The Essentialism

ガジェットや心理学を駆使し、 人生を「より少なく、しかしより良く」 するためのノウハウを発信中。

ガジェットや心理学を駆使し、 人生を「より少なく、しかしより良く」 するためのノウハウを発信中。

タグ:ミニマリストしぶ

IMG_3847

スマホ2台持ちを卒業した私ですが、
今までプライベート用と仕事用の
スマホの中身は別物だったわけです。

「それが1台になった
=スマホの中身を今一度
整理整頓しなければならない」

というのに今更ながら気付いたので、
早速スマホの中身を
整理整頓してみました。


参考にしたのは堀口さんのこの動画。

そして私のスマホの中身が
こちらとなります。

IMG_3848
  • 集中力を最大化させたい
  • 統一感を持たせたい
  • おしゃれにありたい
と思ったことから、
本棚の壁紙をチョイスし、
目的ごとにページを分けました。

〜1ページ目〜
FullSizeRender
  • 一番よく使うインプット系アプリ
  • 毎日の習慣で絶対使用するアプリ
  • 学習系アプリ(学習意欲を高める意味有)
〜2ページ目〜
FullSizeRender

  • iPhoneの設定アプリ
  • 家電コントロールアプリ
  • Apple Watchの設定アプリ
  • ヘッドホンの設定アプリ
〜3ページ目〜
FullSizeRender
  • メモアプリ
  • テキストエディタ
  • アジェンダ作成アプリ(OneNote/Paper)
〜4ページ目〜
FullSizeRender
  • 各種ジャンル別にフォルダ分け
  • 使用頻度および重要度が高いものが一番下の列となる(使用頻度および重要度が低いものが一番上)
  • 依存度の高いアプリに関しては敢えてフォルダの2ページ目以降に移動し、アプリを起動する手間を増やしている(起動までのハードルが高い=めんどくさくて使わなくなる)

この現状はあくまで未完成です。
より良いパフォーマンスや
ユーザビリティを求め、
日々試行錯誤していきます。

<おすすめ書籍>
人生を思い通りに操る 片づけの心理法則
メンタリストDaiGo
2017-11-22






battery-1049665_1280

かなり前に、
ミニマリストしぶさんが愛用している
iWalkについてご紹介しました。

あの後も使用していましたが、
ここ最近は使用頻度がかなり少なくなりました。

その原因として、
  • MFiの認証が取れていないため、
    充電がうまくできないことがごくまれにある。
  • 重さの割にはiPhone8を約1回しか充電できないため、
    メインのiPhoneXSを満充電できない。
  • 出力が1.5Aなので、PDに慣れている私にとって劇的に遅い。
  • iWalk自体も1.5Aなので満充電されるまでに時間がかかる。
といった感じにかなり不満が募ったわけです。

