The Essentialism

ガジェットや心理学を駆使し、 人生を「より少なく、しかしより良く」 するためのノウハウを発信中。

ガジェットや心理学を駆使し、 人生を「より少なく、しかしより良く」 するためのノウハウを発信中。

タグ:Kindle

kindle-1245899_1280

あと約2週間後にあたる、
11/20に師匠の新刊
知識を操る超読書術」が
発売される予定です。

弟子の皆さんは、
もう予約はされましたでしょうか?

タイトルおよび内容から、
神作感が漂うこの作品。

私はどうせならKindle版で
場所問わず読み込みたいと
思っているので予約はしていません。

代わりにKindle化リクエストだけは
実施しました。

今回の著書の出版社は
「かんき出版」なので、
などの過去の著書もKindle化されていることから、
今回もKindle版が出る可能性は十分にあります。

がしかし、念には念を。
そして早く読みたいので、
Kindle版配信を今か今かと待っている次第です。

私と同様に、
  • 本を安く購入したい
  • どこでも読みたい
  • Alexaの朗読機能を使って、
    疑似オーディオブックとして楽しみたい
などのニーズがある方は絶対にKindle版がおすすめ。

Kindle派の弟子の方々、
ぜひKindle化リクエストのクリックに
ぜひご協力ください。

P.S.
そういえば師匠の
過去の著書の文庫版が出る模様。

ストレスを操るメンタル強化術 (角川文庫) [文庫] 

最近はあらゆる本の文庫版が
どんどん出てきているので
ミニマリストとして嬉しい限りです。

<おすすめ書籍>

知識を操る超読書術
メンタリストDaiGo
かんき出版
2019-11-20







自分を操る超集中力
メンタリストDaiGo
かんき出版
2016-05-27








人を操る禁断の文章術
メンタリストDaiGo
かんき出版
2015-01-21







chair-1502875_1280

当ブログの読者の方は
この記事を覚えていますか?

「この2冊からある仮説を見つけたよ」って話。

上記記事では、
師匠の以下の2冊の本を使って
  • 特定の条件に当てはまったら
    Kindle版配信の可能性は限りなく低い
という仮説についてご紹介しました。

FullSizeRender


この仮説について、
続報があるので
今回ご紹介したいと思います。

というのも、
先日の私のツイートをご覧になった方は
既にご存知でしょうが…


なんとKindle版がしれーっと
配信されていたわけです。

というわけで、
私が立てた仮説は立証できませんでした。

が、ここでまた一つ仮説が生まれました。

それは、
  • hontoでの取り扱いが開始となれば、
    コンビニ限定発売と当初謳っていた
    書籍のKindle版は出てくる可能性が高まる
というもの。

前回の記事にて、

  • 謳い文句が「コンビニ限定で発売」
  • 謳い文句が「コンビニ&Amazonでのみで販売」
  • 書店で取り扱われていない
これらに該当するものは、
Kindle版が出る可能性は低いと説明しました。

これに加え、
  • 一般書店での取り扱い開始
という条件を加えることで、
発売当初は配信されていなくても
Kindle版があとで配信される
という仮説を見つけることができます。

時系列で説明すると、
という流れでKindle版配信までに
至っているわけです。

このきっかけとなるのが、
紛れもない
「hontoでの取り扱い開始」です。

私の考察は以下の通り。
「hontoでの取り扱い開始」
丸善やジュンク堂書店といった
 一般書店で取り扱いされることが決定
販売数が増えるとともに、
Kindle版配信のリクエスト数の増加も期待できる
Kindle版が配信される
やはり一般書店での取り扱いが
開始になるか否かが、
Kindle版配信の鍵を握っていそうです。

