The Essentialism

ガジェットや心理学を駆使し、 人生を「より少なく、しかしより良く」 するためのノウハウを発信中。

ガジェットや心理学を駆使し、 人生を「より少なく、しかしより良く」 するためのノウハウを発信中。

タグ:モバイルバッテリー

FullSizeRender

どうも、
エッセンシャリストYuです。

今回はCIOが発売した
最新モバイルバッテリー、

についてご紹介したいと思います。



突如発売した最新モバイルバッテリーとは?

つい数日前、
TwitterとLINE公式アカウントより
突然、新製品発売の告知がありました。


この告知の中で紹介されていたのが、
というわけです。

おすすめポイント3選。

このモバイルバッテリーの
スペックを確認したところ、
以下のようなおすすめポイントが
3つありました。

①10000mAhクラスでありながら、178gの超軽量設計。
IMG_0855
②iPhone12シリーズとの相性がいい、最大20W出力のPD充電に対応。
IMG_0856
③PPS規格にも対応しており、発熱や変換ロスを最小限に抑えられる。

10000mAhクラスの
他社製品と比べて、
トレンドを抑えたスペックなのが
魅力的と言えます。

あれ?どこかで見覚えが…。

前項のおすすめポイントから、
あることに気がついた方も
いるのではないでしょうか…?

そう、上の記事でも紹介したことがある
Ankerのモバイルバッテリーにおいて
大人気モデルとされている、
は今回ご紹介している
とかなり似ているのです。

しかし、あくまで
『似ている』だけであって、

の方が優れている点があるわけです。

Ankerのモデルより優れている3つの要素とは?

では、
どの点が優れているのでしょうか?

その答えは、
こちらの比較表をご覧いただければ
お分かりいただけるかと思います。

IMG_0862

こちらはCIOの商品ページより
引用したものとなります。

『他社製品』は間違いなく、
のことを指しています。

そしてこの表から、

の方が以下の3点で
優位なことが分かります。

①microUSBポートがある!
→microUSB/Type-Cケーブルのいずれかがあれば充電可能(充電に困るシーンが減る)
②全体的にコンパクト!
→体積はもちろんのこと、重さが軽いのが◎
③とにかく安い!
→約1500円以上お得に購入することが可能。

さらに③に関しては、
今なら期間限定で20%オフで
購入できるキャンペーンも
実施中となっております。
※6/17まで


そうなると、
  • 価格差は約2000円以上
となります。

間違いなく『買って損しない』
モバイルバッテリーだと言えます。

まとめ。

今回はCIOが発売した
最新モバイルバッテリー
についてご紹介しました。

  1. コンパクトかつ大容量のモバイルバッテリーを求めてる!
  2. モバイルバッテリーをお得に購入したい!
  3. iPhone12シリーズを持っている!

いずれかに該当する方には
特におすすめなので、
気になる方はチェックしてみてください。
<おすすめ>








51qjEX0bY+S._AC_SL1500_

どうも、
エッセンシャリストYuです。

本日、6月1日より
Amazonや楽天市場にて
クラウドファンディングで一時期
話題を呼んだCIOのモバイルバッテリー、
の一般販売が開始されました。

仕様は以下の通り。

618G073vcOS._AC_SL1500_

このSMARTCOBY Pro

  • 現状存在する10000mAhクラスの
    モバイルバッテリーの中で
    トップクラスの性能

を誇っています。

その理由は大きく3つあります。

  1. クレジットカードサイズながら、
    最大30W出力対応
    スマホはもちろん、
     Macbook Air M1も充電可能!

  2. パススルー充電に対応
    モバイルバッテリー自体に
     給電しながら、
     デバイスも充電できるので、
     省スペース&効率良く使用できる!

  3. PPS規格にも対応
    PPS規格のGalaxyシリーズだと
     25W以上の『超高速充電』が可能!

これまでの10000mAhクラスの
モバイルバッテリーでは、
上記のいずれかに対応したものは
いくつか存在していました。


しかし、
この3点全てを兼ね備えたものは
たった一つも存在していませんでした。


これらのことから、
記事の冒頭で
  • 現状存在する10000mAhクラスの
    モバイルバッテリーの中で
    トップクラスの性能
と述べたのです。

10000mAhクラスだと、
などが世間では人気となっていますが、
  • より少なく、しかしより良い
    充電環境を構築したい!