そこで代用品を探していた結果、
すべての不満を解消してくれるモバイルバッテリーに
出会ったのでご紹介したいと思います。

それがこちら。

FullSizeRender

Novoo社のPowerCube 5000mAhです。

商品名通り5000mAhあるので、
iPhoneXSを約一回満充電できる容量の商品です。

この商品を選んだ一番の理由がこちら。

FullSizeRender

PD対応のUSB-C端子があり、
かつ入出力ともにできるからです。

FullSizeRender
※通常は5Vなのが
8.74Vになっているため、
PDで充電されていることがわかる。

ただし、最大値に若干差があり、
  • 入力=12W
  • 出力=18W
となっていますが、
自宅にはPD対応の充電環境はあるので全く問題がありません。

仮に帰宅時に空だったとしても、
PD対応の充電器を使えば数時間で満充電にできるので。

次にこの反対の側面はこのようになっています。


FullSizeRender

一般的なモバイルバッテリー同様に
USB-A端子があるので、
様々なガジェットの充電に対応しています。

ただし、C端子とA端子にて
同時に充電した際は、
C端子側は電圧が5Vに固定されてしまうため、
本来の性能での充電はできないのでご注意を。

合わせて、端子の上部に
PSEマークもきちんと印字されているので
安心して使えることもご理解いただけるかと思います。

重さをiWalkと比較するとこんな感じ。
FullSizeRender
※iWalkの重さ

FullSizeRender
※PowerCubeの重さ


25gの差ですが、
私の場合は許容範囲です。

FullSizeRender

もしPD対応の

ライトニングケーブルも合わせると
また更に若干重さが増しますが、
充電効率や充電可能容量を考慮したら
全然我慢できるレベルだと思います。

このPowerCubeに変えてから、
たしかに若干荷物が体積的に増えましたが、
それ以上に
  • MFi対応のケーブルを使えば、
    iPhoneへの充電を爆速かつ安定して行える
  • ケーブルさえ増やせばApple Watchも充電できる
  • iWalkのように充電時にバッテリーの重さを感じずに済む
  • iWALKと同様にコンパクトなので持ち運びが楽
  • PD対応の充電器を使えば
    このモバイルバッテリー本体への充電も爆速なので、
    いつでも満充電状態で気軽に持ち運べる
などといった感じでメリットばかり享受している毎日です。

しかも、スペックを考慮しても
コスパが良すぎるのも魅力の一つです。

iPhone8以降のシリーズなどの
PD対応スマホをお持ちの方全員に
強くおすすめできるモバイルバッテリーです。

気になる方はぜひチェックしてみてください。

<おすすめガジェット>











apple-3595603_1280

タイトルの答えは、
ずばり「MFi認証」です。

apple-mfi-ninshou-002

これらのバッジが充電器類のパッケージに印字されていれば、
純正品でなくてもiOSのアップデート後も安心して利用できます。

逆に、このMFiに対応していないものは
iOSのバージョンが上がるにつれて
使えなくなるか使えなくなる可能性と隣り合わせとなります。


FullSizeRender

このブログで以前紹介していた
ミニマリストしぶさんも愛用のiWALKは
MFi認証がないため、ごくたまーに
「このケーブルまたはアクセサリは認定されていないため、
このiPhoneで正常に動作しない可能性があります。」
といったメッセージが出てきます。

一度購入したら長期的に使用する派な人にとって
最も重要なポイントとなります。

しかし、このMFi認証。
EC(オンラインショッピング)サイトだと
簡単に偽装できるため注意が必要です。

そこで実店舗以外で充電器類を購入する際は、
こちらのサイトで正規の
MFi認証か否かを
確認しましょう。

最後にまとめると、
  • iPhoneの充電器類を購入する際はMFi認証の確認は必須
  • MFi認証を取得していないものは使えなくなる可能性あり
  • オンラインショッピングで購入する際は上記のサイトより
    MFi認証が正規のものかを確認する

paypay

タイトルどおり、いよいよ
ペイペイが最強のキャッシュレスアプリに
なりそうって話です。

先日こんなニュースが報道されました。
出典/PayPay、サービス開始10カ月で980万ユーザーを突破 “利用習慣の定着”が奏功

さすがSoftBankとヤフーの合弁会社。
資金力、企画力、宣伝力含め
すべてが充実しているからこその
納得できる結果ですね


特にここ最近のPayPayの快進撃はすごく、
私たちのライフスタイル内に
どんどん溶け込んでいます。


私のライフスタイルだとこれに留まらず、
  • 歯医者
  • タクシー
  • 美容院
  • 職場の売店
  • 東急ハンズ
  • ヤフオクでの落札
など、
たくさんの場面で
利用できるようになっています。


さらに明日からは、
あのユニクロでも使えるようになるんだとか。

本格的に外出時に
財布がいらない時代がやってきそう
です。

これだけ便利かつおトクなことがわかっていても、
まだキャッシュレスデビューされていない方も
少なからずいるか
と思います。

ですが、そんな方にこそ
PayPayを強くおすすめできる理由が二つあります。




これらのツイートに書いてあるとおり、
  • セブン銀行ATMを使った現金チャージ
  • ソフトバンク、ワイモバイルの携帯料金合算払いでのチャージ
に対応しているため、
使いすぎだったり個人情報を心配する必要がない
からです。

