The Essentialism

ガジェットや心理学を駆使し、 人生を「より少なく、しかしより良く」 するためのノウハウを発信中。

ガジェットや心理学を駆使し、 人生を「より少なく、しかしより良く」 するためのノウハウを発信中。

タグ:作業効率

IMG_5582

どうも、
エッセンシャリストYuです。

今回は私が日頃多用している
時短術の一つ、

  • iOSデバイスでの
    「超時短メモリ解放術」
についてご紹介したいと思います。


iPhoneにない「メモリ解放」

iPhoneを使っている皆さん。

「メモリ解放」
きちんとしていますか?

Androidには
  • タスクマネージャ
  • アプリ終了
などの名前で
標準搭載されていて、
iOSには標準搭載されていない
この「メモリ解放」。

これをiOSで
実現させるための方法を
ご紹介します。

デバイスにおけるメモリの重要さ 

スマホやタブレット、PCなどには
RAM(メモリ)と呼ばれる部品が
搭載されています。

よく例えに使われるのが
メモリ=作業台。

このメモリは端末ごとに
容量(=広さ)が決まっており、
  • 複数のアプリを
    同時起動し続ける
  • 負荷のかかりやすい
    アプリを使用し続ける
などをすることで、
メモリ(=作業台の上)に
空きがなくなり、
作業効率が悪くなったり、
最終的にはアプリが
落ちやすくなるわけです。

よくiPhoneを使用している人で
  • LINEがうまく動作しない
  • アプリが固まる
  • アプリ内の情報が更新されない
などの相談を受けることが
結構あるのですが、
これらの大半が、
メモリの空き不足が
原因で起こるもの
なのです。

ですが、
このメモリを解放する方法。

iOSには標準搭載されていなく、
メモリ解放をするためには
端末を再起動するしか
方法がありません。

ですが、端末の再起動ほど
面倒なことはありません。

何故なら
たった数分の間であっても
作業が進まないし、
何よりAndroidだと数秒で終わる行為が
iOSだと数分かかるのは
どう考えたって
非効率以外の何物でも
ないからです。

これが「超時短メモリ解放術」だ

そこで私が試行錯誤の上
採用し使用し続けている
「超時短メモリ解放術」
出番となります。

必要になるものは、

この2つのアプリだけです。

設定方法はたった2行程。

①「ショートカット」アプリ内にて、
 以下の画像の通りの
ショートカットを作成する。
IMG_5581

ホーム画面に
 上記ショートカットを
 追加する。

IMG_5584

動作も
「より少なく、しかしより良く」

前項で紹介した
Sysightというアプリ。

このアプリ自体が単独でも
メモリ解放を行うことは可能
です。

がしかし、
欠点があります。

それはメモリ解放のために
  • ウィジェットページへ移動
  • 特定部分の長押し
が必要だからです。

IMG_5580

「ただ長押しすればいいだけやん」
とおっしゃる方もいるでしょう。

この「長押し」を
毎回していると
正直「面倒」と感じるだけでなく、
メモリの空きが極端に無いと
この長押し自体の反応もされず、
メモリ解放がなされない
といった事態に陥ることが
たまにあるのです。

その欠点を補うために、
ショートカット」アプリを
使用することで、
たったワンタップで
メモリ解放を確実にこなせる
わけです。

IMG_5585


秒数としては、
ほんの2~3秒程度の差ですが、
少しだけ手間を加えるだけで
動作の安定さを
手に入れられるわけです。

まとめ

今回ご紹介した方法は
万人におすすめするものでは
ありません。

私が思う、
この方法を使用した方が
いい人の条件は以下の通りです。

~こんな人におすすめ~
  • iOSデバイスに
    大量のアプリを入れている人

  • PC並みの高負荷を
    iOSデバイスに掛けている人

  • 文字入力や文書作成を
    iOSデバイスで行うことが
    多い人

  • メモリ容量の少ない
    iOSデバイス(iP7/8)などを
    使用している人

一つの基準としては、
  • iOSデバイスに
    作業効率を求めているか
によって、
この方法が自分に
向いているかが
お分かりいただける
かと
思います。