という思いが強く、
  • AnkerやRavpowerの信者ではない
という方には
このSMARTCOBY Pro
強くおすすめ
します。

気になる方は
ぜひチェックしてみてください。


<おすすめ>


エッセンシャル思考 (オーディオブック版)


<お知らせ>
Essentialist Yuの
LINE公式アカウントがリニューアルしました! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから

友だち追加してください。 





_AC_SX425_

現在、
Amazonにて
CIOから発売されている
ハイブリッド型モバイルバッテリー
が通常価格よりも2298円安い
  • 4280円
という特別価格で購入できるように

なっています。



Screenshot_20210214-090527_Amazon Shopping


このCIO-SC2-10000については、
以前紹介した記事にてまとめているので
こちらをご確認いただければ
どれだけスペックが優秀かが
おわかりいただけるかと思います。

この類のモバイルバッテリーを
紹介する際に現時点で間違いなく
出てくる対抗馬が
Ankerから発売されている
最新ハイブリッド型モバイルバッテリー
でしょう。


ですが、
  • 20WのPD出力に対応
という点以外のスペックだけでなく、
  • 一時的であろうと価格が安い
という点を踏まえると、

現時点で買うとしたら間違いなく
ではなく、
を選ぶ方がいいでしょう。


ただ一点だけ注意が必要なのが
商品ページにある以下の注意書き。
※SuperMobileChargerはモバイルバッテリー時、AC時ともにAppleWatchへの充電は行えません(電力供給が小さすぎるデバイスへの充電は行えません)。

Ankerのモバイルバッテリーに
搭載されている
に準ずる機能が
CIOのモバイルバッテリーにはないことから
この文言が書かれているのでしょう。

しかし、
これに関しては私が実際に
まだこのCIO-SC2-10000
検証できていないので断言できませんが、

を活用すれば充電する可能性も
捨てきれないと思います。

個人的にはこの疑問点を
解決したいがためだけに
このCIO-SC2-10000を買おうか
悩んでいます。。。

ちなみに、
このキャンペーン価格で
購入できるのは2/17
までと
なっています。

モバイルバッテリーを新調する
予定のある方、要チェックですよ。


<おすすめ>



エッセンシャル思考 (オーディオブック版)


<お知らせ>Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから
友だち追加してください。 




41vZhKfLC4L


iPhone12シリーズから
新たに搭載された【MagSafe】

この【MagSafe】に対応した
サードパーティ製のスマホアクセサリーが
徐々に市場に出回ってきていますが、
ついにモバイルバッテリー市場でも
注目されている『CIO』から
  • MagSafeに対応したモバイルバッテリー
がつい最近発売されました。



それがこの
となります。


スペックは以下の通りとなります。

sub6_l
  • 最大18WのPD
  • 最大15WのQi
  • MagSafe(15W)
上記3つの充電方法に対応している
万能モデルとなります。

バッテリー容量が5000mAhとなっている点に
不安を感じる方々がいるかも知れませんが、
  • モバイルバッテリーへの充電も最大18WのPDで充電可能
  • Lightningケーブルでモバイルバッテリーへの充電が可能
  • 重さが130g(iPhone12miniと同等)

これらの点を踏まえると、
そこまでデメリットに
感じないと思います。

しかもこのモバイルバッテリー、
  • スタンド機能
も内蔵されているのも魅力の1つ。


CIO-MB5000-MAG_700x525-620x466


動画の視聴時にも重宝すると思います。

なぜ今回この
を紹介したのかというと、

2/8までであればお得に
入手できる方法があることを
共有したかったからです。

クーポンコード
  • CIOMB5000
を利用することで、

  • 3608円→2800円
と808円の割引を受けることができます。


iPhone12シリーズをお持ちの方で、
  • 5000mAhクラスのモバイルバッテリーを探していた!
  • ケーブルを別途持ち運びたくない!
  • 外出先でMagSafeで充電したい!
なんて方々はぜひお早めに
チェックしてみてください。
<おすすめ>