特にセブン銀行ATMでのチャージ方法はかなり簡単で、
セブン銀行ATMの場所をPayPayアプリ内から
検索できるようになっている
ので、
いざと言う時の対処も容易です。

現在PayPayは、
10月以降の増税までにさらなるシェアを獲得するべく、
9月までキャンペーンを開催することが告知されています。

キャッシュレスデビューされていない方は
お早めにキャンペーンに乗っかることを
強くおすすめします。

<おすすめ書籍>





<おすすめグッズ>









IMG_3704

昨日のDiDiに続き、
タクシーネタです。

タクシーの料金を
乗車前に把握する方法を
ご存知ですか?

その方法とは、
「Googleマップを利用すること」
です。

IMG_3709
一番下にDiDiを利用した場合の
金額の目安と乗車時間、
さらに担当車両が到着するまでの
時間まで表示されます。

これらがわかっているだけで、
クーポンを無駄なく利用できます。

ぜひ参考にしてみて下さい。

IMG_3706
今話題のタクシー配車アプリ、
「DiDi」を使ってみました。

このDiDiの特徴は、
  • 事前に出発地点と目的地点を設定可能
  • アプリ内でクレカorPayPayでの支払い設定が可能な為、タクシーを降りる際の支払いがいらない
  • タクシーを呼ぶ前から自分の乗車中問わず、提携しているタクシーの位置情報がわかる
  • 担当のドライバーとのチャットや電話も可能なので使い勝手が抜群
といった感じの、
かなりスマートにタクシーを
利用できるサービスとなっています。

IMG_3700

タクシーを検索すると地図上に
自分の乗車地点に向かうタクシーが
ピンポイントで表示されます。

そして、到着までの時間も
ほぼ正確に表示されるので
無駄に待つor待たせることが
ないので利用者/ドライバーに
優しい仕組みとなっております。

IMG_3701

さらに地図上に担当ドライバーの方の
名前やナンバープレート、
車種や車の色まで表示されるので
間違って乗ってしまう
なんてことがありません。

上記のピンクの枠内のボタンが
「チャット」と「通話」です。

チャットに関しては、
定型文が用意されているため、
  • 少し遅れます
  • 乗車地点で待ってます
などといったやりとりが
簡単に行えます。

IMG_3702
もし事前に設定していた目的地と
違ったところで降りても問題はありません。

あくまでメーターで
料金が変わるだけで、
事前設定されたクレカかPayPayで
支払いをするだけなので安心できます。

そして、このアプリを
なぜ今回ブログで取り上げたかというと、
「クーポン」を利用することで
数回分タダで乗車できることを
お伝えしたかったからです!

FullSizeRender
特に福岡エリア限定の
クーポンがかなり配布されているため、
福岡在住の方はもう使うしかありません。

福岡在住ではない方も
友達や家族を紹介することで
1人につき1000円分の
割引クーポンをゲットできます。

ここ最近かなりの猛暑で
外出が億劫になりがちですが、
このアプリを使って
手ぶらでスマートな外出を
してみませんか?

<おすすめ書籍>

laptop-1280536_1280

現代の生活で欠かせないものである
「ガジェット」や「電子機器」。


スマホ、タブレット、PC、スマートウォッチ…。
挙げればキリがないほどたくせんのものが
この世の中には存在しており、
触れたことがない人もかなり少ないと思います。

そしてテクノロジーの進化により、
かなり高速的に新商品が次々と発売
され
ています。

では、この次々と発売される
「ガジェット」や「電子機器」を
買い替えるべきタイミングがある
ことを
皆さんはご存知でしょうか?