興味がある方は、
ぜひチャレンジしてみて
下さい。


<おすすめ>








<お知らせ>
Essentialist Yuの
LINE公式アカウントがリニューアルしました! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから
友だち追加してください。 






IMG_5371

あのアプリとは
「オーディオブック」のことを指します。

FullSizeRender


このアプリは
私が最も使用するアプリと
いっても過言ではありません。

待望のアップデートとは?



この「オーディオブック」に
つい最近アップデートがありました。

このアップデートのおかげで
待望の機能が追加されました。

その機能がこちら。

IMG_5370

そう、Siriでの操作に対応したのです。

再生までの時間・手間を最小化できる

今まではSiriでの操作に
対応していませんでした。

できても、Siri/ショートカットで
「オーディオブック」アプリを
起動することしかできませんでした。

そこから先の
  • コンテンツの選択
  • 再生
といった作業タップが必要だった訳です。

がしかし、
今回Siriでの操作に正式に
対応したことによって
再生までの時間や手間を
最小化できるようになったわけです。

IMG_5369

「オーディオブック」ヘビーユーザーに
とってはこのアプリは嬉しいですね。

これでより
読書が捗りますね。笑

<おすすめ> 











<お知らせ>
Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
お得な情報を受け取るには、
以下のリンクから

友だち追加してください。 


laptop-1280536_1280

現代の生活で欠かせないものである
「ガジェット」や「電子機器」。


スマホ、タブレット、PC、スマートウォッチ…。
挙げればキリがないほどたくせんのものが
この世の中には存在しており、
触れたことがない人もかなり少ないと思います。

そしてテクノロジーの進化により、
かなり高速的に新商品が次々と発売
され
ています。

では、この次々と発売される
「ガジェット」や「電子機器」を
買い替えるべきタイミングがある
ことを
皆さんはご存知でしょうか?

結論から言うと、ずばり
「機能の陳腐化」が起きた時
です。

この理論は、
私がミニマリズムの書籍で
かなり愛読しているジョシュア・ベッカー著の
より少ない生き方 ものを手放して豊かになる
の中で紹介されていた
のです。

本書の中で
電子機器には以下の通り、
2つの陳腐化があると述べられています。
①技術の陳腐化
→新機能を備えた同じ種類の機器が出ること

②機能の陳腐化
→持っている機器が正しく動作しなくなること
→ソフトウェアが誤動作を起こしたり、
 メーカーのサポートが終了したりする場合のこと

(Kindle版/位置1674,1677より引用)
そして著者のジョシュア・ベッカー氏は
できるかぎり機能の陳腐化に近づくまで、
新しいものを買うのは待ったほうがいい。
本当のところ、最新型を持っていなくても
特に困ることはない。


(Kindle版/位置1680より引用)
と自論を述べています。

確かに、
仕事での作業効率の最大化を求めたりしない限り、
私たちの身の回りの電子機器は
最新型でなくても事足りるものがほとんど
です。

だからといって、
壊れたり不具合が起きないから
絶対に買い替えないという基準は危険
です。

特にスマートフォンは
OS、ハードウェアともに
PCに比べてサポート期間が短い傾向
にあります。

もしサポート終了後も使い続けていると
作業効率の低下だけでなく、
不正アクセスへのリスクが高まるため、
自分だけでなく他人にまで迷惑がかかる

可能性が出てきます。

なので、
スマホは2~3年で
買い替えた方がいい
でしょう。

最後に今回の記事のまとめはこちら。
  • サポートが終了してなかったり、正常に動作するうちは
    最新型に買い替える必要はない。
  • ただし、スマホに関してはリスク回避のために
    2~3年ごとに買い替えた方がいい。
電子機器の買い替えのタイミングが
よくわからないって方はぜひ
この基準を活用してみてください。