エッセンシャル思考 (オーディオブック版)


<お知らせ>Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、以下のリンクから
友だち追加してください。 



IMG_9769




はじめに。

昨日の記事でご紹介した
の登場によって、


この3モデルが出揃ったわけですが、
ここで想定されるのが、
  • 結局、どれが一番おすすめなの?
って質問がやってくることです。

これに関しての私なりの回答としては、
  • 使う人それぞれで適したモデルは
    変わってくるね
しかありません。

しかし、この回答だと
あまりにも抽象的過ぎる…

ということで、
今回は各モデルについて、
  • こんな人にはこのモデルがおすすめだよ!

って形式でご紹介していきたいと思います。

①PowerCore Fusion 5000をおすすめする人。

まずはハイブリッド型モバイルバッテリーの
パイオニア的存在である
については、
下記の記事をご覧いただければ
概要は理解できるかと思います。



そしてこのモデルは、
以下のような方におすすめな一品だと言えます。

  • とにかく安く入手したい!
  • Type-Aポートが複数欲しい!
  • 充電速度にこだわりがない!
  • コンパクトさを重視したい!
  • カラーの選択肢が欲しい!

現時点においては、
  • PD非対応
という点では他のモデルよりも
不利だということには変わりありませんが、
  • 安く入手できる(特価キャンペーンを除く)
  • カラーが豊富
  • 比較的安価に入手でき、
    かつ汎用性の高いType-Aポートが2つもある
これらの点を踏まえると、
万人におすすめできる商品であることには
変わりないでしょう。

②PowerCore III Fusion 5000をおすすめする人。

続いてご紹介するのは、
昨年彗星の如く登場した
PowerCore Fusion 5000の後継モデルである、
これについても、
過去に記事化しているので
下記記事をご覧いただければと思います。



このモデルがおすすめなのは、
以下のいずれかに該当する人だと言えます。

  • PD対応を重視している!
  • コンパクトさと充電効率の高さを
    兼ね備えたものを追い求めている!
PowerCore Fusion 5000とほぼ同じ
筐体の大きさながら、
  • 最大18WのPD出力に対応している!
という点だけでも、
PowerCore Fusion 5000を持っている人は
買い替える価値が十二分にあると言えます。

さらにこの商品、
不定期に開催されているキャンペーンや
キャッシュレスサービスのキャンペーンとの併用で、
PowerCore Fusion 5000よりもお得に入手できるケース
たまにあるので、
気になる方はマーキングしておくことを
おすすめします。

③PowerCore Fusion 10000をおすすめする人。

最後が昨日ご紹介したばかりの
となります。

まだこのモデルの概要を
ご存知でない方はぜひ下記記事を
一読いただければと思います。



そしてこの最新モデルを
おすすめしたいのは
以下のいずれかに該当する人です。

  • PD対応は必須!
  • アイテムは黒色で統一したい!
  • 2台以上スマホを所有している!
  • 1日に2回以上スマホを充電している!

よりも本体の筐体と重さが
アップしている点はマイナスなものの、
  • バッテリー容量が2倍に増量している
ことによって、
2回以上スマホを充電できる
ポテンシャルを持ち合わせただけでなく、
前モデルでも批判されていた
  • PD入力非対応
を克服できているとも捉えることができます。

これまで5000mAhが大半だった
ハイブリッド型モバイルバッテリーに
新たな基準を世に知らしめてくれる
存在になることでしょう。

最後に。

今回は、


上記の各モデルをおすすめする人の
ポイントについて簡単にご紹介してみました。

今回ご紹介した
  • AnkerのPowerCore Fusionシリーズ
ですが競合他社にあたる、
と比べるとまだ改善や進化できる予知は
十二分に秘めていると言えます。

特に、
に関しては
などによって
  • 10000mAhクラスのハイブリッド型
    モバイルバッテリー市場における
    確固たる地位を築き上げつつある
ので、Ankerにはこの流れに
追随してもらいたいと思います。

<おすすめ>








エッセンシャル思考 (オーディオブック版)


<お知らせ>
Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから
友だち追加してください。 


20201219_090153

タイトルの通り、
私が現在持っている
  • モバイルバッテリーの布陣を変えたい

と思います。


何故、布陣を変えるのか?

