The Essentialism

ガジェットや心理学を駆使し、 人生を「より少なく、しかしより良く」 するためのノウハウを発信中。

ガジェットや心理学を駆使し、 人生を「より少なく、しかしより良く」 するためのノウハウを発信中。

タグ:ファッション

20201209_183259

私がここ最近、
最も買ってよかった
アイテムがあります。

そのアイテムとは
上記のサムネイルにある
ユニクロのアウターである
ハイブリッドダウンコート』の
事を指しています。

このアイテム、
あのMBさんやマコなり社長なども
おすすめしている人気商品でもあります。私自身もこのアイテムについての
レビュー記事はアメブロにて
掲載しているので、
気になる方はぜひ一読して
いただければと思います。


そしてこのアイテムが
で通常価格の9900円からなんと

5990円と約40%もの値下げが
なされており、
本日(1/11)がこの価格で購入できる
最後のチャンスとなっております。

先日のアメブロ記事でも述べた事ですが、
私はこのアイテムのおかげで
数日前までの大雪にも難なく
耐えることが出来ています。

これから寒い時期が続く上で
このアイテムをゲットしておくことは
QOLの向上に直結すると思います。

男性用だけでなく、
女性用もおトクにゲットできるので、
気になる方はぜひチェックしてみてください。


P.S.
1/12時点でもまだ値下げされたままですね。

これはもしかしたら1/14までなのかも
知れないですし、このまま値下げが
続くのかも知れません。

購入し忘れていた方は
ぜひチェックしてみてください。
<おすすめ>



エッセンシャル思考 (オーディオブック版)



<お知らせ>Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから
友だち追加してください。 



photo-1569117382952-fe90af4e08d5

本日、インナーの総買い替えを
実施するべく近くのユニクロに行きました。

いつもの店舗の、
いつもの場所に陳列してある、
いつもの「エアリズム」を手に、
レジに向かう途中.....

視界にこんなものが入ってきました。

20200624_190054

一見通常の「エアリズム」ですが、
よ~く見ると....

2020年6月24日 190757 JST

「エアリズム」の後に「コットン」
というワードが付いているのです。

この商品についての紹介ページがこちら。



私はこんな商品があったことを
本日初めて知りましたが、
あのMBさんもおすすめしていることも
知ったので一気に興味が湧きました。



簡潔にまとめると
「エアリズムコットン」とは、
  • 表面がコットン素材なので、
    エアリズムTシャツと違い、
    光沢がなくシルエットが目立たない
    ⇒見た目は一般的なTシャツそのもの

  • 裏面がエアリズム素材なので、
    一般的なTシャツと違い、
    ①蒸れや汗のベタつき、
     汗の匂いを軽減してくれる
    ②生地が肌に貼り付く不快感なし
    ⇒高温多湿な今シーズンにはピッタリ
上記の通り、
双方のいいとこどりをした
新しいインナーと言えます。

私はかれこれ数年、
夏は「エアリズム」を使用していましたが、
どうしても好きになれなかった点が
2つだけありました。

その2つとは以下のことを指します。
  1. ボディラインが強調されること
  2. 生地が薄くて肌が透けてみえること
この長年好きになれなかった部分を、

『今回見つけた「エアリズムコットン」が
補ってくれるのでは?』

という小さな希望を込め、
実際に買ってみました。

実際に来てみた感覚としては、
  • エアリズムよりも重量感がある

  • エアリズムよりも
    表面生地のおかけで
    ボディラインの強調がなく、
    肌が透ける恐怖もない

  • 一般的なTシャツよりも
    軽量感がある

  • 一般的なTシャツよりも
    熱がこもりにくく、
    着心地がいい
といった具合に、
まさに双方のメリットを
兼ね備えた商品だと言えます。

今後の高温多湿な夏に備えるべく、
インナーの買い替えをおすすめします。

P.S
今回は検証のために
2着しか購入しませんでしたが、
予想以上によかったので
買い増しを検討中です。笑

<おすすめ>

エアリズムコットンクルーネックT(半袖)


エアリズムコットンオーバーサイズTシャツ(5分袖)





<お知らせ>
Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから
友だち追加してください。 


↑このページのトップヘ