The Essentialism

ガジェットや心理学を駆使し、 人生を「より少なく、しかしより良く」 するためのノウハウを発信中。

ガジェットや心理学を駆使し、 人生を「より少なく、しかしより良く」 するためのノウハウを発信中。

タグ:動画

5005

私は最近、
とある作品を
見たいがために、
約1年前にHuluを契約しました。

契約後、
アプリをダウンロードし
設定周りをチェックしていたところ、
私がずっと望んでいた
機能がついに実装されていたことを
確認することができました。

それがこれ。

FullSizeRender

そう、再生速度です。

私が知る限り、
有料動画配信サービスのアプリのうち、
再生速度の調整(倍速)に対応しているのは
  • dTV 
  • AbemaTV
しかありませんでした。

それが、
大手に当たるHuluのアプリにも
実装されたことは
大きな一歩を意味します。

ちなみに設定できる
速度は以下の通り。

FullSizeRender

1.8倍に対応しているので、
聴き取りしやすく
時短を図ることも可能。

個人的には、
この調子で
  • Amazonプライムビデオ
  • Netflix 
などのアプリにも
再生速度の調整が
実装されるのを、
楽しみにしたいと思います。

<おすすめ>
<お知らせ>
Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから

友だち追加してください。 




IMG_6379

YouTubeを始めるための
最低限の準備が整ったので
ご報告致します。
当初はライブ配信のみ
実施予定でしたが、
VTubeでの動画投稿も
予定に入れたいと思います。


前以て言っておきますが、
現時点でYouTube活動の
開始時期は決まっておりません。

それを踏まえた上で
希望する方に向けて、
事前アナウンスした通り、
YouTubeチャンネルのURLを
LINE公式アカウントにて配布します。

既にLINE公式アカウントで
友だち申請済みの方で、
YouTubeチャンネルのURLを
知りたい場合は一言お願いします。

<おすすめ>




<お知らせ>
Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから

友だち追加してください。 


photo-1542744173-05336fcc7ad4

5Gの商用化が間近に迫ってきました。

5Gの商用化によって、
盛り上がると言われている
  • 生配信
私も今後生配信を
積極的に行っていこうと
思っている中で、
前からある疑問を
抱き続けています。

その疑問とは、
  • 生配信に適した時間帯とはいつなのか?
というもの。

視聴者ないしフォロワー全員が
同じ職種やライフスタイルではないので、
明確な答えがないことは
理解しています。

しかし、生配信をする以上、
1人でも多くの人に
声や情報を届けたいと思うものです。

そこで、
この記事を読んでくださっている
あなたに以下のアンケートに
ご協力いただきたいです。


このアンケート結果を元に、
私も配信する上での
最適なタイミングを
見つけていきたいと思っていますので、
ご協力の程、宜しくお願い致します。

<おすすめ>





<お知らせ>
Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
お得な情報を受け取るには、
以下のリンクから
友だち追加してください。 


photo-1541877944-ac82a091518a


「さよなら、YouTube」

今回はタイトル通り、
  • YouTubeとの決別
を宣言するための
記事を書き記していきます。

タイトルの真意。

事前に言っておきたいのが、
今後一生YouTubeを見ないと
言っているわけではない

ということです。

私が決別するのは…そう。
  • スマホ版YouTube
のことを指します。
 

◯◯◯版YouTubeの恐ろしさ。

スマホ版YouTubeは
利用者が圧倒的に多いでしょう。

今まではPCの画面の前に
いないと見れなかったコンテンツが
いつでもどこでも見れるように
なった
のだから。

しかし、
この弊害として、
スキマ時間にやることがなかったら
とりあえずYouTubeを見るという
中毒になりがちな人が
年々増えている
ように感じます。

また、
自分の趣味嗜好に
ドンピシャな動画のサムネが
次々と視界に入ってくるため、
  • ついつい視聴し続けてしまう
なんてこともあるでしょう。


実際に最近の私が
上記2つに該当しており、
  • 知的生産活動に悪影響を与えている
  • 最近、自制心が低下してきたかも…
と実感させられる出来事があったので、
この機会にスマホから
「YouTube」のアプリを削除しました。

決別のための対策法とは…?

では、私は今後
  • どうやってYouTubeを見るのか?
  • どうやって有益な動画だけ
    チェックするのか?
という疑問が出てきます。

が、これに関しては
過去に書いた記事の中に
答えがありました。

  • どうやってYouTubeを見るのか?







  • どうやって有益な情報だけ
    チェックするのか?