その理由は、
です。


当ブログでもChargeSPOTに関する
記事を公開していますが、
これ以降外出する際は
ほぼ毎日ChargeSPOTを利用しています。

その中である気付きを
得ることができました。

その気付きとはズバリ、
  • 私のライフスタイルには10000mAhのモバイルバッテリーは不要だ
というもの。


以前までは10000mAhとなると、
スマホの充電を数回分利用できるので
  • 10000mAhあれば余裕
と思ってた方が大半でした。


しかし、
昨今のスマホはバッテリーの大容量化が
加速していることもあって、
10000mAhのモバイルバッテリーを
もってしても、iPhone12Proだと
約2回分の満充電しかできません。

これがもし、
私が愛用しているGalaxyS20だと
バッテリー容量が4000mAhとなるため、
約1.5回分の満充電しかできないことから、
  • 大容量のバッテリーを搭載しているデバイスを複数台所有している
  • 生活する上でスマホを利用するシーンが大半
私を含め、

この条件に当てはまる人には
10000mAhはマッチしていない
可能性があります。

こういった経緯もあって、
私は今回モバイルバッテリーの布陣を
変えようと思っている次第です。

現時点での布陣は、
となっています。


ここから先は
  • ChargeSPOTと併用する前提でのモバイルバッテリー選び
を行っていきます。

そして布陣が決まり次第
記事化したいと思います。

<おすすめ>






エッセンシャル思考 (オーディオブック版)



<お知らせ>Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから
友だち追加してください。 



81clLe5dFYL._AC_SL1500_

現時点で数多く存在する
ハイブリッド型モバイルバッテリーにおいて、
トップクラスの汎用性とスペックを
兼ね備えていたCIO社の
バッテリー容量が増加した
として帰ってきました。



スペックは以下の通りとなります。
※Amazon商品ページより引用。
  • 大容量10000mAh搭載
  • 2.4Aおよび18W高出力対応(PD3.0/PPS/QC4+/QC3.0/FCP)
  • qi急速ワイヤレス充電に対応。WPC認証済で15W/10W/7.5W/5W充電が可能。
  • 便利な残量LED機能付き
ハイブリッド型モバイルバッテリーにおいて、
トップクラスとなる10000mAhの
大容量バッテリー搭載
なので、
コンセントがない環境下でも安心して充電できます。

かつ
PD(18W)/QC4.0の高出力に
対応しているだけでなく、
PPS/FCPにも対応しているので、
スマホへの充電時間の短縮が期待できます。


さらに、
ワイヤレス充電(Qi)にも対応。
特に他のモデルや他社製品と違い、
ハイブリッド型モバイルバッテリーながら
最大15Wまでの充電に対応している
ので、
  • ワイヤレス充電派
  • 充電端子が違うデバイスを複数所持している方
いずれかに該当する方に
ミニマリズム的な観点でもおすすめできます。


あとはなんと言っても
残量LED機能が搭載している点も
競合他社の製品にはない魅力の1つ
と言えます。

この手のモバイルバッテリーは
基本ランプの数での確認となっており、
モバイルバッテリーの残量を具体的な数値で
確認することができないので。



…でなぜこの
を今更紹介したのかといいますと、
単純に
  • 欲しいと思っている方は
    今買っておかないと確実に損をする
からです。

というのも、
このCIO-SC2-10000はまだ
発売して間もないということで、
キャンペーン価格で買える
のです。

その価格とは…
スクリーンショット 2020-12-17 180717

なんと3980円!
これはAnkerの新型ハイブリッド型モバイルバッテリー
に390円を上乗せした金額なのです。

前述したスペックやベネフィットが
理解できる方からすると、
この差額をたとえ出したとしても、
よりも、
を選択した方が得をするというのが
お分かりいただける
かと思います。