<おすすめ書籍>


IMG_3251

iPhoneユーザーが
作業効率を最大化させるために
やるべきことがたった一つあります。

それはメモリ解放です。

iPhoneはApple公式でも
公開されていないのですが、
PCのようにメモリ(RAM)が
搭載されています。

具体的には、
  • 〜iPhone6→最大1GB
  • iPhone6S〜iPhone8→2GB
  • iPhone7Plus/8Plus/X/XR→3GB
  • iPhoneXS/XSMax→4GB
となっております。

で、このメモリは
マルチタスクのアプリを
たくさん開いていたり、
長い間電源を切っていないと
容量が圧迫されてしまい、
  • 電話の発着信の不具合
  • キーボードが表示されない不具合
  • 通知が来ない不具合
  • 動き(レスポンス)がかなり遅くなる
などの症状が出てきてしまい、
結果として作業効率が低下してしまいます。

IMG_3252
※この画面にアプリが大量にあると、
  かなりレスポンスに影響する。

では、どうすればいいのか?

主な対処法としては、
  • iPhoneを再起動する
  • メモリ解放アプリを使用する
のどちらかとなります。

コストをかけず確実にこなせるのは
iPhoneの再起動ですが、
若干の時間的コストがかかります。

逆にメモリ解放アプリを使用すれば
ものの5秒程度で一気に解放できるのですが、
有料アプリしか基本ありません。

私は「SySight」というアプリを
長年愛用しています。

IMG_3249
※メモリ解放前

IMG_3250
※メモリ解放後

私はこのアプリを
iPhoneの画面ロック前に
必ず使用する癖をつけているので、
次にiPhoneを起動した際に
かなりスピーディに作業を
行えています。

「ここ最近、iPhoneの
動き(レスポンス)が遅いなぁ」
って思ってた方は、
ぜひ一度再起動して
様子を見てみてください。

IMG_2952

明日より新たな習慣として、
朝シャワーをできるだけ
毎朝浴びようと思います。

この朝シャワー、
何の気なしに浴びてる人も
少なからずいると思います。

そんな朝シャワーについて
精神科医であり作家でもある
樺沢紫苑氏は自身の著書
「神・時間術」の中で
シャワ ーを浴びることで 、夜の神経 (リラックスの神経 )である 「副交感神経 」から 、昼の神経 (活動の神経 )である 「交感神経 」に切り替わるからです。(Kindle版/位置1080)
といった感じで
朝シャワーには
医学的にも効果があると示しています。

さらにこの著書の中で、
こうかね裏付けとして
以下のように解説されています。
私たちは 、昼の間は交感神経が優位になり 、体温 ・心拍数 ・呼吸数が上がり 、身体が活発に活動できるような体勢がつくられます 。一方 、夜になると副交感神経が優位になり 、体温や心拍数は下がり 、身体の活動性を下げてリラックスさせることで 、睡眠 、休息 、疲労回復を助けているのです 。(Kindle版/位置1082)
朝にシャワ ーを浴びることで体温が上がりますが 、身体の血流もよくなり 、心拍数もアップします 。結果として 、たった 5分間のシャワ ーでも 、浴び終える頃には 、副交感神経から交感神経に 、しっかり切り替わっているのです 。(Kindle版/位置1089)
何故という疑問についても、
医学的な根拠にて解説しており
信憑性もあると感じたため
今回新たな習慣として
導入しようと思った次第です。

この朝シャワーの温度については、
著書の中では、
交感神経をオンにするためのシャワ ーの温度は 、少し熱めのほうがいいとされます 。(Kindle版/位置1092)
と説明されていますが、
いろいろと試行錯誤をしてみて、
自分にとって効果の高い
温度を見つけていきたいと思います。

<おすすめ書籍>

↑このページのトップヘ