Kindle版配信の予兆を察知したい人は、
をおすすめします。

といっても、
今回ご紹介した仮説は前回同様、
私の考察も含まれている
不確定事項となります。

あくまで参考程度に
考えていただければ幸いです。

<おすすめ書籍>









IMG_4757

私が最近ハマっている著者が
一人います。

その方は「細谷功さん」です。

この方と著書を知ったのが
ここ半年ほど前。

知るきっかけになったのは、
私が尊敬している
DaiGo弟子の一人である
ゆるふわメンタリストさん
のツイートでした。





これらのツイートに影響されて、
私自身も
これらの書籍を購入しました。

細谷さんの著書のメリットとしては、
  • 紙の本としてはページ数が
    少ないことによる携帯しやすさ
  • ほぼ全ての著書がKindle版に対応済
  • ページ数と反比例した内容の質の高さ
などが挙げられます。

2019-10-31_20-24-03_577
※すごく薄いため、
外出時のバッグに入れておいても
邪魔になりません。

細谷さんの著書の中で
特におすすめなのが、
ゆるふわメンタリストさん」が
上記ツイートでも述べられている
具体と抽象」です。

2019-10-10_09-49-19_269

おすすめする理由は
以下の3つです。
  1. この一冊を読み込めば、
    具体と抽象の概念を理解できる
  2. 「メタ思考」「アナロジー(類推)思考」といった、
    人生に役立つ思考法が理解できる
  3. 各章ごとに4コマ漫画やイラスト、図などが
    盛り込まれているため読みやすい
  4. 写真でおわかりいただける通り
    ページ数が比較的少なめなので、
    紙の本、Kindle版どちらであっても
    読みやすい
この中で注目して欲しいのが、
  1. この一冊を読み込めば、
    具体と抽象の概念を理解できる
この中にある「抽象」という言葉。

前田裕二さんの著書、
の中にも出てくる
重要な概念を指します。

しかし、
この「抽象」の概念。

学校教育内でも教わっている
ことが少ないが故に、
この概念を自信を持って
理解・説明できる人は
多くないでしょう。

そういった方は、
この具体と抽象」を
読み込めば、自信を持って
理解・説明ができるように
なります。

前田さんのメモの魔力」を読んで、
「抽象」の概念が理解できなかった方は、
まずは「具体と抽象」を読み込みましょう。

その後
メモの魔力」を再読すれば、
メモの魔力」の知識を
理解できた上で活用できるようになります。
  • 自分の思考フェーズを向上させたい
  • 自己成長を加速させたい
  • メモの魔力の「抽象」部分がどうしても理解できない…
上記のいずれかに該当する人へ
強くおすすめできる本です。

気になる方は
ぜひ一読してみて下さい。

<おすすめ書籍>





















アナロジー思考
細谷功
東洋経済新報社
2011-07-28









kindle-1017516_1280

先日のこのつぶやきは
ご覧になったでしょうか?
そう。
弟子のみならず、
心理学に興味関心がある方にはお馴染みの
が発売されます。

事例の数も増えている上、
訳文も再検討されているとのことなので
十分買う価値がある書籍と推測できます。

が、一つ難点があるとしたら
すでに第一版の紙の本を持っている人は
類似する本のスペースが
増えてしまうことです。

この問題を回避するべく、
皆さんにお願いがあります。

ご協力いただきたいのです。

上文の「Kindle化リクエスト」を
たった1タップするだけ。

たった1タップであっても、
積み重なることで大きな票となり
Kindle化の実現性が格段に上がります。

Kindle化が実現すれば、
  • 収納スペースの削減
  • 携帯性向上
  • 検索性向上
などの紙の本にはない
メリットを享受できるようになります。

はぜひご協力の程、
よろしくお願い致します。

<おすすめ記事>

【読者の皆様へお願い】皆さんの力でKindle版を増やしませんか?