さらに、
はType-Cポートを
搭載しておきながら、
モバイルバッテリー自体への
充電ができません。


対して、
はType-Cポートを使った
モバイルバッテリー自体への
充電が可能となっています。
しかも最大18WのPDで。


可能性と時間的効率を得られる点も含め、
キャンペーン価格で買える現時点において、
購入するべきハイブリッド型モバイルバッテリーは
だと断言できます。

このキャンペーン価格で買えるのは、
12/21まで。

この記事の公開日を含めると
約4日しかありません。

年内に持ち物を厳選したいと思っている
  • ガジェット好きな方
  • ハイブリッド型モバイルバッテリーを
    検討している方
上記に該当する方は
ぜひチェックしてみてください。


<おすすめ>




エッセンシャル思考 (オーディオブック版)



 

 

<お知らせ>
Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから
友だち追加してください。 


A1617001

最近、
ChargeSPOT熱の影響で、
完全にノーマークだった
モバイルバッテリー市場に
ある新商品が登場しました。

しかも、メーカーは
あのAnkerから。

そのモバイルバッテリーがこちら。


となります。


基本スペックは以下の通りとなります。

サイズ 約106 × 68 × 19 mm
重さ 約243g
入力 USB-Cポート: 5V=3A / 9V=2A (最大18W)
出力 USB-Cポート: 5V=3A / 9V=2A (最大18W)
USB-Aポート:5-6V=3A / 6-9V=2A / 9-12V = 1.5A (最大18W)
ワイヤレス:5W / 7.5W / 10W
合計最大出力 20W
容量 10000mAh
パッケージ内容 Anker PowerCore III 10000 Wireless、USB-C & USB-C ケーブル、トラベルポーチ、取扱説明書、18ヶ月保証 + 6ヶ月 (Anker会員登録後)、カスタマーサポート
製品型番 A1617011 (ブラック)

私が過去に紹介し、
現在進行系で愛用している
CIOのモバイルバッテリーと同じく、
  • 最大18WのPD対応
  • 最大10WのQi対応
といった具合に、
スマホへの急速充電を
有線/無線ともに対応
しています。

さらに、
CIOのモバイルバッテリーよりも
優れている点が2つあります。


1つは
  • パススルー充電に対応している
という点です。

A1617004

帰宅後、
モバイルバッテリー自体を
Type-C端子より充電することで、
  • モバイルバッテリー本体を充電しながら、
    ワイヤレス充電器として使用できる
というシームレスな使い方ができます。

バッテリーの劣化スピードが
早まることは避けられないものの、
  • 場所を問わずにワイヤレス充電できる
    環境を構築することができる
という点はかなりの優位性があるといえるでしょう。

もう1つが
  • スマホスタンドが内蔵されている
という点です。

01baa52b-58


昨今のスマホの大半が
大画面化が進んでいることがあり、
背面にバンカーリングや、
MOFT Xをはじめとする
スマホスタンドを装着している方が
増えています。


しかしこれらのアイテムを使うと
一部の商品を除いて、
基本的にはワイヤレス充電(Qi)を
諦めざるを得なくなってしまいます。


だからといって、
背面に何もつけないとなると、
コンテンツの視聴時などで
困るシーンが必ず出てきます。


そんな時に、
このPowerCore III 10000 Wirelessのように
スマホスタンドが内蔵されていることで、
  1. ワイヤレス充電できる
  2. スマホスタンドを別に用意したり、
    考えたりする必要がなくなる
という2つのメリットを享受できるわけです。

私が知っている中で、
これまでスマホスタンドを
内蔵したモバイルバッテリーとしては、
ぐらいしかなかったと思います。

スマホスタンドとしての
テイストには違いがあり、
デザイン面での好みは分かれるでしょうが、
  • Ankerというメーカーへの安心感
  • パススルー充電に対応してる
という2点を考慮すると、
現時点においてはこの手のモバイルバッテリーでは
間違いなくベストバイ
だといえる商品
です。

昨日販売開始になったらしいのですが、
初回数量限定での割引価格での
販売は既に終了しているだけでなく、
今購入してもクリスマス以降の
発送となっていることから、
この商品の人気度がすごく伝わりますね。


