The Essentialism

ガジェットや心理学を駆使し、 人生を「より少なく、しかしより良く」 するためのノウハウを発信中。

ガジェットや心理学を駆使し、 人生を「より少なく、しかしより良く」 するためのノウハウを発信中。

タグ:ストレス対策

girl-1848477_1280

この記事を御覧頂いている方のほとんどが、
私のTwitterから来ているかと思います。

それぐらい現代におけるTwitter使用率も
高いわけです。

それと相関的に向上してくるのが
Twitterをする上でのストレス要因。

今回はストレス要因の上位に挙げられる、
連投リツイートへの対策法をご紹介
します。

リツイート起因のストレスとは

リツイートとは拡散の事を指し、
一般的には有用な情報もしくは緊急性のある情報を
広めるために使われる機能
です。

が、
Twitterでフォロー数が増えてくると
必ずと言っていいほど、
連投リツイートをするユーザーが
タイムライン上に数人出てきます。


たまーにだったらいいのですが、
短期的かつ定期的に連投リツイートをされると、
自分がフォローしているユーザーの有用なツイートが
埋もれてしまうため若干の迷惑を被るのも事実。


ただ、アドラー心理学でも言われているように、
人の行動を変えたり決めたりすることはできません。

だったら、自分からその対策を講じ、
誰も嫌な思いをしないようにしようではないか?
と思ったのが今回この記事を書こうと思ったきっかけ
です。

連投リツイートへの対策法3選

では、具体的な対策法を3つご紹介します。
  1. リスト機能の活用
    これは公式アプリ・サードパーティ製アプリ問わず基本搭載されている機能。
    自分が優先してみたいユーザーを複数人単位でまとめて選択することで
    タイムラインとはまた別のタイムラインを作ることができる。

    連投リツイートするユーザーを敢えて外してリストを作るだけで
    ストレスを感じることがなくなる。

  2. 公式リツイートのミュート機能の活用
    これは公式アプリおよびスマホ版の
    サードパーティ製アプリにのみ搭載されている機能。
    特定のユーザーの公式リツイートのみをミュート(非表示)できるため、
    手間が少なくかつリツイートしているユーザーのツイートは
    きちんと確認できるため1番平和的な対応法でもある。

    ただし、有用なリツイートをする人で設定しないよう
    注意が必要。

  3. そもそもTwitterのタイムラインを見ない
    これが1番いい方法かも。
    というのも、SNSにおける1番良くない使い方が
    ROM専(閲覧が主)になることだから。
    情報発信のためにTwitterをやるのが1番生産的だからこそ、
    予約投稿や投稿しかできないアプリを敢えて使うなどして
    タイムラインを見なくてもいい環境にするのもあり。
最後に

私のように、
情報発信メインのTwitterを始めてまもなく、
フォロワーを増やそうと頑張っている人には
このストレスは避けては通れないのでは
ないでしょうか?

ただ、このストレスを乗り越えた先に
フォロワーが増えるという結果が待っている

私は信じています。

現代にはいろんな人がいます。
同時にたくさんのサービスがあります。

他人は他人と割り切り、自分の思考を変えるよう努力し、
使えるものはすべて使って、前に進みましょう。

hand-1832921_1280

スマホユーザーの大半の人が
使用しているアプリ「LINE」。

元々は個人間での
コミュニケーションツールとして
普及したわけですが、
このLINEをビジネスで使用することを
強要してくる無能な上司がいるのが
現実としてあるかと思います。

そのせいで、
  • 休みの日に関係なく連絡が来る
  • 既読スルーがしにくい(すると後から文句が来る) 
  • グループLINEの場合の通知がうざい
などといった問題も発生しやすいので、
それによるストレスに悩んでいる方も
結構いらっしゃるのではないでしょうか?

そういった方にオススメなのが、
「LINE WORKS」というアプリ。

LINE WORKSとは、簡単に言うと
  1. LINEとは別のアカウントで運用できる
  2. LINEアカウントとのトークが可能
  3. クラウドベースでのデータ管理&マルチデバイス対応のため、
    基本データのバックアップ等は不要&複数の端末からログインできる

上記の3つが特徴のチャットアプリです。

今までの通常のLINEではなく、
LINE WORKSでアカウントを作成し、
今後はそのアカウントでやりとりをしましょう。

そうすることで、
以下の5つのメリットを得ることができます。


①部署やチームでグループを作っておけば、
周知がしやすい&投稿予約も可能なので
周知のし忘れや漏れを防げる
IMG_2374
グループでの共有カレンダーが使用可能。
予定作成だけでなく、チーム内の
特定のメンバーのスケジュールの空きの
確認も容易となる。
IMG_2377
アンケートの作成&確認が可能。
スクショのようなテンプレートが
用意されているので気軽に利用でき、
無駄なやりとりの回数を減らせる。
IMG_2378
不在設定が可能。
不在期間は自分の公休日、
不在理由を休暇に設定しておけば
トークを返さなかった場合の
言い訳がしやすい。
IMG_2379
自動応答メッセージが設定可能。
自分が設定した時間帯に、
通常のLINEアカウントを使って
トークをしてきた人に
事前に設定しておいた定型文を使って
自動応答してくれる。
私は完全にオンオフを切り分けたいので、
スクショ通りの定型文を設定しているため
上司や同僚も何も言わない。
IMG_2380
IMG_2381

これら5つだけでも、
通常のLINEにはないメリットを
感じてもらえるのではないでしょうか?

ビジネスシーンでのストレスと負担を最小限に、
成果を最大化するためには必須アプリ
かと思います。

ぜひ参考にしてみてください。


<おすすめ>



エッセンシャル思考 (オーディオブック版)


<お知らせ>
Essentialist Yuの
LINE公式アカウントがリニューアルしました! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから
友だち追加してください。 




industry-3087393_1280

ストレス解消法だけではなく、
ストレス対策法も知りたいと思いませんか?

今回は、そんなあなたを
ストレスから守ってくれるアイテム、
「コーピング・レパートリー」をご紹介します。

「コーピング・レパートリー」とは
お気に入りのストレス解消法を事前にリストアップしたもの
です。
つまり、自分だけのストレス解消法リストってことですね。

この「コーピング・レパートリー」を作成する上でいくつか
押さえておきたいポイントがいくつかあります。
  1. リストアップの方法は紙に書き出すのも、スマホのメモアプリに書き出すも良し。
  2. 思いつくままに書き出していく。
  3. 最低でも100以上を目安に書き出す。
  4. できるだけ長く使えて低コストなものを探す。
これらを押さえるだけで良いので、
誰でも簡単に作ることができるかと思います。

この「コーピング・レパートリー」の効果について
パレオさんの著書では、
この手法が素晴らしいのは、ストレス解消法をリストアップしただけでも
大きな癒やし効果が得られるところ
でしょう。
多くの実験により、「コーピング・レパートリー」を作った人は、
その直後からイライラや不安に強くなる傾向が確認
されています。
と紹介されています。

私もこのことを知ってから、
現在もコーピング・レパートリーを探している最中です。

私の場合、
iThoughts(マインドマップアプリ)
新たに見つけたストレス解消法をひたすらメモ。
スクリーンショット (10)
MindNode(マインドマップアプリ)にコピーして、
AppleWatchで常に携帯・確認できる状態にしておく。
FullSizeRender
IMG_2325

といった感じで活用しています。

まだまだ100まで先が長い。。。


<参考文献・おすすめアプリ>



iThoughts

MindNode

↑このページのトップヘ