結論から言うと、ずばり
「機能の陳腐化」が起きた時
です。

この理論は、
私がミニマリズムの書籍で
かなり愛読しているジョシュア・ベッカー著の
より少ない生き方 ものを手放して豊かになる
の中で紹介されていた
のです。

本書の中で
電子機器には以下の通り、
2つの陳腐化があると述べられています。
①技術の陳腐化
→新機能を備えた同じ種類の機器が出ること

②機能の陳腐化
→持っている機器が正しく動作しなくなること
→ソフトウェアが誤動作を起こしたり、
 メーカーのサポートが終了したりする場合のこと

(Kindle版/位置1674,1677より引用)
そして著者のジョシュア・ベッカー氏は
できるかぎり機能の陳腐化に近づくまで、
新しいものを買うのは待ったほうがいい。
本当のところ、最新型を持っていなくても
特に困ることはない。


(Kindle版/位置1680より引用)
と自論を述べています。

確かに、
仕事での作業効率の最大化を求めたりしない限り、
私たちの身の回りの電子機器は
最新型でなくても事足りるものがほとんど
です。

だからといって、
壊れたり不具合が起きないから
絶対に買い替えないという基準は危険
です。

特にスマートフォンは
OS、ハードウェアともに
PCに比べてサポート期間が短い傾向
にあります。

もしサポート終了後も使い続けていると
作業効率の低下だけでなく、
不正アクセスへのリスクが高まるため、
自分だけでなく他人にまで迷惑がかかる

可能性が出てきます。

なので、
スマホは2~3年で
買い替えた方がいい
でしょう。

最後に今回の記事のまとめはこちら。
  • サポートが終了してなかったり、正常に動作するうちは
    最新型に買い替える必要はない。
  • ただし、スマホに関してはリスク回避のために
    2~3年ごとに買い替えた方がいい。
電子機器の買い替えのタイミングが
よくわからないって方はぜひ
この基準を活用してみてください。

<おすすめ書籍>


IMG_3233
2018年12月より開始しており、
ミニマリストしぶさんも紹介されていた
傘のシェアリングサービス、
「アイカサ」を
今更ながら使ってみました。

①利用料金

アイカサの料金体系は
以下のように設定されています。
  • 70円/日(24時間)
  • 1ヶ月上限420円
  • 紛失・返却不可能になった際は、「買取」をすることで課金をストップできる(別途864円が請求され、買い取ったことになる)
比較的安価に設定されているため、
急に雨が降ってきた際などに
わざわざ数百円払わなくても
70円/日で利用できるので
おトクだと思います。

そして、福岡だと
LINEPayでの決済だと
期間限定で1円/日で
利用できるんだとか。

IMG_3239
本日(7/30)時点では確かに1円で
利用できていますが、
いつまでこの金額なのかは不明です。

※8/31で1日1円のキャンペーンは
終了するとのアナウンスがありました。

②手軽さ

このアイカサの特徴が
傘を借りた場所だけでなく、
他のアイカサを設置している場所に
返すのもOKだということです。

FullSizeRender
福岡だと、
特に天神方面にアイカサ設置場所が
集中しているので、
福岡の天神近辺で仕事をしたり
遊んだりする人は
傘を持ち運ぶ必要も
傘を買う必要もないかと思います。

③利用手順

FullSizeRender
※アイカサHPより引用

実際に使ってみました。

〜利用開始〜

1)LINEを開き、
   アイカサとのトークから
   「傘を借りる」をタップ

IMG_3235

2)傘に印字されているQRコードをスキャン
IMG_3236

3)読み取り結果の「開く」をタップ

IMG_3227

4)簡単な説明のあと使用可能になる

IMG_3234
〜利用終了〜
5)アイカサの設置場所に
   掲載されているQRコードをスキャン
IMG_3243
6)この画面が表示されたら、
   傘立てに戻す。

IMG_3241

利用開始も利用終了も非常に楽で、
ものの数秒で完了しました。

今後はこのサービスをフル活用して、
できる限りミニマリズムを
極めたいと思います。

福岡在住の方々もぜひお試しあれ!

<おすすめ書籍>

<おすすめ動画>

credit-card-1583534_1280

本日よりセブンイレブンにて、
特定のバーコード決済を行えば、
20%還元のキャンペーンが開催
されています。

出典:史上初!3社合同キャンペーン

他に、d払いやPayPayなども
独自キャンペーンを開催
しています。

が、これらのサービスを知っていながらも
現金での決済に執着するあまりに
損をしている人も多く、
今後はキャッシュレス主義者が得をし、
現金主義者が損をしていくことが予想されます。


では、
なぜ現金主義者は
おトクかもしれないものに手を出さないのか?