私もこのモバイルバッテリーに
切り替えようか、
本格的に検討中です。
  • Ankerが大好き!
  • ワイヤレス充電対応の
    モバイルバッテリーが欲しい!
  • 物を極力少なくしたい!
いずれかに該当する方には
ぴったりのPowerCore III 10000 Wireless
ぜひチェックしてみてください。

<おすすめ>





エッセンシャル思考 (オーディオブック版)


<お知らせ>
Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから
友だち追加してください。 




20201207_180829

昨日当ブログでご紹介した
この記事。


この記事への反響が

いつもの記事と比べて多かったので
個人的には嬉しかったものの、
その中である思いが芽生えてきました。

その思いとは、
  • せっかくおすすめしてるんだから、
    ChargeSPOTの弱点を克服する方法を
    見つけられないかな?
というもの。


私が思うChargeSPOTの弱点とは
ずばり
  • モバイルバッテリー自体の容量不足
これだと思っています。


この事については、
WordPressブログの方で以前
記事として公開しているので
ここでの説明は割愛させていただきます。

話を戻しまして、
そんな思いを抱きながら
昨日1日を過ごしていた中で
あるツイートを見つけたのです。

そのツイートがこちら。

このツイートを見つけた瞬間、

私の中であることが閃きました。

それは、
  • ChargeSPOTアプリをインストールしている
    スマホを複数台所持している
  • 今月から来月末まで福岡で生活する予定がある
この2つの条件を満たしていれば、

ChargeSPOTのストックさえあれば
  • エンドレスで複数台レンタルできる
ことが実現でき、
最終的に

  • 来月末まで福岡にいる人は
    モバイルバッテリーを持ち歩かなくても安心できる
という未来を実現できるのです。



特にこれから年末年始に
近づくに連れて、
外出先でのバッテリー残量を
気にする機会が増えることが
想定されます。

楽しいイベントを
思う存分楽しむためにも
福岡にいる方はぜひこのキャンペーンを
駆使していただきたいと思います。

現時点では福岡でしか

この運用はできませんが、
いずれは無料でないながらも
サブスクリプションにて
モバイルバッテリーがいつでも
レンタルできる未来がやってきます。

Screenshot_20201208-192624_CHARGESPOT


20201208_192709


その未来を近づけるためには、
まずは利用者を増やし
利便性を実感してもらわないといけません。

そういった意味でも
ゼロリスクなこのキャンペーンで
盛り上がって欲しいと思っています。

前回の記事でも述べましたが、
  • 福岡県民/福岡への旅行者
  • 外出時の荷物を減らしたい
これに該当する方は

ぜひ利用してみてください!



<おすすめ> 

 
 




エッセンシャル思考 (オーディオブック版)


<お知らせ>
Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから
友だち追加してください。 



sunshine-4381693_1280

福岡在住者、および
福岡に旅行に来ている方に朗報です。


モバイルバッテリーのレンタルサービス
  • ChargeSPOT

が福岡限定で最大48時間のレンタルが
今月から来月末まで何度も無料になるという
大盤振る舞いなキャンペーンを実施中なのを
皆さんはご存知でしょうか。

スクリーンショット 2020-12-07 092910
※詳しいキャンペーン内容はこちら

このサービスを活用すれば、
以下のツイートで述べている
2つの時間を削減することが
可能となります。

この乗らない理由がない

キャンペーンですが、
実際にChargeSPOTを
使ったことがある方にしか
認知されていない模様。

※私のフォロワーの中では

はるきんぐさんのみでした。

このChargeSPOTについて、
  • どんなサービスなの?
  • モバイルバッテリー自体のスペックは?

といった疑問をお持ちの方のために、
私が過去にブログにて
このChargeSPOTを紹介している
記事があるので下記<おすすめ>欄に
おきます。

まずはこの記事を
読んでいただいた上で、
  • 福岡県民/福岡への旅行者
  • 外出時の荷物を減らしたい!

この2点に該当する方は
ぜひ試してみてください。

<おすすめ>





エッセンシャル思考 (オーディオブック版)



<お知らせ>Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから
友だち追加してください。 


↑このページのトップヘ