これらの記事の中のノウハウを
すべて組み合わせれば、
スマホ版のYouTubeがなくても
全く影響を受けなくて済みます。

まとめ。

今回は
  • スマホ版YouTubeとの決別
という内容の記事でした。

これからも
スマホに触れる時間を
最小化することに努め、
生産性および
自由な時間の量産に
努めていきたい
と思います。

<おすすめ>




<お知らせ>
Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
お得な情報を受け取るには、
以下のリンクから
友だち追加してください。 



IMG_5477



ついに開始!の前に…

私はこのブログ内で、
過去に配信を始めることを
示唆するような記事を
書いたことがあります。

 

上記記事を書いていた当時は
正直、具体案なんて
これ一つとして考えていませんでした。

というのも、
現在のように私の発信する情報を
皆さんにまだ認知して
もらえてなかったこともあり、
「どういった形で取り組めばいいか?」
という疑問を解決できないままで
いたこともあり、
ずっと足踏みだけしていました。

ですが、ブログを
毎日更新し続けたことで、
皆さんに私が発信した情報や
スタイルはある程度認知して
もらえたと思える場面が
最近は多くなってきました。

「これなら迷わず進める!」
と思ったので配信開始を
ここに宣言します。

下記アンケートにご協力を

この配信開始に先立ちまして
最終確認として、
私の配信を見てくださるという方に
下記のアンケートに
ご協力いただきたいです。

<下記のアンケートにご協力を>




公開の条件について

補足といたしまして
前回の記事で書いた通り、
皆さんがされているような
完全オープンな状態で
配信を公開することは
今の時点ではありません。

理由は前回の記事
書いてありますのでご確認を。

また、不特定多数の人に
公開するリスクを回避するために
下記のような条件を設けます。

<エッセンシャリストYuの配信>
  • クローズスタイルでの配信のみ実施
    (会員限定、限定公開、鍵付きなど)

  • 配信視聴に必要な情報
    (限定公開時のURLやパスワード)
    はLINE@にて配信

  • LINE@に登録していただいている人
    かつ配信を見ていただける意志を
    示していただけた人にだけ
    情報を配信していきます。
    ※見たくない人のノイズに
     なりたくないので…。

配信は2020年以降に
開始予定です。

乞うご期待。

<おすすめ>






<お知らせ>
Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
お得な情報を受け取るには、
以下のリンクから

友だち追加してください。 




room-2559790_1280

先日、公開した記事は
倍速に特化したものでしたが、
今回は通常の速度で動画を視聴したい人に
向けて書いていきたいと思います。

これは完全な自論なのですが、
家にいるのにスマホで動画を見るのは
非常によろしくない
と思っております。

なぜなら、
  • 携帯性が抜群なために、家のどこにいても視聴できてしまう
  • 検索性および連続再生機能により、時間がある限り
    無限に動画が視聴できる環境になりがち
などといった弊害があるからです。

そこで今回私が強くおすすめしたいのが、
「家で動画を視聴する際は
Fire TV Stick×TVを使うべし」

というルールを取り入れること
です。

Fire TV StickとはテレビのHDMI端子に
差し込むことで映像コンテンツを
テレビに映し出すことができるデバイス。


元々はAmazonのプライム・ビデオを
視聴することを目的として
発売されたものなのですが、
ここ最近は度重なるアップデートにより、
以下のサービスに対応できています。

  • YouTube
  • Netflix
  • TVer
  • DAZN
  • AbemaTV
  • Paravi
  • dTV
  • dアニメストア
  • Hulu
  • DMM.com
  • U-NEXT
  • ビデオパス
  • ニコニコ動画
  • TED
ご覧いただければ分かるとおり、
ほぼすべての動画配信サービスを網羅
しています。

さらにこのFire TV Stick。
競合他社のChromecastと大きな
違いが一点あります。

FullSizeRender

それがこれ、リモコンのみで
動画の選択・検索・再生・停止が可能な点
です。

特に検索に関しては
十字キーでの手入力/音声入力
となるため、
スマホに比べて明らかに
効率が悪くなってしまいますが、
最低限の検索性能はあるため
使用に支障を来すわけではありません。


逆に、
  • Fire TV Stickを接続しているテレビのみ
  • 音声入力で出てきたコンテンツのみ
といった縛りを生み出せるので、
無駄な時間を動画に割かずに済む
という
利点もあるわけです。

私もここ最近はFire TV Stickを多用しており、
  • ニコニコ動画→DaiGoさんの動画
  • AbemaTV→独自コンテンツの放送
  • TVer→名探偵コナンの見逃し配信
  • ビデオパス/プライムビデオ→好きなアニメ(見逃し配信含む)
  • TED→日本語字幕付きのトーク
などを快適に視聴しています。

普段はスマホやPCのような
比較的小さい画面に触れているのもあってか、
テレビのような大画面でこれらのコンテンツを
視聴できることに感動
しています。

スマホだけで動画を視聴している
そこのあなた。

その視聴の仕方、卒業しませんか?

<おすすめガジェット>





netflix-3733812_1280

私が動画サイトやアプリを利用する際に、
必ず重要視していること

たった一つあります。

その重要視していることは
動画サイトやアプリが
「倍速」に対応しているか否か
です。

なぜこの「倍速」を重要視しているかと言うと、
  • 最低限の流行な情報(動画)を
    少ない時間で収集したいから
  • 動画を視聴する際に、自分にとって
    有益か否かを短時間で把握したいから
  • アニメや映画のために
    大量の時間を取られるのが耐えられないから
などといった理由が挙げられます。

では、現時点において
「倍速」に対応している動画サービス
どんなものがあるのか?