<おすすめ書籍>

影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか
ロバート・B・チャルディーニ
誠信書房
2014-07-10






影響力の武器 戦略編: 小さな工夫が生み出す大きな効果
スティーブ・J. マーティン
誠信書房
2016-07-15









影響力の武器 実践編
N.J.ゴールドスタイン
誠信書房
2015-07-10





PRE-SUASION :影響力と説得のための革命的瞬間
ロバート・チャルディーニ
誠信書房
2017-12-12








reading-925589_1280

まずはじめに、
「読書する時間がない」と
「読書できていない」では
意味が全く違うことを理解しましょう。

前者は読書が出来ていない自分を
正当化しようとしている、
いわゆる言い訳している姿勢。

後者は読書する環境が
整っていないことが
原因であり改善の余地があります。

そもそも、
現代ほど読書方法が
豊かな時代はあったでしょうか?
  • 紙の本
  • Kindle
  • オーディオブック
これらの媒体を、
自分のライフスタイル内に
当てはめれば必然的に読書は
できると思います。

が、1つ注意が必要なのが
「読書する」ことが目的ではなく、
「読書を楽しむ」ことが目的だと
いうことも理解すること。

そういった意味で、
  • どこでも読書ができる
  • 読書を楽しめるようなモチベーションを上げる工夫
これらの条件に当てはまる
読書方法を私も最近取り入れています。

その方法とは、

「気軽に読める文庫本を
自分のお気に入りのブックカバーに
入れて常に持ち歩く」

という方法。

これが思ってた以上に効果が高く、
特にPCやスマホの作業で
目を酷使した後や
外出先のカフェでちょっとした一息に
優雅な気持ちで本が読めることは
Kindle読書では得られない
ベネフィットの1つであると思います。

おすすめは詩集の文庫本ですが、
自分の好きなものであれば
問題ないかと思います。

それよりも、
一生使うつもりで
ブックカバー選びには拘りましょう。

そして、
読書の秋を満喫しましょう。

FullSizeRender

我らが師匠は、
かなりのペースで
書籍を出版していることでおなじみ。

  • 紙の本
  • Kindle版
  • オーディオブック版
など形を問わず、
師匠の書籍に触れることができます。

しかし、
すべての書籍が
  • 紙の本
  • Kindle版
  • オーディオブック版
これらすべての媒体に
対応しているわけではありません。

紙の本は問題ないとして、
Kindle版やオーディオブック版は
発売するのに
明確な基準が明かされている
わけでもないため、
私のように出来ればKindle版を
優先して購入したい人は
  • 手に取るタイミングが遅くなる
  • そもそもKindle版を期待していたが、結局出ることがなく紙の本を買う
といった現象が起きています。

ですが、ここで1つ
ある仮説を見つけました。

この仮説を見つけるきっかけに
なったのが写真に写っている


この2冊、
一見共通点がなさそうに
見えますが調べていくと、
  • 謳い文句が「コンビニ限定で発売」
  • 謳い文句が「コンビニ&Amazonでのみで販売」
  • 書店で取り扱われていない
という共通点があります。

セブンイレブン限定販売と言われていました。

現在はセブンイレブンの店頭には
100%置かれておらず、
なぜかAmazonでは
購入が可能となっています。

「ローソンおよびAmazonで」と
告知されていた通り、
今現在も一部のローソンと
Amazonでしか購入することができません。

そしてこの2冊は、
書店でも見かけることはありません。

つまり、
  • 謳い文句が「コンビニ限定で発売」
  • 謳い文句が「コンビニ&Amazonでのみで販売」
  • 書店で取り扱われていない
「これらに該当するものは、
Kindle版が発売される可能性が
限りなく低い」

という仮説が見えてくるわけです。

この仮説を見つけるのが遅く、
私の場合
発売した後もかなりの時間を要しました。

今後は
この仮説が正しいものかを判断するべく
逐一検証を行い、
このブログで報告していきたいと思います。

Kindle派の方の参考になれば幸いです。

<おすすめ書籍>






IMG_3012

Amazonのプライムデーセールが
終わってテンションが
下がっている読書家の方に朗報です。

実はというと、
7/17時点でもKindle本を
普段よりもかなり安く買える
キャンペーンが開催されているのを
ご存じでしょうか?

