに伴い、
Google Play Musicユーザーが
やるべきことが
1つだけあります。

それは、
  • Google Play MusicのデータをYouTube Musicへ移行すること
です。

というのも、
今後はYouTube Musicが
Google Play Musicを
引き継ぐ形となるため、
Google Play Musicの…
  • プレイリストとステーション
  • アップロードした曲と購入した曲
  • ライブラリ内のアルバムと曲
これらが引き継げるだけでも、
移行への負担を
激減させることができます。

しかし、
上記アナウンスされたばかりの際は
まだ移行ツールが
表示されていませんでした。

が、本日確認したところ
移行ツールが表示されていましたので
実際に試してみました。

今回はスマホ版のアプリで
行ってみました。

Google Play Musicアプリを
 起動後、アカウントアイコンをタップ。
20200609_133402
②「設定」をタップ。
20200609_133350
③下の方にある、
 「Google Play Musicからの移行」
 をタップ。

20200609_133337
④「移行を開始」をタップ。
20200609_133330
⑤メールが来たら移行終了。
たった5つのステップだけで
完了するのは有り難いですね。

ちなみに進行状況の
確認も可能です。

①「ライブラリ移行の進行状況を確認する」
をタップ。

20200609_133320
②チェックマークの数=処理完了を意味する。
20200609_133238
ちなみに、
私は約9000曲以上を
アップロードしているだけでなく...

Skitch から

現在混み合っていることもあり、
約9時間経過した未だに
処理が完了していません。

Screenshot_20200609-201159_YouTube Music

私のように、
大量の曲をアップロードしている方は
早めに移行処理をしておくことを
強くおすすめします。

<おすすめ>


<お知らせ>
Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから

友だち追加してください。 


IMG_4570

今更ながらではありますが、
この10月より
ぬこみこ動画」アプリの
サブスクリプションに登録し
かなりヘビーに使っている日々を
過ごしている今日この頃。

IMG_4571

このタイミングになった理由として
ここ1ヶ月前のアップデートにより
  • DL対応&オフライン再生
  • 音声のみの再生
  • レジューム再生
といった欲しかった機能が
すべて実装されたことが
1番大きいものとなります。

実際に毎日隙間時間が
あれば起動する習慣が
完全についています。

FullSizeRender

「とりまKindle」ならぬ、
「とりまぬこみこ」という訳です。

この「ぬこみこ動画」アプリを
使用し始めて明らかに変わった
ことがあります。

それは「師匠のコンテンツ」に
増える機会が圧倒的に増えたことです。

私はかれこれ4年来の
入門者なわけですが、
正直コンテンツの視聴量は
他の弟子の方々に比べると
明らかに少ない傾向にありました。

その要因として、
  • 検索しづらい
  • ノイズが多すぎる
  • プレミアム会員にならないと倍速や音声のみの再生に対応しない
  • そもそも内容に対して課金料が高い
などといった
「ニコニコ動画」アプリに対する
たくさんの不満があったわけです。

それをすべて解消してくれたのが
この「ぬこみこ動画」アプリなわけです。

特にこのアプリを使用するシーンが
仕事の通勤時。

事前に家のWi-FiでDLしておき、
通勤時にイヤホン装着の上
オーディオブックアプリとして
使用することで
  • 歩行時にもインプットできる
  • 常に×2の倍速で再生することでインプットの時短が可能
  • パケット通信料の節約が可能
  • オーディオブックアプリと違いコンテンツ量が多いため飽きることがない
といった今までにないメリットを
享受できています。

逆に使ってて感じたのは、
使用する際の
ヘッドホンやイヤホン選びには
注意が必要だなっと思った点。

FullSizeRender

師匠の動画は、
使用する環境が常に変動があることから
音声のボリュームもコンテンツによって
かなり差があることがあります。

そのため、
通常のイヤホンだと、
外音がうるさい環境だと
音量をかなり大きめにしないと
聴こえないといった状況に
なることが私の場合は多々あります。

そういった意味では、
聴力への配慮するべく
ぬこみこ動画」アプリは
ノイズキャンセリング機能を
搭載したイヤホンやアプリとの
併用を強くおすすめします。

FullSizeRender

私の場合、
現状はノイズキャンセリング機能を
搭載しているものは
ヘッドホンしか持っていないので、
本格的にイヤホンを購入しようか
検討中です。

これから
ぬこみこ動画」アプリを
使用しようか、課金しようか
悩んでいる人は
この記事をぜひ参考にしてください。

<おすすめガジェット>





    IMG_3884


    今更かつ大した報告ではありませんが、
    実は8月末でこのブログでも
    超おすすめしていた
    「YouTube Premium」を
    解約していました。

    あんなにおすすめしていたのに
    何故解約したのか?と
    疑問視される方もいると思います。

    主な理由は以下の3つ。
    1. 元を取らない、損をしたくないという意識(サンクコスト効果)が働いた結果、無駄にYoutubeを開く時間が増えてしまった
    2. 聴けない音楽はほぼなくなったが、それ以前に新しい曲よりも自分の好きな古い曲のデータを持っているため新しい音楽を聴く必要がないことに気付いた
    3. 1100円のコストで得られるメリットは娯楽コンテンツの最大化だけであり、学習向けコンテンツが少ないため、自己成長を目的とする私にはコスパの悪さが際立ってしまった
    その代わりに9月より
    加入したのが「ぬこみこ動画」の
    サブスクリプションです。

    先日のアップデートのおかげで、
    師匠の動画コンテンツを格安で
    • 広告なし
    • 最大2倍速
    • バックグラウンド再生
    • ダウンロード&オフライン再生
    といった具合に楽しむことができるわけです。

    いやー、アップデートを待ってて
    本当によかった。

    今回のように
    サブスクリプションサービスの
    1番のメリットは
    いつでも契約/解約が
    できる点にあります。

    これからも様々な
    サブスクリプションサービスの
    契約・検証・比較を行っていき、
    自分にとって最高のサービスを
    見つけていきたいです。

    <おすすめ書籍>

    ↑このページのトップヘ