公式サイトor公式アプリで倍速再生に
対応している大まかなものは以下の通りです。
  • YouTube→最大2倍速
  • ニコニコ動画→最大2倍速(1.5倍速以上はプレミアム会員のみ)
  • DailyMotion→最大2倍速
  • dTV→最大2倍速
  • TSUTAYA TV→最大2倍速
これら以外のサービスは基本倍速再生機能を
標準搭載されていないことが多いです。

が、PCを持っている人は
Google Chromeの拡張機能である
Video Speed Controllerをインストールすれば
以下のもので倍速再生が可能
となります。
  • U-NEXT
  • Amazonプライムビデオ
  • ビデオパス
  • Netflix
しかもこの拡張機能の倍速上限は最大16倍速。
正直ここまであっても意味がなく、
海外ドラマ等になると、
4倍速を超えたあたりから
サイレント状態
となります。

ですが、4倍速で再生できれば、
単純計算でも40分ある作品も10分で
見ることができる
ことが
おわかりいただけるかと思います。

かなりの時間短縮となるわけです。

休日に好きなドラマやアニメを
まとめて見ている方で
PCをお持ちの方はぜひこの拡張機能を
使った視聴を強くおすすめ
します。

倍速がやめられなくなるでしょう。。。


IMG_2707
先日私がヘビーに利用している
Google Play Musicについて
ご紹介しましたが、
それを越える定額サービスを
見つけたのでシェアします。

最強の定額サービスとはこれ‼
IMG_2708
そう、YouTube Premiumです。

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、
名前の通りGoogleが提供している
YouTubeの有料サービスです。

月額は1180円〜(登録方法で金額変動あり)。
GooglePlayMusicの980円/月よりも
若干高い設定となっております。

ただ、200円上乗せしてでも
YouTube Premiumを選ぶべきです。

その理由が3つあります。

①YouTubeの利便性が向上する

YouTube Premiumの1番のメリットは
YouTube自体の利便性が向上することです。

具体的には、
  1. オフライン(ダウンロード)機能を使い動画を保存することで、一定期間はオフラインであっても動画を視聴可能パケットの節約が期待できるIMG_2710
  2. 動画毎の広告が一切出なくなる時間&パケットの節約が期待できる
  3. バックグラウンド再生ができるようになるため、動画を再生したまま他のアプリを起動したり、画面ロックしたまま音声を視聴できるバッテリーの節約が期待できる
などといったメリットを享受できます。

弟子の方は
我らが師匠の動画はもちろんのこと、
ストレス解消に効果ありとされている
  • お笑い系の動画
  • 自然の動画や自然音
などはオフライン機能を活用し、
どこでも視聴できるように
しておけば生産性向上も期待できます。

②現状最強なYouTube Musicも利用可能

2つ目のメリットがYouTube Musicも
利用できること。

YouTube Musicとは、
YouTubeとは別にアプリが存在しており、
音楽鑑賞に特化したサービスと謳っています。

このYouTube Musicの1番の強みは
聴ける音楽の数が圧倒的に多いこと。

というのも、一部のものを除き
YouTube上にある曲、MVを
ほぼ全て視聴できるからです。

673B6254-E228-4CDA-9A72-A03F12E8DEF0

さらに、気分やシーンに合わせた
プレイリストが作成・更新されているため
新しい曲との出会いもあり
すごく刺激があります。

955DB440-7E76-4CB7-8A43-3D76DADE743D
これももちろんオフライン機能対応。
無限にある曲を家のネットでDLしておけば、
外出先で好きな曲を好きなだけ聴ける。
素晴らしくないですか?

私は主に、
  • 定額サービスでは基本視聴不可なJ系コンテンツ
  • マイナーバンドの楽曲
  • アーティストがLIVEでしか披露していない曲
  • 歌ってみたの楽曲
  • テンションをあげるためのEDM楽曲のミックス
などの視聴で使っています。

③Google Play Musicが料金内で利用可能

あまり知られていないことですが、
実は前回ご紹介したGoogle Play Music
YouTube Premiumの料金内で使用できます。

IMG_2706

つまり、
  • Google Play Music→4000万曲
  • 自分がアップロードした曲→50000曲
  • YouTube上にある楽曲→∞
を持ち歩けるわけです。
コスパが良すぎて、
他社のサービスに魅力を感じなくなります。

もちろん、これら全て
  • スマホ(iOS/Android)
  • PC(Windows/Mac) 
  • Google Home(スマートスピーカー)
といった全てのデバイスで視聴できます。

現時点であれば、
30日間無料で利用できるキャンペーンも
行っているので、
興味がある方はぜひ体験してみて下さい。


↑このページのトップヘ