AmazonのKindle本のセールは
正直見づらいため、
セールの存在自体を認識していない
もしくは認識できない人も多いかと思います。

そんな方は、
AmazonのKindle本セールに
特化したこちらのサイトを
確認してみてください。↓


このサイトを随時確認してもらえたら、
セールの内容や対象の書籍を
見逃す心配がないかと思います。

個人的に
狙っていた多くの本が
セール価格になっているので、
どれをポチろうか悩み中。。。
(そんな余裕はない)

皆さんも1度は
確認してみてはいかがでしょうか?

<おすすめの書籍(狙っているやつ)>



businessman-1492563_1280

私が基礎概念としている
エッセンシャル思考」ですが、
この思考が絶対に必要な人にはある共通点
があります。

その共通点とは、
  • 会社や社会において、優秀(もしくは真面目)と言われる人々
この内、私は真面目な方に該当していました。

では、なぜ優秀や真面目と言われる人々に
エッセンシャル思考」が必要となるのか?


その理由は、これらの人々が
  • 「成功のパラドックス」に陥りやすい
からだと言われています。

成功のパラドックスは以下の4段階で構成されています。
※以下、エッセンシャル思考(P.30-31)から引用。
  1. 目標をしっかりと見定め、成功へと一直線に進んでいく。

  2. 成功した結果、「頼れる人」という評判を得る。
    「あの人に任せておけば大丈夫」と言われ、
    どんどん多様な仕事を振られるようになる。

  3. やることが増えすぎて、時間とエネルギーが
    どんどん拡散されていく。
    疲れるばかりですべてが中途半端になる。

  4. 本当にやるべきことができなくなる。
    成功したせいで、自分を成功に導いてくれた
    方向性を見失ってしまう。
見てもらったら分かる通り、
仕事で成果を出すことができる「優秀な人」や
言われたことを断らずやろうとする「真面目な人」ほど
陥りやすいというのはわかってもらえる
かと思います。

つまり、
仕事で成果を出しているor真面目に取り組んでいると
上司がそれに甘えて
次々と仕事を依頼してくる
心身ともに疲労困憊&キャパオーバーとなる
自分のやるべきこと・仕事への意義を見失ってしまう
といったループに陥るわけです。

私の場合、4年前の職場で
この成功のパラドックスの第4段階まで行ってしまい、
自暴自棄になっていた時に
この「エッセンシャル思考」という本に出会い、
そこから思考を取り入れ始めた
という経緯があります。

このような「成功のパラドックス」を避けるためには、
  • 自分の中で確たる優先順位を持つ
  • 大切なものを見極める目を養う
  • 断るor捨てる勇気を持つ
などが必要となります。

そのためには何をどうすればいいのか?
それらをわかりやすく解説されているのが、
私のバイブルである「エッセンシャル思考
です。

今の職場において、
  • 自分の本来の仕事でないことまで依頼されている
  • 何のために仕事しているのが意義を見失っている
  • 依頼されたらなかなか断ることができない
といったことを思っている方は
一度でいいので読むことをおすすめ
します。

<おすすめ書籍>




☆1番のおすすめはオーディオブック版です!!




IMG_2683
個人的にどうしても読みたい本の
Kindle版がなかなか出ないので、
このブログを読んで頂いている皆様に
1タップ(クリック)だけ
ご協力いただけないか?
という企画です。

私がKindle版で読みたい本は以下のとおり。






→Kindle化リクエストはこちら


皆様に行っていただきたいのは
たった一つ。

上記にある
「Kindle化リクエストはこちら」
を1タップ(クリック)するだけです。

この企画を通して、
  • Kindle化リクエストは意味あるのか?
  • 数で決まるのか?
  • ページ数で決まるのか?(今回取り上げた大半の本がページ数が多い)
  • それとも出版社の事情等で決まるのか?
などを確認してみたいと思っております。

ご協力の程、よろしくお願い致します。


P.S 
この企画には最低条件として、
コミット数が必要となります。

この記事を読んで、
「Kindle化リクエストはこちら」を
タップしていただけた方は
拡散していただけると大変助かります。

また、
皆様がKindle化希望の書籍がありましたら、
Twitterで教えていただければ、
当記事にて付け加えます。

皆さんの力で書籍のKindle版を
増やしませんか?