それは私が思うに、
  • 実際にお金を使っている感覚がない
  • クレジットカードや銀行口座の情報を入力したくない

などといった不安

そうさせているものだと思います。

そこで、今回は現金主義者の人でも
比較的安心して使えるキャッシュレスサービスの基準
その活用方法を簡単にご紹介
したいと思います。





基準①プリペイド方式か否か?


大体のものがプリペイド方式を導入していますが、
私の知る限りだと
  • d払い
  • 楽天Pay
に関してはクレジットカード紐付けが
主流とされているため、
使いすぎが心配な人は
上記2サービスを避ければまず問題ない
かと思います。

プリペイド方式の弱点として
現金やクレジットカードと違い、
残高をある程度把握していないと
残高不足により決済できない
といったことにも
なってしまう点が挙げられます。

ですが心配ご無用。
基本プリペイド方式を採用している
サービスは専用アプリにて
残高は手軽に確認ができます。

レジに並ぶ前にアプリで残高を確認する
習慣を身に付ければ全く問題がありません。

基準②/リアルカードがあるか否か?

現金主義者が現金にこだわる理由の一つに、
「お金を使っている感覚があるから」
というのが挙げられます。


要は
スマホ決済のような目に見えない決済方法ではなく、
物質を使った目に見える決済方法に
安心感を抱いている
のだと想定されます。

実はあまり知られていないこともあるのですが、
プリペイド方式のキャッシュレスサービスの内
リアルカードも導入しているものって
結構ある
んです。

  • LINE Payカード
  • Kyash
  • au WALLET プリペイドカード
  • dカードプリペイド
さらにリアルカードがあることのメリットとして、
きちんと決済できているという
安心感を得られるだけでなく、
カードがあることで利用可能店舗が増える
ことも
挙げられます。

最近になってキャッシュレス決済に対応し始めた
店舗が一気に増えてきましたが、
未だそういったサービスに対応しておらず、
現金とクレジットカードにしか対応していない
店舗もたくさんあります。


そういった店舗に行った際も、
リアルカードがあり、店舗で指定されている
ブランド(VISA/MasterCard/JCBなど)に対応していれば
一部店舗を除き大体が決済可能
となっています。

基準③/セブン銀行でチャージできるか否か?

これが現金主義者の安心感を得られる
1番の基準
と言っても間違いありません。

これもあまり知られていないのですが、
キャッシュレスサービスの内
セブン銀行を使って現金(紙幣のみ)で
入金(チャージ)ができるサービスは
意外とある
んです。
  • PayPay
  • LINE Pay
  • au WALLET
  • Kyash
出典:ATMで使えるカード・サービス・手数料 : プリペイドカード・その他

さらに、セブン銀行はセブンイレブンだけでなく
ミスターマックスや商業施設、駅構内など

様々な場所に設置されています。

出典:セブン銀行 全国ATM検索 

なので、
会計をする予定がある際は
レジに並ぶ前にセブン銀行ATMチャージにて
入金をすればいいのです。

そうするだけで
レジで払う金額は一緒ですが、

  • お金を財布から出す手間が減る
  • お釣りをもらう時間が減る
  • キャッシュレスサービスの還元を得られる

などといったメリットを享受できるようになります。

これらのメリットを享受するためにも、
自分の生活圏内のどこに
セブン銀行ATMがあるのかは
事前に把握しておくことを
強くおすすめします。

活用法/セブン銀行にて入金後決済をする

では、これらの基準を含めて
活用法のフロー(流れ)を簡単にご紹介します。

  1. まず自分の利用する店舗がどの決済方法(バーコードorリアルカード)や
    どのキャッシュレスサービスに対応しているのかを事前確認する
  2. 必要最低限の使う予定の紙幣をセブン銀行ATMで入金(チャージ)する
  3. レジで入金(チャージ)したキャッシュレスサービスにて決済する
  4. 残高は各社が提供している専用アプリで確認を行い、
    不足しているようなら逐次セブン銀行ATMで入金する
この流れを習慣化すれば、
チャージする行程はめんどうだと思いますが、
それ以上のキャッシュレスのメリットを
感じてもらえる
かと思います。

エッセンシャリストがおすすめするサービスは?

