The Essentialism

ガジェットや心理学を駆使し、 人生を「より少なく、しかしより良く」 するためのノウハウを発信中。

ガジェットや心理学を駆使し、 人生を「より少なく、しかしより良く」 するためのノウハウを発信中。

タグ:問い合わせ

telephone-3312551_1280

突然ですが、
皆さんは固定電話を
所持・使用していますか?

昔と違って
一人一台以上の携帯電話を
所有するような時代になったり、
クレジットカード等の審査にも
固定電話の番号ではなく
携帯電話の番号でよくなったりと、
固定電話の価値というのは
年々薄れていっていると思います。

がしかし、
こんな世の中でも
固定電話が必要な場合があります。

その場合とは、

ずばり
  • 店舗を構える時
です。

皆さんが普段利用している
飲食店や美容院などの店舗の大半は
店舗連絡先が固定電話になっていると
思います。

そう、
店舗に関しては固定電話があることで
一定の信用を得られるだけでなく、
より多くの顧客からの問い合わせに
対応できるのです。

ただ、これからの
未来を見据えた時に、
固定電話よりも優先して
用意してほしいものがあります。

それがこの…

bcfeee67-s

LINE公式アカウントの中にある、



です。

当ブログでも過去に
3回ほどご紹介したことがある

すごく使い勝手のいい
『LINE公式アカウント』アプリ。


今回ご紹介する、
はこのうち
下記の記事で紹介した
に新たに追加された機能となります。



この機能の一番のメリットは
機能名から予測できる通り、
  • LINEコールでの着信を
    任意の電話番号に転送できる
ことにあります。

この機能を使うことで、
  • 店への電話の窓口を
    固定電話とLINEコールと
    2つ用意していながら、
    店舗での着信は
    固定電話器で行う
といったこともできますし、
  • 店舗にいないことが多い
    役職の方は、
    転送先を携帯電話番号に
    しておくことで、
    場所に縛られることなく
    電話対応できる
なんてこともできます。

ちなみにこの機能は、
フリープラン(無料)ユーザーは
使用できないので、
金銭的な敷居が若干あります。


スクリーンショット 2020-10-08 161858


スクリーンショット 2020-10-08 162112


がしかし、
電話対応で時間や人員などの
リソースが割かれている方にとっては
それ以上の価値を
感じるのではないでしょうか。

今回ご紹介した
を活用する店舗が増えれば、
私たちのQOLも高まりそうですね。
楽しみ。楽しみ。

もし皆さんの周りに、
  • 店舗を経営している
  • 電話対応が多い
  • LINE公式アカウントが用意されている
このすべてに当てはまっている方が
もし入れば教えてあげてください。

<おすすめ>



エッセンシャル思考 (オーディオブック版)

<お知らせ>
Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
この記事に関する質問希望の方は、
以下のリンクから
友だち追加してください。 



support-1120755_1280

突然ですが、
皆さんは普段利用している
モノやサービスを提供している企業に
「問い合わせ」をすることはありますか?

今回はこの「問い合わせ」に
関する記事です。

一般的な問い合わせ手段

現代における
「問い合わせ」の手段としては、
  • 対面
  • 電話
  • メール
  • チャット
この4つとなるでしょう。

私がおすすめする手段

この中で私がおすすめする
手段はずばり、
「チャット」です。

理由としては、
サービスや企業によって差はありますが
  1. 電話と違い待ち時間がほぼない
  2. メールと違いタイムラグを
    最小限にやりとりが可能
  3. 対面の問い合わせと比べて
    問い合わせのログ(証拠)を
    簡単に残せる
などといった、
他の問い合わせ手段の欠点が
補われているからです。

チャット問い合わせを
提供している企業

チャット問い合わせを導入している
企業はたくさんあるため、
挙げたらきりがありません。

私が活用しているものとしては、
  • au
  • MVNO(格安SIM)
  • BBIQ(固定回線)
  • Appleサポート
  • Dropbox
  • Amazon
  • 三菱UFJ銀行
などがあります。

これらの中でも、
待ち時間がほぼなく
対応のクオリティが高いのが
  • Appleサポート
  • Amazon
でした。

この2つのサービスを
日常から使っている方には
自信を持っておすすめできる
問い合わせ手段だと言えます。

用いるために必要なもの

ただ、こんなにも
おすすめしている手段であっても
用いるためには必要なものがあります。

必要となるのは以下の3つ。
  • デバイス(スマホ/PC)
  • SNSアカウント(LINEなど)
  • 余裕のある時間
サービスごとに差があるので
一概に言えませんが、
一般的にこれらがあれば
問い合わせができる環境は構築できます。

そして一番重要なのは
「言語化する能力」です。

対面や電話であれば
言いたいことや思っていることが言えても、
いざ文章に限定されると
言語化できない人もたくさんいるでしょう。

がしかし、
これから更に
テクノロジーが発達していく中で
「言語化する能力」が
欠如していることはいろんな意味で
デメリットでしかありません。

まだ普及すらしていない今だからこそ、
新しい手段で問い合わせをしてみては
いかがでしょうか?

<おすすめ>



<お知らせ>
Essentialist Yuが
LINE公式アカウントに登場! 
お得な情報を受け取るには、
以下のリンクから
友だち追加してください。 








↑このページのトップヘ