The Essentialism

ガジェットや心理学を駆使し、 人生を「より少なく、しかしより良く」 するためのノウハウを発信中。

ガジェットや心理学を駆使し、 人生を「より少なく、しかしより良く」 するためのノウハウを発信中。

タグ:ビデオチャット

photo-1588196749597-9ff075ee6b5b

最近、わたしの中で
注目度が高い
ビデオチャットサービスが
たった一つだけあります。

それがこれ。
Google Meetです。

文字通り、Googleが
提供しているサービスです。

このGoogle Meetが、
最近ネットニュースに
取り上げられることが
多くなってきているのです。

その要因として、
以下の2点が挙げられます。

①ノイズキャンセリング機能を標準搭載

②有料だったのが、今後無料になる


特に、

①ノイズキャンセリング機能を標準搭載


に関しては、

「ノイズキャンセリングイヤホンなどの
デバイスを双方が持っていなくても、
快適なコミュニケーションが
できるレベルであれば…!」

なんて淡い期待をしています、
個人的に。

特にGoogleアカウントさえあれば
誰でも利用できるようなので、
ビジネスシーンでの活躍も期待できます。

今後のビデオチャット業界に期待です。

<おすすめ>











Apple AirPods Pro
Apple(アップル)
2019-10-30













<お知らせ>
Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから

友だち追加してください。 


photo-1586980368323-8ce5db4c85ce

コロナをきっかけとした、
テレワーク(在宅ワーク)の普及とともに、
ビデオチャットサービス(アプリ)を
利用する人も増えています。

私も数日前に皆さんが使っている
ビデオチャットサービス(アプリ)について
統計を取ったことがあります。

その時の結果がこちら。
ビデオチャットサービスの
代表格とされてきた
  • Skype
  • Cisco
などは意外と数が少ないのに比べ、
  • LINE
  • Zoom
などのスマホアプリからの利用、
  • Microsoft Teams
  • FaceTime
などのPCのOSに最適化された
サービスの利用が多い模様。

私がこれらのサービスの中で
今後も利用しようと思っているのが、
①LINE
②Zoom
③Skype
上記の3サービスです。

理由としては、
各サービスが
以下のような機能を
搭載しているからです。

①LINE
②Zoom
③Skype
新たなビジネスモデルの構想も
出来そうですね。

私もメインの仕事だけでなく、
副業においても、
ビデオチャットサービスを
積極的に利用していこうと思います。

<おすすめ>


<お知らせ>
Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから

友だち追加してください。 




↑このページのトップヘ