私の中で1番おすすめする
キャッシュレスサービスと
なるものはありません。

その理由は、
人それぞれ利用する店舗や
重視するものの基準が違うから
です。

そこで、重視する基準別での
おすすめキャッシュレスサービスを
一覧形式でご紹介
したいと思います。

  • 利用可能店舗を重視したい
    PayPay/LINE Pay

  • リアルカードも活用したい
    LINE Pay/Kyash/au WALLET

  • 少しでも多くの還元を受けたい
    PayPay/Kyash

  • セブンイレブンによく行く
    PayPay/LINE Pay/メルペイ※現在キャンペーン開催中のため

  • セブン銀行ATMで現金チャージをしたい
    PayPay/LINE Pay/Kyash/au WALLET
この中で
私がメインで使用しているのが、
PayPayとLINE Pay
です。

なぜ使用しているのか?
そもそもこの2つの強みって何なのか?

それが気になる人は、
過去に書いたブログ記事を御覧ください。↓

<おすすめ記事>

このキャッシュレス祭り、参加しない人なんていんの?

<おすすめ書籍>





 

store-4039197_1280

皆さんはコンビニに行きますか?
ほとんどの人が日常的に利用しているであろう
コンビニ。

大手としては、
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
などが挙げられますが、
私が1番最強だと思っているのが
ファミリーマート
です。

その理由は、
ずばり
「最速かつキャッシュレスで会計を済ませることができる」
からです。


なぜ最速かつキャッシュレスで会計を済ませられるのか
というと2つのポイントを兼ね備えているからです。

①セルフレジを導入している

ファミリーマートは一部店舗で
セルフレジを導入しています。


このセルフレジは、
すべての商品の会計ができるわけではありませんが、
弁当系や飲み物に関しては問題なく会計することが
可能
となっています。

なので、
  • レジにいる店員が明らかに新人っぽいとき
  • レジ前に長蛇の列ができているとき
  • 買うものが少ないとき
などにはセルフレジを使うだけで、
かなり時間効率をよく出来る
と思います。

②ほとんどのキャッシュレス決済に対応している

現時点で、
ファミリーマートは
  • auPay
  • ゆうちょペイ
  • メルペイ(QRコード決済)
  • セブンペイ
以外のほぼ全てのキャッシュレス決済に
対応しています。

出典/ご利用可能な決済サービス

今の時期だと現状1番還元額が多い
d払いを利用すれば、
普通の現金やカード決済以上に
おトクに買い物ができるわけです。

さらに、このキャッシュレス決済。
なんとこの7/1より
セルフレジでも利用可能となった
らしいのです。

今の時期だと現状1番還元額が多い
d払いを利用すれば、
普通の現金やカード決済以上に
おトクに買い物ができるわけです。

さらに、このキャッシュレス決済。
なんとこの7/1より
セルフレジでも利用可能となった
らしいのです。


実際に私がたまに
利用するファミリーマートに
本日行ったところ、
確かに対応していました。

こうなってくると、
コンビニに行く際に財布を持っていく
理由が全くなくなってきます。


つまり、この2点を押さえて利用するだけで、
  • スマホ一つでコンビニに行ける(=ウィルパワーの節約)
  • 長蛇の列に並ぶ必要が一切ない(=時間の節約)
  • 最速で決済できる(=時間の節約)
  • キャッシュレス決済での還元を享受できる(=お金の節約)

という節約シナリオを作り出すことができます。


コンビニもただただ高いだけではなく、
使い方次第で上記のような節約できる
余地は十分あるわけ
です。

皆さんも、今一度
コンビニの利用の仕方を
見直してみてはいかがでしょうか?


<おすすめ書籍>







<おすすめ記事>

このキャッシュレス祭り、参加しない人なんていんの?




↑このページのトップヘ