IMG_2604
皆さんが読書をする場合、
  1. 紙の本で読書
  2. 電子書籍(Kindle)で読書
  3. オーディオブックで読書
この3つのどれかに
該当するかと思います。

ちなみに、私が数日前に
Twitter上にてアンケートを実施。
結果としては断トツで、
紙の本での読書を優先するという
結果が大多数でした。

では、この私
エッセンシャリストは
どれを優先しているのか
について書き記していきたいと思います。

優先順位3/紙の本での読書
読書を始めたての時は、
電子書籍よりも紙の本を優先していました。

なぜなら
紙の本の方が記憶に残りやすく、
何より本を買った感動や喜びを
五感で味わうことができるからです。

しかし、ここ最近は
  • インターリービング読書術
  • マインドマップによる読書メモ
などの活用により、
電子書籍で買っても十分
記憶に残りやすくなりました。

結果的に紙の本に拘る必要がないため、
ここ最近紙の本を買う→読む頻度は
以前に比べて減っています。

現状としては、
  • 家でゆっくり読書したい
  • そもそも紙媒体しかない本を読みたい
といった時に紙の本での読書をしております。

優先順位2/オーディオブックでの読書

ほぼ毎日行っているのが、
このオーディオブックでの読書です。

理由としては、
  • 倍速で聴くことで、時間短縮&読書回数を増やせるため記憶の定着効率がいい
  • イヤホンやヘッドホンさえ着けてしまえばどこでも読書ができる
  • MP3形式でDLも可能なので、ウォークマンに入れたり、工夫次第ではGoogleHomeなどのスマートスピーカーからも聴くことができる→生活の如何なる場所でも読書が楽しめる
  • 手と目を使わず読書できるため、家事をしながら聴いたり、通勤中に聴くことも出来る
などメリットをあげたらきりがありません。

逆にメリットをあげるとしたら、
外出時にイヤホンやヘッドホンがないと
読書しづらいことぐらいでしょうか?

このオーディオブックので読書は
我らがメンタリストDaiGoさんはもちろん、
私のフォロワーで弟子仲間の
パフォーマー瞬時さんも
オーディオブックでの読書を
激推ししています。


優先順位1/電子書籍での読書

私が最も優先している読書方法は
ずばり電子書籍です。

理由としては主に以下の5つとなります。
  1. スマホ・PC・Kindleがあればどこでも読める
  2. 何百冊単位で持ち運べる高い携帯性
  3. 紙の本に比べアンダーラインやメモの注釈を躊躇せずに出来る
  4. Kindleで買った電子書籍なら、AmazonのスマートスピーカーAlexaにて音読機能を使って擬似オーディオブック化できる
  5. 紙の本よりも基本安い&読み放題サービスもある
デメリットとしては、
記憶に残りづらいと感じる人が多く、
かの私もその一人だったのですが、
前述したとおり、
  • インターリービング読書術
  • マインドマップによる読書メモ
などの活用によりこのデメリットを
解消しております。

私が最も推している電子書籍は、
  • 旅行先で読書をしたいが荷物はできるだけ少なくしたい方
  • 旅行先などで、ネットワークのある生活から解放された状態で集中して読書したい方
に特におすすめの読書方法かと思います。

かの私も現在里帰り中で
夜はケータイの電波が圏外な別荘にいるため
このKindle(電子書籍)を使って
超快適な読書ライフを過ごしています。

最適な読書方法

万人に最適な読書方法はありません。

なぜなら、人それぞれ
ライフスタイル(経済力・仕事・プライベートの過ごし方・性格etc)が違うからだと思います。

私のこの読書方法の優先順位も、
今後変わる可能性が大いにあります。

これからもたくさん読書して、
自分にとって最高な
「より少なく、しかしより良く」な読書術
を追求していきたいと思います。

<おすすめガジェット>

↑このページのトップヘ